漫画【魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道】感想 ネタバレ有り

ファンタジー
出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道】

全5巻 原作:山田典枝 作画:よしづきくみち

ジャンル:ファンタジー 恋愛 魔法 魔法少女 長崎 タイ

『月刊コミックドラゴン』で 2004年1月号から2006年3月号まで連載されていました。

-魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道の大体-

魔法が普通に認知されている世界。

長崎に住む魔法遣いのナミ。

しかしナミは魔法が苦手で、それ以外にも出来る事・やりたいことが見つからない。

高校生活最後の一年。進路に恋に悩むナミ。

はたしてナミは自分の将来を見つける事が出来るのか。

-魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道の主な登場人物-

松尾 ナミ(まつお なみ)

長崎緑南高校に通う3年生。

魔法が苦手な魔法遣い。

趣味が写真。写真を撮っている時が一番心が安らぐ。

幼い時のトラウマで自分の誕生日が嫌い。

富永 龍太郎(とみなが りゅうたろう)

バイクに乗っていたが、道路に居たナミをよけて大破した。

ある事をきっかけに横浜から転校してきた。

ナミの母

マリア像の様にいつも笑顔。

浜浦 香代子(はまうら かよこ)

ナミのクラスメイト。ある事がきっかけでナミに突っかかってくる。

歯科技工士の専門学校へ進学希望。

森山 理恵子(もりやま りえこ)

ナミの友達。ハキハキして頭がいい。

いつもナミの味方をしてくれる。

夢は小学校の先生。

渡辺 千花(わたなべ ちか)

ナミの友達。おっとりして手芸が上手。

将来はすごくいいお母さんになりそう。

夢は看護師。

福山 光明(ふくやま みつあき)

ナミの友達。

夢はトライアスロンのオリンピック金メダル。

林田 康平(はやしだ こうへい)

卒業アルバムの係。

小榊(こさかき)

ナミの担任の先生。

松尾 秀樹(まつお ひでき)

ナミの弟。

高校を卒業したらバイク屋に就職が決まっている。

ナミの父

プロの魔法遣い。

いつまでも魔法が上手くならないナミに、言ってはいけないことを言ってしまった。

不器用だけれどナミの事を大切に思っている。

富永 すもも(とみなが すもも)

龍太郎の妹。

ある事がトラウマになって話す事が出来ない。

ばあちゃん

龍太郎のばあちゃん。

板橋 正樹(いたばし まさき)

横浜での龍太郎の友達。

手塚 宗之(てづか むねゆき)

タイに引っ越す栞の為に稲佐山で思い出を作りに来た。

佐藤 栞(さとうしおり)

稲佐山に遠足で来た事があり、引っ越し前にまた来たいと思い宗之に連れてきてもらった。

次に名前を呼ばれた時は佐野栞になっていた。魔法か?

洋(ひろし)

ナミの初恋の人。魔法のミスがきっかけで二度と話す事がなくなった。

-魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道の設定・用語-

・魔法の存在する世界

19歳以上になると親の監督下で許可されていた魔法を使う事ができなくなる。

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

前作【魔法遣いに大切なこと – Someday’s dreamers(サムデイズ・ドリーマーズ)】の主人公の先生。

特別出演。

・プロの魔法遣いになった後

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

・魔法士

プロの魔法遣いの事。

-魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道の名シーン・名言-

ナミの話を聞いてただ一言、龍太郎が声をかけるシーン

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

夢を見失いかけてた光明に、ピュアな気持ちで声をかけたナミ

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

前作から続くテーマ

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

龍太郎の言葉が人を動かした

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

中々言える事じゃない。人に言うってことは自分も出来ないといけないし。

人の為に魔法を使ったシーン。

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

ばあちゃんの気持ちが分かりすぎて辛い

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

人生の先輩でもあり魔法遣いの先輩でもある父からのアドバイス

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

龍太郎の事を知らなくて悲しい

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

でも龍太郎はそれ以上に苦しんでいるので何も言えない。

後悔

出典:山田典枝 よしづきくみち 魔法遣いに大切なこと 太陽と風の坂道

悲しすぎる一言。親や兄弟や友達と大切に過ごそうと思った。

-おじさん編集長〆の一言-

前作の【魔法遣いに大切なこと – Someday’s dreamers(サムデイズ・ドリーマーズ)】と違い、魔法はポンポン使わない。

魔法は気力150以上で使う必殺技の扱い。

前作はバルカンの様に気力100で使ってたけれど。

魔法を使う時の心構えは前作からの一貫したテーマ。

人の為に使う事。

魔法が存在する世界という以外は、恋愛・友情・人間関係や進路に悩む普通の女子高生。

卒業を間近に控えて進路が決まっていく仲間達。

プロの魔法遣いになるかの瀬戸際。

そこで前作主人公のユメが登場。

なんて憎い演出なんや。

前作主人公は出しゃばらず、これくらいの登場が良い。

龍太郎からの思いがけない告白。

胸がキュンッてなった。

見開きの使い方が抜群に上手。

女の子の書き方がめっちゃ可愛い。

表情の書き方がとても上手。

背景の書き込みもスゴイ。

魔法遣いなのに魔法が苦手。

それがトラウマで引っ込み思案になってしまったナミ。

それでも恋愛や友情をきっかけに、自身を変えなければいけないと思いながらも、生まれ育った性格はそう簡単には変わらず。

光明の告白後にナミがしっかりと返事をしなかったところが引っかかる。

そしてなんとなく龍太郎と距離が近くなる。

引っ込み思案という性格の悪い面がすごく出ている。

香代子が嫌な奴っぽくて本当に極悪人という斜め下のキャラ設定。

わざわざ龍太郎の過去をあんな形で掘らなくても良かったのでは。

前作とは違い魔法はあくまでもストーリーのスパイス。

女子高生ならではの悩みが随所に描かれています。

山田典枝先生やよしづきくみち先生のファンの方はもちろん、青春ストーリーが好きな方にオススメです。

ぜひご一読ください。

1作目と3作目の感想はコチラ。

【魔法遣いに大切なこと – Someday’s dreamers(サムデイズ・ドリーマーズ)】漫画 感想 ネタバレ有り

【魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~】漫画 感想 ネタバレ有り

コメント

タイトルとURLをコピーしました