安西信行 漫画【烈火の炎】八竜について徹底考察!

ネタ
出典:安西信行 烈火の炎 4巻 小学館

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

今回の記事は【烈火の炎】八竜について徹底考察です。

・『八竜』の使用回数。

・炎術師の『炎の型』について。

・火影歴代頭首の順番。

記事の最後には、お気に入りの漫画が無料で読める、無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

  1. 烈火の炎ってどんな漫画?
    1. 作品情報
    2. 烈火の炎を無料で読むなら!
    3. 第一回チキチキ!烈火の炎 『八竜』の使用回数ランキング
      1. そもそも八竜って何?
      2. 第8位!烈火のオヤジ!!竜之炎捌式 裂神(れっしん)使用回数1回
      3. 第7位!魔導具の発明者!!竜之炎漆式 虚空(こくう)使用回数5回
      4. 同率第6位!火影の民に殺害された異端児!竜之炎肆式 刹那(せつな)使用回数7回
      5. 同率第6位!謎掛け大好きエッお姉さん!竜之炎陸式 塁(るい)使用回数7回
      6. 同率第4位!糸目に性格の良いやつはいない!竜之炎伍式 円(まどか)使用回数10回
      7. 同率第4位!髪型がラーメンマン!竜之炎参式 焔群(ほむら)使用回数10回
      8. 第2位!記念すべき初の火竜!竜之炎弐式(壱式) 崩(なだれ)使用回数22回
      9. 第1位!ある意味一番の烈火の炎!竜之炎壱式(弐式)  砕羽(さいは)使用回数33回
    4. 第一回チキチキ!烈火の炎 『合成火竜(同時竜)』の使用回数ランキング
      1. そもそも合成火竜って何?
      2. 合成火竜1・砕羽(さいは)&焔群(ほむら)使用回数2回
      3. 合成火竜2・砕羽(さいは)&崩(なだれ)使用回数2回
      4. 合成火竜3・崩(なだれ)&虚空(こくう)使用回数2回
      5. 合成火竜4・崩(なだれ)&砕羽(さいは)&焔群(ほむら)使用回数1回
    5. 炎の型について考察
      1. じゃあ『獅子』と『虎』は誰の型なのか
      2. 紅麗の炎の型は不死鳥。
      3. 烈火の炎の型は(一応)竜。
      4. 桜花の炎の型は不死鳥。
    6. 火影歴代頭首について
      1. 頭首ではない炎術師
      2. じゃあ歴代頭首は誰なのか
    7. 【烈火の炎】を読むなら!見るなら!
      1. 漫画【烈火の炎】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】
      2. アニメ【烈火の炎】を見るなら!【U-NEXT(ユーネクスト)】
      3. アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ
    8. おじさん編集長〆の一言
      1. 【烈火の炎】その他の記事はコチラ
      2. 漫画好きのあなたへ。無料漫画アプリをインストールしよう

烈火の炎ってどんな漫画?

手から炎が出せる烈火と他人の傷を癒せる治癒の力をもった柳のお話。

柳はその能力の為に狙われるが、烈火とその仲間達が柳を守るために戦うスタンド的バトル漫画。

序盤から中盤にかけては幽遊白書的展開。少年漫画の王道ともいえる暗黒武術会的展開となる。

中盤以降は冒険要素が強くなる。引き延ばし感や打ち切り感がなく綺麗に完結する。

1巻と最終巻で絵の成長が凄すぎることでも有名な作品。

作品情報

作品名烈火の炎
作者安西信行
巻数全33巻
ジャンルバトル・アクション 忍者
掲載誌週刊少年サンデー
連載期間1995年16号から2002年9号
アニメ1997年7月19日から1998年7月10日
ドラマ
映画

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

烈火の炎を無料で読むなら!

【烈火の炎】を無料で読むには【サンデーうぇぶり】というアプリがオススメ。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

第一回チキチキ!烈火の炎 『八竜』の使用回数ランキング

そもそも八竜って何?

・八竜(はちりゅう)

烈火の炎。八つの炎の型に分かれている。

元々は火影の炎術師の人間だった。

使用するには印の字を書かなければいけない。

・崩(なだれ)

八竜の一つ。球状の炎。

散弾の様に使用していたが、一つでも撃てる。

・砕羽(さいは)

八竜の一つ。炎の刃。

炎の型は鷹。

・焔群(ほむら)

八竜の一つ。炎のムチ。

腕に巻きつけて殴る使い方もある。

炎の型は蛇。

・刹那(せつな)

八竜の一つ。一瞬の炎。瞬炎。

刹那の瞳を見たものを自動的に燃やす。

・円(まどか)

八竜の一つ。炎の結界。

点と点を繋ぎ線を作り、線を繋ぎ面を作る。

炎の型は亀。

・塁(るい)

八竜の一つ。型無の累。変化の炎。幻炎。

烈火の頭の中で創造したものを炎で作り出せる。

・虚空(こくう)

八竜の一つ。レーザー砲の様な炎。

人間だった時は魔導具の製作者の一人だった。

・裂神(れっしん)

八竜の一つ。死者を炎の型に出来る。

炎の型は不死鳥。

裂神を召喚するには他の七竜を同時召喚しなくてはならない。

第8位!烈火のオヤジ!!竜之炎捌式 裂神(れっしん)使用回数1回

出典:安西信行 烈火の炎 33巻 小学館

ラスボス戦での使用なので1回のみの使用にとどまった。

能力的にも乱発できるものではないのでこのランクはしょうがない。

人間だったときの名前は桜火(おうか)。

火影忍軍六代目頭首。烈火と紅麗の父。

25歳の時に正室に陽炎(15歳)、側室に麗奈(16歳)を迎える。

うらやまけしからん男。

そのせいで呪われて火竜裂神となる。

第7位!魔導具の発明者!!竜之炎漆式 虚空(こくう)使用回数5回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

八竜の中で最強の破壊力を持つ虚空。口からレーザーのような炎を照射する。コロニーレーザー的な炎。

意外にも使用回数が少ないかと思うかもしれないが、虚空の真骨頂は崩と同時に出す合成火竜にある。

また火竜の一人でありながら外の世界にポンポン出てきた。

最後まで原理は不明のままだった。

同率第6位!火影の民に殺害された異端児!竜之炎肆式 刹那(せつな)使用回数7回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

炎の能力は瞬炎。刹那の瞳を見ると自動発火するイマイチ使い勝手の悪い火竜。

しかも人間だった時と炎の能力が違う。人間時は素早い動きと武器に炎をまとわせて攻撃していた。

作者も持て余した感のある火竜。

同率第6位!謎掛け大好きエッお姉さん!竜之炎陸式 塁(るい)使用回数7回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

炎の能力は幻炎。炎で人間を作ることが出来る。要は炎の分身の術や変化の術。

人間だった時の姿が可愛すぎる。それだけでオールオッケー。

おじさん編集長が炎術師だったら一番召喚する。

同率第4位!糸目に性格の良いやつはいない!竜之炎伍式 円(まどか)使用回数10回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

炎の結界王。炎の型は亀。

出典:安西信行 烈火の炎 32巻 小学館

炎で結界を作る能力。自分の身を守ったり敵を閉じ込めたりも出来る。

彼いわく八竜の力はほぼ互角らしいが虚空のレーザーも防げるのであろうか。

作中では一度も結界を破られなかった。他の作品なら噛ませ能力として結界が破壊されそうなもんなのに。

ある意味漫画のお約束を破った能力。

結界の点から崩を発射したり使い勝手の良い能力だった。

ちなみに崩とのコンビネーションは合成火竜としてはカウントしていない。

同率第4位!髪型がラーメンマン!竜之炎参式 焔群(ほむら)使用回数10回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

炎の型は蛇。炎のムチ。

出典:安西信行 烈火の炎 32巻 小学館

腕に巻きつけて殴る補助としての能力もある。むしろ初登場時は腕に巻きつけて殴っていた。

明らかに砕羽で斬りつけたほうが強いとツッコミがあったのか、途中から炎のムチとして使い始める。

この辺りの後付け設定が連載のライブ感を味わえる。

人間時の髪型はラーメンマンで1,2を争うダサさだが八竜の時のデザインはカッチョいい。

第2位!記念すべき初の火竜!竜之炎弐式(壱式) 崩(なだれ)使用回数22回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

烈火が初めて使用した八竜。

火玉を複数発射できるいわゆるエネルギー弾。

八竜同士の力はほぼ互角らしいが、明らかに崩は破壊力が弱い気がする。

ただ崩の真骨頂は他の火竜との合成火竜にある。

虚空、砕羽、焔群。円とのコンビネーションも強い。

さらに作中唯一の3匹同時召喚も見せた。

最終戦の烈火を見つめる人間の崩の表情は、烈火の炎屈指の名シーン。

ちなみに壱式か弐式かわからない。

初めて使用した火竜、烈火の肩の文字位置的、崩壱式説を推します。

第1位!ある意味一番の烈火の炎!竜之炎壱式(弐式)  砕羽(さいは)使用回数33回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

炎の型は鷹。炎の刃。

出典:安西信行 烈火の炎 32巻 小学館

烈火が最も使用した火竜。ある意味一番の烈火の炎かもしれない。

昔から思っていたがこの形状で使いにくくないのだろうか。

普通の剣タイプの方が使いやすそう。

第一回チキチキ!烈火の炎 『合成火竜(同時竜)』の使用回数ランキング

そもそも合成火竜って何?

合成火竜とは烈火の炎の八竜を同時に召喚する技。

召喚ルールがありそれを破ると術者に反動が起きる。

ルール1・・・火竜は取り込んだ順の逆に召喚する。

ルール2・・・精神力を大きく削る為、乱発禁止。弱っている時に使うと炎が逆流することもある。

ルール3・・・相性の悪い火竜もいる。特に刹那は共存を拒む。

・砕羽+焔群

合成火竜。炎の鎖鎌。

・崩+砕羽

合成火竜。切り砕く火玉。

・円+崩

厳密に言うと合成火竜ではないが、火竜のコンビネーションの一つ。

円の結界内に閉じ込め、結界を作る玉から崩を出す。

・虚空+崩

合成火竜。無数のレーザー砲。

・刹那+円

厳密に言うと合成火竜ではないが、火竜のコンビネーションの一つ。

柳を捉えていた敵を刹那で焼き、刹那の炎が柳に映らないように円の結界で守った。

崩+砕羽+焔群

合成火竜。無数の炎の鎖鎌。

合成火竜1・砕羽(さいは)&焔群(ほむら)使用回数2回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

烈火が初めて使用した合成火竜。

炎の刃と炎のムチで炎の鎖鎌になる。

合成火竜2・砕羽(さいは)&崩(なだれ)使用回数2回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

炎の刃と炎の玉で切り砕く火玉。厳密には玉ではないけれど。

個人的には炎のブーメラン。小金井の四之型と被るけれど・・・

合成火竜3・崩(なだれ)&虚空(こくう)使用回数2回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

烈火の炎で最大級の破壊力を持つ合成火竜。

東京ドームクラスの建物を破壊した。

合成火竜4・崩(なだれ)&砕羽(さいは)&焔群(ほむら)使用回数1回

出典:安西信行 烈火の炎 小学館

複数の炎の鎖鎌。

ウェポンドームと一体化した神威に使用した。

建物内を凄まじいにスピードで破壊し尽くした、トップクラスに破壊力のある合成火竜。

炎の型について考察

【烈火の炎】において炎の型というのは重要な設定。

出典:安西信行 烈火の炎 4巻 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 24巻 小学館

出典:安西信行 烈火の炎 32巻 小学館

炎術師によって『獅子』『大蛇』『鷹』『虎』『竜』といった型がある。

『大蛇』はおそらく焔群。焔群は作中で『蛇』と明言されているため。

出典:安西信行 烈火の炎 32巻 小学館

『鷹』は砕羽。

出典:安西信行 烈火の炎 32巻 小学館

『竜』はおそらく桜花。過去の桜姫との戦で陽炎と麗奈が目撃しているため。

じゃあ『獅子』と『虎』は誰の型なのか

作中に登場した炎術師で型が判明していないのは、崩、刹那、塁、虚空。

そもそも『獅子』と『虎』が若干キャラかぶりしているが考察してみる。

・刹那

対烈火戦で型という型を披露していなかった。

初期の烈火が使用してた垂れ流しの炎で戦っていた。

それでも烈火を追い詰めていたので自身の身体能力と嗅覚は一級品。

刹那は除外。

・塁

通称『型無の塁』。

型がないということで除外。

・『獅子』は崩説。

理由はライオンのたてがみの部分が丸まって火玉になりそうだから。

ちなみに人間時の炎を出した時の画像が以下。

見方によっては獅子っぽい。

出典:安西信行 烈火の炎 12巻 小学館

・『虎』は虚空説。

残った炎術師は虚空だけだから。

理由があんまりなのでもっともらしい理由を考えてみる。

・虎と虚の字面が似てる。

・虚空の使用時に竜のビジョンが出て口の中からレーザーを発射する感じ。

それが虎が吠えている絵面に似ているから。

・『獅子』と『虎』は無念なく天寿を全うした炎術師の型説。

炎術師が竜になる理由は、生前に無念があり呪われたからという設定がある。

つまり『獅子』と『虎』は特に無念なく天珠を全うして作中に出ていない炎術師の型。

これが一番納得の行く理由かもしれない。

紅麗の炎の型は不死鳥。

能力は死者を自分の炎の型にできる。不死鳥自体は一度のみの使用で最初に使用された死者が今後の主格となる。

紅麗の場合は紅が主格。磁生が脇。

烈火の炎の型は(一応)竜。

一応と書いたのは作中で烈火は生まれつきの炎術師ではなく、ただの人間だった烈火に火影の呪いで八竜が埋め込まれた。

作中で烈火が志半ばで死んだ時は、紅麗の中で何の能力もない竜になると明言されている。

桜花の炎の型は不死鳥。

能力は死者を自分の炎の型にできる。ただ人間だった時は一度も使用することがなかった。

ここで疑問が起きる。

ストーリー内で桜花の過去を描いたシリーズがあるのだが、その時点での桜花の炎の型は不明だった。

出典:安西信行 烈火の炎 24巻 小学館

桜姫を救えなかった時に手甲の封印を解いた時に現れたのは七竜

桜花は自身の炎の型が不死鳥だと確信したのはいつだろうか。

もちろん桜姫の戦のあとだろう。そして戦死するまでの間のはず。

この間に紅麗のように誰かに使用しなければ自身の炎の型に気づくことはない。

生涯誰かを炎にしたのだろうか?

烈火の炎の謎の一つである。

火影歴代頭首について

火影頭首で確定しているのは六代頭首桜花のみ。

ちなみに歴代の炎術師は八人いるが以下の理由で頭首にならなかった炎術師もいる。

・病に倒れた

・敵に暗殺された

・器ではないと辞退

この時点で頭首になったのは5人となり(8人から上記の理由3を引く)桜花が六代目というのは矛盾がおきる。

ただし炎術師が竜になる理由は、生前に無念があり呪われたからという設定があるので無念なく天寿を全うした炎術師がいるという前提で考察をすすめる。

出典:安西信行 烈火の炎 13巻 小学館

その他の火竜の歴代頭首を考察してみる。

頭首ではない炎術師

・刹那。

理由。火影の民に異端児として殺されたと作中で明言されている。

・崩、器ではない説。

理由。当時の時代背景を考えると女性頭首は難しそう。

塁と違いキリッとしているので頭首として厳しく帝王学は学んでいそう。

だけど頭首になって危険を晒すより炎術師の血を絶やさないために子作りを優先した説

・砕羽、病に倒れた説。

敵に暗殺されてなさそうだし器もありそうだし。

特に欠点が見当たらないので消去法で病に倒れた説

・焔群、敵に暗殺された説。

理由。烈火との対戦で本物の忍のくせに烈火の忍術に騙されたから。

おそらく普段から騙されていたのであろう。多分敵に暗殺された。

・円、火影の民に暗殺された説。

理由。烈火との対戦で性格の悪さを発揮。

おそらく普段から評判が悪く嫌われ者だったのであろう。多分火影の民に暗殺された。

・塁、器ではない説。

理由。変装しすぎて村人すら本当の姿が分からないと明言されており、顔のわからない人間を頭首にしないと思う。

また崩と同じく頭首になって危険を晒すより炎術師の血を絶やさないために子作りを優先した説

じゃあ歴代頭首は誰なのか

・初代

虚空説。理由。

1・魔導具の生みの親だから

2・おじいちゃんだから。

火影がまだ若い忍者集団だった頃に里に二人の天才武器職人がいたと作中で明言されている。

二人の天才武器職人は虚空と海魔。

若い忍者集団=火影が発展していなかった頃なので初代説。

火影忍軍が他の忍軍と違うところは魔導具の有無。

火影が発展したのは魔導具の力が非常に大きい。

それまでは炎術師のみが火影の特性であったが、その他の特徴として魔導具という大きい柱を作ったから。

また魔導具『偽火』が炎術師に憧れてできた魔導具と説明がある。

出典:安西信行 烈火の炎 9巻 小学館

火影の頭首として軍を率いていた虚空が、村人の願いで作ったとしても不思議ではない。

もしくは海魔の嫌がらせで出来た魔導具かもしれないが、海魔の魔導具は殺傷能力が高く禍々しいのが特徴。

『偽火』はあまり毒気のない魔導具なので虚空製を推す。

人間の姿でおじいちゃんだから。

おじいちゃんということは生涯魔導具を作り続けてなおかつ、大病や暗殺をされていない証拠。

以上二点の理由から火影頭首初代=虚空説。

・二代

作中で出ていない炎術師説。

理由。おそらく虚空の子供であるはず。

ただ八竜内で虚空が誰とも子供として接している様子がないので、二代目は作中で出ていない炎術師説。

・三代

作中で出ていない炎術師説。

理由。おそらく虚空の孫であるはず。

だ八竜内で虚空が誰とも孫として接している様子がないので、三代目は作中で出ていない炎術師説。

・四代

作中で出ていない炎術師説。

理由。おそらく桜花の祖父母であるはず。

ただ八竜内で老人が虚空を除いて居ないので、四代目は作中で出ていない炎術師説。

・五代

作中で出ていない炎術師説。

理由。おそらく桜花の親であるはず。

ただ八竜で桜花が親として接している様子がないので、五代目は作中で出ていない炎術師説。

・六代

桜花。作中で明言されている。

・七代

烈火。作中で明言されている。

【烈火の炎】を読むなら!見るなら!

【烈火の炎】を読みたい!見たい!

そんなあなたにオススメする「電子書籍サービス」「動画配信サービス」です。

漫画【烈火の炎】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【烈火の炎】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アニメ【烈火の炎】を見るなら!【U-NEXT(ユーネクスト)】

【烈火の炎】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

そんな【烈火の炎】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料トライアル実施中!

アニメ・ドラマ等の動画だけではなく電子書籍も楽しめるオススメの動画配信サービスです。

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

以上。

【烈火の炎】『八竜』について徹底考察でした。

読者の想像の余地がある漫画は名作説。

ただファンとしては安西先生の考えた設定を知りたいのもまた事実。

いつか安西先生による烈火の炎解説本が出てほしい。

それではまた明日。

【烈火の炎】その他の記事はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました