【こち亀】193巻 全話レビューとおすすめ回「どこにいるんだよ!角刈り!!」

ギャグ・コメディ
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社
この記事は約14分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【こち亀】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【こち亀】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

一日中本を読む贅沢がしたいという方。

おじさん編集長による【全話レビュー】と【ベストセレクション】をお届け。

今回の記事は【こち亀】193巻 全話レビューとおすすめ回「どこにいるんだよ!角刈り!!」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 – 2016年42号
アニメ1996年 – 2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

193巻11話【今日は私のバースディの巻】

3月3日は両さんの誕生日。

両さんはドタキャンが多いので、今回から事前にスケジュールを伝えることにした中川。

両さん一人のためだけに、ローリンクル・ストトンズのバースデイコンサート。

両さんの会いたい人ナンバーワン・映画監督との対談。

カラオケが大好きな両さんのために、東京ドームで若い女性をエキストラに、バックバンドも超一流のミュージシャンを用意。

ディナーは、和・洋・中のトッププロが作り好きなものを食べ放題。

両さんの誕生日のために3年前から各方面へ交渉を続けてきた中川。

だが両さんは前日に大阪まで結婚式に向かい、東京に帰ってこず…

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

おじさん編集長
おじさん編集長

たまに出てくる感情をあらわにする中川が見所。

評価【★★★★★】

193巻14話【ケータイ人生の巻】

スマホの新機種で盛り上がる婦警達。

だがガラケーをナメるなと両さんはケータイ電話の歴史を語りだす。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

iモード・メール・着メロ・写メ。

日本のケータイは世界初の「着メロ」「カメラ搭載」「写メール」と技術の結晶。

両さん『ケータイには学生時代の写真が日記のように詰まっているからな。』

両さん『まさに個人の人生だよなァケータイは。』

おじさん編集長
おじさん編集長

ケータイ進化ど真ん中世代なので、このエピソードはすごく響いた。

評価【★★★★★】

以上。193巻の【こち亀】ベストセレクションでした。

【こち亀】ベストセレクションが読みたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

193巻1話【レモンの逃亡の巻】

自分の誕生日なのに浮かない表情のレモン。

王様のように祝われることが苦手だからだ。

幼稚園が終わり帰宅途中の車の中、家に帰ったら誕生日会が待っているので家に帰りたくないレモン。

レモンは帰宅途中で公園に降ろしてもらいベンチで一人うなだれていた。

そんな中、小さい男の子が一人でいるところを発見して、その子の家族を探しに団地内の公園を訪ねる。

公園で男の子の姉を発見して、男の子を連れてきてくれたお礼にその子の家に招待される。

男の子の姉の名前は葉山柚子(はやま ゆず)

レモンと同じ柑橘系の名前。そして誕生日も同じであった。

だがレモンと柚子では誕生日に対する考え方が違った。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

柚子にとって誕生日は祝われる日ではなくて、両親に感謝する日。

そんな柚子の考えを聞いたレモンは、また一つ大人の階段を登るのであった。

おじさん編集長
おじさん編集長

誕生日の過ごし方は人それぞれ。

両親にとっては産まれてきてくれて嬉しい日。

子供にとっては王様になれる日。

いい機会なので誕生日は両親に感謝する日にしよう。

評価【★★★★】

193巻2話【サプライズツリーの巻】

トレーラーの運転手をやったことのある両さん。

ジョディーから連絡があり、クリスマス用のもみの木を運搬する仕事を依頼される。

無事米軍基地まで運搬した両さん。

後日、新葛飾署で署長と部長がもみの木を探している。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

両さんは署長達に声をかけて、もみの木を転売するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

今までとは違うクリスマスエピソード。

ジョディーや爆竜大佐が久々の登場。

評価【★★★】

193巻3話【年末大阪の巻】

料理が趣味の中川。

今は和食に凝っており、大阪の串カツをきっかけにソースの勉強をしたいという。

両さんいわく大阪のソースの世界はディープ。

通天閣署のハルの実家が串カツ屋なので、ハルにソースのことを質問しに行く中川。

ハルの行動は早く、早速大阪に向かった、両さん・中川・ハル・レイ。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

大阪に到着してハルのソース講座が始まり、種類の多さに驚く両さんと中川。

日本のソースの発祥の地は神戸。

さらに粉モンの本場も関西。

関西の粉モン文化はソースと共に発展してきたことを実感する両さんと中川。

さらにハルはソースを自作しており…

おじさん編集長
おじさん編集長

同じ日本でもまだまだ知らない文化がたくさんある。

地球の文化の殆どを知らずに人生を終えるかと思うと寂しくなる。

少しでも色々な文化を吸収したい。

評価【★★★★】

193巻4話【年始大阪の巻】

前回からの連続エピソード。

年末年始を大阪で過ごした両さんと中川。

ハルの地元・生國魂(いくくにたま)神社で初詣。

日本一長い商店街・天神橋筋商店街でコロッケを立ち食い。

なんばグランド花月前のうどん屋で肉うどんのうどん抜き・肉吸いを食べる。

そしてんばグランド花月でスチャラカ鼻子のサインを貰いに行くハルとレイ。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

だが両さんとスチャラカ鼻子は顔見知りで、初めてハルに見直される両さん。

大阪の名物スポットを案内された両さんと中川。

しかし戎橋で事件が起きて…

おじさん編集長
おじさん編集長

大阪は食事が美味しい。

個人的にはどん兵衛も関西のスープが好み。

評価【★★★】

193巻5話【両津提督の暴走の巻】

新葛飾署内のラジコン倶楽部で、戦艦長門を披露する両さん。

近年はラジコン戦車の大会に女子が参加することもあるが、ラジコン戦艦は男の世界と豪語する。

だが本庁の女子ラジコン部が、戦艦での対決を申し込んでくる。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

艦隊を相手に一隻で迎え撃つ両さんだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

戦車に続いて戦艦での対戦。

本庁女子ラジコン部の準レギュラー化。

評価【★★★】

193巻6話【B級グルメ鑑定人の巻】

銀座で映画を楽しんだ両さんと本田。

食事でもしようという両さんは、いかにも高級そうな寿司店に入る。

銀座の高級寿司店にビビる本田。だが両さんは心配ないと豪語する。

寿司ネタについて店員に質問する両さん。答えを聞いた後は熱心にメモをする。

さらに寿司ネタを食べるたびに難しい表情でメモをとる。

両さんのことを格付けの審査委員と勘違いした寿司店は、料理の代金をサービスする。

そんな偽の審査員をしていた両さんの元に「B級グルメ」の審査依頼が来るが…

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

おじさん編集長
おじさん編集長

「B級グルメ」がイベントになるのを見て思うこと。

真のB級はイベントにはならない。

評価【★★★★】

193巻7話【サバゲ対決の巻】

警視庁のマル秘サバゲ部から両さんのサバゲーチームに挑戦が届く。

マル秘サバゲ部は、女子プラモ部が裏でこっそりやっているクラブだった。

100戦100勝の自分のチームの敵ではないと豪語する両さん。

だがマル秘サバゲ部は、男子と女子でハンデが生まれない、インドアでのハンドガン対戦を求めてきた。

そして長谷川亜里衣はエアガンの射撃大会で優勝するほどの腕前。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

両さんはまっさきに長谷川亜里衣を潰そうとするが…

おじさん編集長
おじさん編集長

遂にラジコン以外での勝負を挑んできた女子プラモ部。

長谷川亜里衣が両さんの趣味の対戦相手として準レギュラー化。

評価【★★★】

193巻8話【君の贅沢は何?の巻】

「自分にとっての贅沢な一日」を話し合う本田・残念・両さん・中川。

本田の贅沢な一日は、撮りためたアニメを見て、満喫で少女漫画を読むこと。

残念の贅沢な一日は、ハワイの海で美女とのんびり過ごすこと。

だが残念の贅沢な一日に両さんから異論が入る。

残念の贅沢な一日は「宝くじが当たった時の妄想」

自分達の贅沢な一日は、あくまでも身近なもの。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

両さん『お前は暗い部屋でクラシックを一日中聞くのが似合っている』

両さん『あるいは1円玉を部屋のハジから一日中並べているとか』

両さんの贅沢な一日は、誰にも起こされず昼間で寝ること。

だが本田と残念からは、それはいつもの日常とツッコミが入る。

それならば昼に起きて立石で昼酒をして午後はパチンコに行き夜は家に帰って朝までゲーム三昧。

またしても本田と残念からは、それはいつもの日常とツッコミが入る。

両さんは自分が毎日贅沢をしているということを初めて認識する。

中川の贅沢な一日は、大型トラックで長距離ドライバーをやること。

そこで両さんはSNSで「俺の贅沢な一日」を募集して、その中で1位を決めて中川の会社で実現したらどうかと提案する。

そしてデモとして両さんは、中川・残念・左近寺・ボルボ・麗子・部長の「贅沢な一日」を体験するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

欲望のレベルは上を見るとキリがない。

まずは身近に幸せを見つけよう。

評価【★★★★】

193巻9話【 クアッドコプターの巻】

麗子の自宅から宝石が無くなった。

セキュリティも反応せず、警備会社が調べても侵入の形跡がないので、両さんが遊びに来た時に持っていったのではと疑う麗子。

疑われた両さんは、残念の部屋から宅空便のビジネスをしていた。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

宅空便はラジコンヘリで空から荷物を届ける仕事。

宅空便の評判は良いが、両さんは度々配送中に変な虫を発見する。

不審に思いカメラで撮影すると、虫と思っていたものは超小型のヘリだった。

麗子の宝石が無くなったのは超小型のヘリの仕業かもしれない。

追跡を開始する両さん達だが…

おじさん編集長
おじさん編集長

空からの配達。

江戸時代の飛脚も驚くことだろう。

その内注文した商品は転送されてきそう。

評価【★★★★】

193巻10話【テレビ評論の巻】

派出所でテレビを見る両さんと本田。

最近のバラエティー番組はどれも作りが似ていて、予算をかけない番組なら自分も作りたいと言いだして「両津テレビ局」を開局する。

ゆるキャラをタレントとして起用したロケ番組。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

企画の無茶っぷりが話題となって外国でも人気コンテンツとなる。

そして非公認のゆるキャラだけを所属させた最大手事務所となるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

両さんがユーチューバーみたいになるエピソード。

個人で発信できる時代。良い時代だ。

評価【★★★★】

193巻11話【今日は私のバースディの巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

193巻12話【雪国へ!の巻】

今年は東京に雪が降らなかった。

雪遊びをしたいレモンと雪丸のために、雪が積もった早乙女の田舎に遊びに行く。

早乙女の実家に着いた両さん達は、犬ゾリのイベントをやっているので遊びに行く。

レモンと雪丸が遊んでいる間、両さんと早乙女は雪下ろしを手伝う。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

納屋が雪の重みで潰れているのを目の当たりにした両さん。

現場監督をやっていた時のツテで、作業員と重機に来てもらう。

そして降ろした雪を中川の会社のコンテナで東京に運ぶ両さん。

たまには役に立つことをすると喜ぶ部長であった。

おじさん編集長
おじさん編集長

久々に早乙女がメインのエピソード。

以前遊びに行った時は夏だったが、今回は雪が積もっている。

東京の人は雪=イベントだけれど、田舎の人は雪=労働。

放っておくと屋根に雪がつもり家が潰れてしまう。

ちなみに両さんは、136巻1話【両さんの春スキー!?の巻】で、屋根の雪下ろしで金儲けをするために夜中に地面の雪を屋根に乗せていた。

評価【★★★★】

193巻13話【無人交番の巻】

無人交番に警官を常駐させてほしいと住民からの要望が来る。

そこで新葛飾署では、男女2名のペアで24時間駐在させることに。

麗子のペアは残念。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 193巻 集英社

中川のペアは不手際で両さんとなる。

だがネットで男女のペア駐在が話題となり「美しすぎる婦警」の麗子と「カッコよすぎる巡査」の中川の美男美女コンビをペアに変更する。

そしてあぶれた残念と両さんがペアとなる。

一ヶ月間の無人交番勤務が始まった…

おじさん編集長
おじさん編集長

残念の妄想の絵面がヤバイ。

評価【★★★★】

193巻14話【ケータイ人生の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

人情・遊び・流行り物・マニアック知識とバランス良くエピソードが収録されている193巻。

それではまた明日。

 

漫画【こち亀】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【こち亀】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

その他の【こち亀】の記事

【まとめ記事】こち亀全巻全話レビュー

【両津100%】もしも【こち亀】がラブコメだったら

【こち亀】の名言に学ぶ人生で役立つ思考法358選

【こち亀】ベスト・オブ・ベスト!神回をまとめてみた!

コメント

  1. カイサ より:

    凄まじい程の暴走し金持ち自慢も平然としてきて両津を角刈り呼ばわりし金銭感覚が崩壊し休息すら忘れたある意味初期以上にぶっ飛んだ後期末期の中川に両津以上にぶっ飛んでいるが両津の事を慕っており純粋な初期、性格がまともになり常識人となった中期、完全無欠の中ティーこと中川教諭を見せてみたいのは自分だけだろうか?

  2. 管理人おじさん編集長管理人おじさん編集長 より:

    コメントありがとうございます。
    【バックトゥーザこち亀!!の巻】でその展開も見てみたかったですね。
    主に最新の両さんと過去の両さんの絡みだったので、他のキャラならどうなるか。
    想像しただけで面白そうです。