漫画【美味しんぼ】46巻 全話レビュー「山岡の愛の巣」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 46巻 小学館
この記事は約8分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

【美味しんぼ】実は恋愛エピソードの方が好きという方。

そんな人たちに向けて!

今回の記事は漫画【美味しんぼ】46巻 全話レビュー「山岡の愛の巣」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

▼「そんなあなたへ」▼

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 – 
アニメ1988年10月17日 – 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 46巻 小学館

46巻1話【究極のスッポン料理〈前編〉】

大原社主に京都への転勤を命じられた山岡と栗田。

大原は旧友の大河猪太に招かれてスッポン料理をご馳走になるが、またしても嫌味を言われる。

・東京ではこんなに見事なスッポン料理は食べられまい

・東京がいかに食文化の低いところかは、スッポン料理を見ればわかる

・そんな食文化の低いところで「究極のメニュー」作りなんか出来ない

さらにトラブルは続く。

近城と二木が二木の叔母・輝子に家を買わされそうになっている。

輝子は世界は自分中心に回っている「自分中心天動説」と呼ばれるほど自己中な人。

だが近城と二木は家の購入を避けるために、山岡が家を買うように輝子に話して山岡を犠牲にする。

大原社主と輝子おばさん。

二つの問題に挟まれながらも「スッポン料理」で解決策を見出した山岡だが…

おじさん編集長
おじさん編集長

久々に登場した輝子おばさん。

相変わらず強烈だ。

次回へ続く。

大河猪太のエピソード→26巻1話【タイのタイ】

輝子おばさんのエピソード→23巻1話【ジャンボ茶碗蒸し】

46巻1話【究極のスッポン料理〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

大原社主と輝子おばさんの問題を「スッポン料理」で解決しようとする山岡。

輝子おばさんの夫には「スッポン料理」で力をつけてもらって、家の購入を断ってもらうこと。

大原社主の方も「スッポン鍋」以外で美味しい「スッポン料理」を披露すること。

山岡の目論見は見事当たり、無事解決するのであった。

おじさん編集長
おじさん編集長

美味いものを食わせて解決するというスタンダードなエピソード。

エピソード料理:スッポン料理

46巻2話【牡蠣の旬】

大原社主に、結婚披露宴の日取りを決めるように詰められる山岡と栗田。

大原は身勝手にも牡蠣の美味い季節である、晩秋にやろうと言い出す。

だが山岡は牡蠣が本当に美味いのは春だという。

だが聞く耳を持たない大原は、11月半ばから12月までの間に披露宴の日を決めろと山岡達に命ずる。

納得のいかない山岡は、栗田と協力して大原社主を懲らしめようと画策するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡と上司の関係性。

何かに似てるかと思ったら【こち亀】の両さんと大原部長だ。

エピソード料理:ホタテごはん

46巻3話【ハゼの教訓〈前編〉】

結婚披露宴の日取りを決定した山岡と栗田。

11月の最終月曜日。理由は「スピリッツの発売日だから」

そして招待状の文案を大原社主と小泉局長に見てもらう。

だが大原社主は招待状の文案にダメ出しをする。

・差出人の名前が山岡と栗田だけになっている

・招待状は各界の著名人に発送するから格式を高くしろ

・いい機会だから海原雄山と仲直りしろ

・海原雄山が山岡の父親として出席したら「東西新聞社」の利益は計り知れない

山岡達は、大原社主達が自分達の結婚を都合のいいように利用しているのに怒りが爆発する。

山岡達を谷村部長がなだめるが、怒りは収まらない。

そこに近城と二木が今度の土曜にハゼ釣りに行こうとのんきに誘ってくるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

どんどん大原社主がクズになっていく過程が見所。

次回へ続く。

エピソード料理:ハゼ料理

46巻3話【ハゼの教訓〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

ハゼ釣りで大原社主達を懲らしめることを思いついた山岡。

谷村部長・富井副部長・そして帝都新聞の連中も巻き込んで復讐劇が始まるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

休日に社内・社外の人間とイベントをするところに時代を感じる。

大手企業は今もこんな感じなのだろうか。

エピソード料理:ハゼ料理

46巻4話【究極の新居〈前編〉】

新居を探す山岡と栗田。

だがどこもしっくりこず諦めかけていたが、荒川夫人の知り合いの不動産屋に行ってみる。

月島で条件に合う物件があったが、そこを借りるには大家との面接が必要だった。

部屋自体は良く気に入った山岡達は借りたいと言うが、大家は山岡達には貸せないという。

・結婚して子供が生まれたら部屋は汚れるしうるさい

・新聞社に勤めていると時間も不規則で人の出入りも激しくてうるさい

・子供がいなくてある程度年配で上品な人に借りてもらいたい

・山岡達はその全ての条件に反するからダメ

それを聞いた山岡達は不快になり家を出ていく。

山岡『家を借りるときには家自体も良くなきゃダメだが、家がどんなに良くても大家が悪かったらおしまいだ』

山岡『子供が家を汚す?家は汚れるのが当たり前だよ。形あるもの必ず滅す。人間だって必ず死ぬ。』

山岡『そんな道理もわからずにこんな家に執着してうすみっともねえったらありゃしない』

山岡『そんなにこの家が大事なら一日中舐めて磨いてるがいいや』

気を取り直して近所の食べ物屋に入る山岡達。

店主のおばさんの腕前は素晴らしく、今後も通いたいという栗田。

だが店主のおばさんは、この店を今月いっぱいで閉めるという。

そこに先程の大家が現れて…

おじさん編集長
おじさん編集長

結婚へ向けて着々と進んでいく。

次回へ続く。

エピソード料理:ヅケ丼・天巻き・牛肉丼

46巻4話【究極の新居〈中編〉】

前回からの連続エピソード。

新居探し中に偶然入った食べ物屋「はる」

「はる」は今月いっぱいで閉めるというが、そこの大家でもある尾沢は賃貸料はいらないから店を閉めないでほしいと懇願する。

大家の尾沢は、先程山岡達に部屋を貸さないと言っていた大家。

だが尾沢は交換条件として、はるさんの店を繁盛させたら、部屋を安く貸すと約束する。

尾沢は、はるの幼馴染だがそれ以上の感情を持っている様子。

尾沢のことは別に、個人的に「はる」が気に入った山岡達は、何とか「はる」を繁盛させようと考えるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

46巻4話【究極の新居〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

「東西テレビ」の辻田プロデューサーを「はる」に連れてきた山岡と栗田。

はるさんの作る本物の料理を堪能した辻田。

『ちょっと待ってください』と言い残して店をあとにする。

そこに大家の尾沢が現れて一部始終を聞く。

だが中々辻田は戻ってこずイライラする尾沢だが、辻田は番組の編成局長やスタッフを連れて戻ってくる。

そこで、はるさんを主役にした番組を作りたいと言うが、はるさんはそれを断ってしまう。

しかし栗田が説得をして…

おじさん編集長
おじさん編集長

無事新居も決まった山岡と栗田。

エピソード料理:あんかけ豆腐・イワシのツミレの揚げ団子・ふかしたジャガイモのウニの塩漬けがけ

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

披露宴の日取りも新居も決まった46巻。

次巻はいよいよ初期の美味しんぼの集大成。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

【美味しんぼ】その他の記事

【まとめ記事】美味しんぼ全巻全話レビュー

コメント