草場道輝 漫画【LOST MAN(ロストマン)】感想

スポーツ
出典:草場道輝 LOST MAN 1巻

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【LOST MAN(ロストマン)】

全17巻 作者:草場道輝

ジャンル:スポーツ サッカー フットボール ギフテッド ミステリー

『週刊ヤングサンデー』で2008年21・22号から休刊号の35号まで連載、その後掲載誌を『ビッグコミックスピリッツ』に移して2012年17号まで連載されていました。

-LOST MAN(ロストマン)の大体-

記憶喪失の男マツモト。黒髪で茶色い緑がかった瞳。

関西弁を話すが箸が上手く使えず日本人ではないかもしれない。

マツモトの記憶の唯一の手掛かりはサッカー。

マツモトの代理人であるサカザキと各国のプロリーグで勝利請け負い人としてチームに所属する。

ルーマニアではサイドバック。ブラジルではゴールキーパーとフォワード。イングランドでは中盤の底からセンターバックまで。

翼君もビックリのチートキャラである。

通常のサッカープレイの他に、サッカーをビジネスとして捉える一面もある。

それがサッカープレイヤー以外のキャラの掘り下げに成功しておりストーリーに深みがあります。

果たしてマツモトは記憶を取り戻す事ができるのか?

出典:草場道輝 LOST MAN 11巻

-おじさん編集長〆の一言-

青年誌ながら全ポジション可能というチート設定。

少年誌のように日本代表で優勝を目指すというストーリーではなく、あくまでもマツモトに焦点を当てたストーリー。

記憶喪失のマツモトによる、チームメイトやその家族との人間関係がとても面白いです。

もちろんサッカーの試合自体も最高です。

大ゴマ、見開きの使い方。迫力あります。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました