ドラゴンボールGT アニメコミックス【悟空外伝!勇気の証しは四星球】レビュー

冒険
出典:原作:鳥山明 制作会社:東映 ドラゴンボールGT アニメコミックス 悟空外伝!勇気の証しは四星球 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画はドラゴンボールGT アニメコミックス【悟空外伝!勇気の証しは四星球】

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

-【ドラゴンボールGT 悟空外伝!勇気の証しは四星球】って何?-

-作品情報-

作品名ドラゴンボールGT 悟空外伝!勇気の証しは四星球
作者原作:鳥山明
制作会社:東映アニメーション
巻数全1巻
ジャンルバトル・アクション ファンタジー
掲載誌
連載期間
アニメ1997年3月26日
ドラマ
映画

-【悟空外伝!勇気の証しは四星球】あらすじ-

孫悟空と神龍が旅立って100年後。すっかり高祖母となったパンは悟空の昆孫(”こんそん” 孫の孫の孫、六代後)に当たる孫悟空Jr.(そんごくうジュニア)と二人で暮らしていた。悟空Jr.は、容姿は悟空そっくりだが臆病な性格で、学校ではいつもいじめられていた。そんな中、パンが病気で倒れる。悟空Jr.はパンを助けるため、ドラゴンボールを探しに孫家が以前住んでいたパオズ山の家へ向かう。

冒頭のナレーションでは「あのころのみんなはもういない。ただひとりを除いては」と語られている。

Wikipediaより引用

テレビアニメ作品をアニメコミックス化したのが本作。

-【悟空外伝!勇気の証しは四星球】主な登場人物-

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映 ドラゴンボールGT アニメコミックス 悟空外伝!勇気の証しは四星球

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映 ドラゴンボールGT アニメコミックス 悟空外伝!勇気の証しは四星球

-【悟空外伝!勇気の証しは四星球】ありのままの感想-

ドラゴンボールGT自体がアニメオリジナルストーリー。

さらに本作はGTの外伝ストーリー。GTの世界から100年後。

パンの孫の孫。孫悟空Jrが主人公。この行、孫って字多いな!

パンと悟空Jr以外の家族が一切出てこない。謎である。

悟空Jrが見ててイラつくくらい弱虫。

シャーペンを奪われる。ゲームに興じる。婆ちゃんの話は聞かない。

そんな悟空Jrだったが、パンが倒れたことをきっかけに、ドラゴンボールを探しにパオズ山に行く。

道中親切風おじさんに食糧と着替えを盗まれる。

自分をイジメたガキ大将と合流する。

山でオオカミに襲われる。

美人のお姉さんに化けた怪物に襲われる。

ガキ大将が自分をかばって橋から落ちる。

一人で冒険を続ける。クマの相棒が出来る。

再び怪物に襲われる。

クマの相棒が怪物に殺されかける。

悟空Jrが怒りでスーパーサイヤ人に変身。

怪物を退治後にオリジナル悟空の家へ。

スーシンチュウ発見。スーシンチュウにパン婆ちゃんを助けてもらうよう祈るも願いはかなわず。

ドラゴンボールは7つ揃えないと願いが叶わない。

落ち込む悟空Jr。そこにオリジナル悟空が現れて悟空Jrをはげます。

リアルタイムで見ると意味が分からなかったけれど、GTの最終回を見た後に本作を読むと意味が分かる。

GTの最終回で悟空はドラゴンボールになってしまう。

何を言っているか意味が分からないかもしれないが、とにかく悟空はドラゴンボールになる。

ドラゴンボール、しかもスーシンチュウになった悟空が、悟空Jrの下に現れて励ましても全然おかしくないのだ。

GTの最終回をこの段階から描いていたのだろうか。そうだとしたらニクイ演出だ。

ドラゴンボールのあらゆる記事で散々書いてきているが、今ここで再びペンを太くして書きたい。

やっぱりドラゴンボールの主役は悟空。

最後の最後で出てきた悟空だけれど悟空が出てくるとやっぱり安心する。

この瞬間、読者が悟空Jrとリンクする瞬間だ。

ドラゴンボールの悟空が仲間の中心人物という事が分かる表現もある。

悟空が生存していて冒険をしていた時代。

悟空を中心に各キャラクターが交流をしていた。

それが本作になるとパンと悟空Jr以外のキャラクターが出てこない。

地球を守り宇宙を旅したメンバーもいる。

これだけの関係性がありながら100年後にはまるで交流がなくなっている。

リアルといえばリアルだが、中心人物だった悟空の存在がいかに大きいかが分かる。

同じく悟空が死亡した話がある。

ドラゴンボールZ アニメコミックス15【絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス】感想 ネタバレ有り

未来トランクスの世界。こちらは悟空が心臓病で死んでしまった世界。

そして仲間たちも人造人間に殺されてしまった世界。

生きている仲間達も今はバラバラに暮らしている。

いかがだろうか。悟空の居ない世界。悟空がいかに仲間の中心だったかが、未来トランクスの世界でも表現されている。

合わせてこちらの作品も読んで欲しい。

そして出来るならばドラゴンボールGTを全編通して見てほしい。

本作を含む最終回で感動するはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました