ドラゴンボールZ アニメコミックス5【とびっきりの最強対最強】感想 ネタバレ有り

バトル・アクション
出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【ドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強】

全1巻 原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション

ジャンル:バトル・アクション ファンタジー

『東映』で1991年7月20日に公開されました。

-ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強の大体-

悟空の父、バーダックの代からのフリーザ一族との因縁。

フリーザの兄、クウラはフリーザが惑星ベジータを滅ぼす瞬間を見ていた。

クウラの部下、クウラ機甲戦隊は惑星ベジータから飛んできた宇宙ポッドを発見する。

宇宙ポッドには赤子の孫悟空が地球に向かって飛んでいた。

宇宙ポッドを撃ち落とそうと進言するクウラ機甲戦隊だが、クウラはフリーザの管轄外だから放っておけと言う。

フリーザの仕事の甘さに嘆くクウラ。

物語はこの20数年の後から始まる・・・

-ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強の主な登場人物-

バーダック

悟空の父。プロローグにて登場。フリーザによって殺される。

フリーザ

クウラの弟。プロローグにて登場。

サウザー

クウラ機甲戦隊。イケメン枠。カレーを食べてしまった。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

ネイズ

クウラ機甲戦隊。頭を胴体に収める事が出来る。

見かたによってはモザイクが必要なレベル。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

ドーレ

クウラ機甲戦隊。特に見所無し。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

クウラ

フリーザの兄。最終形態を誰にも見せたことがない。

家の鏡とかでひっそり変身した姿を見ていたのだろうか。

ほああああーッ!!!ニョキ~

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

孫 悟空(そん ごくう)

主人公。相変わらず例の魚を捕まえている。

亀仙人

悟空の師匠。キャンプに誘われなかった。

孫 悟飯(そん ごはん)

悟空の息子。キャンプの前に宿題を終わらせようとする。

チチ

悟飯の母。相変わらず悟飯に勉強を強要している。キャンプに誘われなかった。

ハイヤードラゴン

悟飯の友達。仙豆を食べた事によりスカウターに反応するほどの戦闘力を身に着けた。

クリリン

悟空の友達。カレーを作っていた。

ウーロン

悟空の友達。今作では異常性欲と卑怯者は抑えられている。

悟空に捉えられた魚。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

カリン

カリン塔を途中から登った悟飯に対して冷たい態度をとる。

融通の利かない猫。

ヤジロベー

仙豆配達人。今作は悟飯が撮りに来たため受け渡した。

壺いっぱいに入ってた仙豆を食いまくり、希少アイテムにした張本人。

ピッコロ

悟飯のピンチを救う。ドーレ、ネイズ、サウザーを倒した。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

-ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強の名シーン・名言-

スーパーサイヤ人

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーションドラゴンボールZ アニメコミックス5 とびっきりの最強対最強

シンプルに悟空のスーパーサイヤ人が一番カッコいい。

-原作と繋がるか考察-

悟空の道着の文字。亀仙人のナメック星から戻ってきたというセリフ。

クウラのフリーザが殺された事についてのセリフ。

それを踏まえると悟空がフリーザを倒し、メカフリーザが来る前の時期だと思われる。

原作だと悟空はヤードラット星で瞬間移動を会得している最中。

原作と矛盾なく今作を繋げるには、ポルンガでヤードラット星にいる悟空を問答無用で地球にワープさせる。

そうすれば自力でスーパーサイヤ人に変身できなかった理由も説明できる。

その場合、今後悟空は瞬間移動を覚えなくなってしまう。

よって今作はパラレルワールド。

しかし次作【激突!!100億パワーの戦士たち】が今作の続編の為に無理やり辻褄を合わせなくてはならない。

悟空の性格的に修行の途中で無理やりワープさせられたので、もう一度ヤードラット星で修業をやり直しそう。

なので今作で使用されなかったドラゴンボールで、クウラを倒した後にヤードラット星に送ってもらった。

この辺の設定はファミコンソフト【ドラゴンボールZ III 烈戦人造人間】が矛盾なく組み込んでいた。

メカフリーザ襲来から人造人間編までの間の出来事で、クウラ一味とはベジータが戦っていた。

-おじさん編集長〆の一言-

今作の敵はフリーザの兄貴。ドラゴンボールの敵としての象徴。あのフリーザの兄である。

当時のちびっ子達は大興奮した。

原作には父のコルド大王が出てきた。兄が居ても不思議ではない。

ここまできたら母も見てみたい。

クウラ機甲戦隊。

名前からクウラの親衛隊をイメージできる。

それに対してギニュー特戦隊。

フリーザの親衛隊っぽくない。んめちゃめちゃ今更だけどフリーザ特戦隊にするべきだったのでは。

意外にもブルマが登場しない初の劇場版作品。

亀仙人やウーロンは毎回出るのに・・・

今気づいたけれど神龍も出てない。

ドラゴンボールの象徴、ブルマと神龍の出ない異色作品でる。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました