【こち亀】176巻 全話レビューとおすすめ回「両さんと花火と署長」

ギャグ・コメディ
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社
この記事は約11分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【こち亀】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【こち亀】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

花火大好きという方。

そんな人たちに向けて!

おじさん編集長による【全話レビュー】と【ベストセレクション】をお届け。

今回の記事は【こち亀】176巻 全話レビューとおすすめ回「両さんと花火と署長」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 – 2016年42号
アニメ1996年 – 2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

176巻6話【I♥HANABI(アイラブハナビ)】

夏の風物詩の花火大会に参加できなかった両さん。

その怒りを署長にぶつけにいく。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

だが署長も両さんのキレっぷりに逆ギレをして反撃する。

一瞬ビビる両さんだがこれくらいではひるまない。

・花火職人を呼べ

・署の内庭で花火を打ち上げろ

・300万円あれば200発の花火が打ち上げられる

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

両さん『またテレビで署長の悪口言うぞ!』

具体的な要求と強烈な脅し文句を残して署長室を去っていく両さん。

困り果てた署長は中川に相談する。

中川は花火大会の件は全て引き受けるという。

ただし注意点として両さんの条件をすべて飲むことを挙げる。

両さんの性格上、後になってああでもないこうでもない、と必ず因縁をつけてくるからと理由を話す。

そして花火大会実行委員の両さんとの話し合いが始まる。

・大人数の弁護士

・10台のカメラ

以上を用意して話し合いに応じる中川。

署長側の要望は以下。

・署は狭いので花火大会は中川邸で行いたい

了承する両さん。

以下両さんの要望。

・500万発の花火

・隅田川で屋形船100艘からの花火見学

話し合いは纏まって花火大会当日…

おじさん編集長
おじさん編集長

両さんのキレ。署長のキレ。

中川の有無を言わせないお金のバラマキ。

ストーリー構成が見事。

評価【★★★★★】

以上。176巻の【こち亀】ベストセレクションでした。

【こち亀】ベストセレクションが読みたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

176巻1話【疾走ミニ3駆の巻】

残念の部屋でミニ四駆の話で盛り上がる両さんと本田。

だが残念はミニ四駆ではなくミニ3駆で遊んでいたという。

両さん達と残念の子供の頃の遊びに若干のズレがある。

「スーパーカー消しゴム」ではなく「スーパーカー砂ゴム」

ボールペンではなく輪ゴムで飛ばす。

本物のミニ3駆を見てみたい両さん達は、残念の実家のある三重県に向かう。

貧乏でも超金持ちでもない普通の家。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

だが母・弟・犬が残念と同じ顔をしており、お笑いのお約束を守ってくる。

そしてミニ3駆を見せてもらいルーツを聞くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

ここにきて残念を掘り下げるエピソード。

子供時代のヒットおもちゃの裏に、パチモンを買ってた友達のことを思い出してノスタルジックになった。

評価【★★★★】

176巻2話【下町タワーの巻】

東京見物に来る磯鷲家の執事・彦兵衛と一緒に、両さんにスカイツリーを案内してほしいという早矢。

中川の大型ヘリを借りて空からスカイツリーを見物する一同。

スカイツリーの最上部に両さんの友人の松戸がいたので、下町の案内をしてもらうことに。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

駄菓子屋と夕日に映える赤いスカイツリーを見せてもらった両さん達だった。

おじさん編集長
おじさん編集長

ギャグ少なめのエピソード。

今は懐かしい建設中のスカイツリー。

一度も登ったことがない。

2020年代の内に一度は登ろうと思う。

評価【★★★★】

スカイツリーの関連回→174巻1話【世界一の下町タワーの巻】

176巻3話【知ったかぶり警官(ポリス)の巻】

派出所へ卒配された、新人警官の雑学(ざつ・まなぶ)。

雑は大学生の頃にクイズ番組に出演していてチャンピオンになり、チャンピオン大会でも優勝していた。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

クイズ王としてウンチクを披露してもらうが、ガチのエリートの中川には敵わず、下町雑学では両さんには敵わない。

すっかり自信をなくした雑だが…

おじさん編集長
おじさん編集長

若干、残念とキャラかぶりしている気がする。

知識と雑学の違いか。

評価【★★★★】

176巻4話【夏の子供林間学校の巻】

レモンから幼稚園の林間学校への参加をお願いされた両さん。

レモンの幼稚園の先生は早矢の大学の後輩で、早矢も林間学校へ同行する。

自然あふれる林間学校を楽しむ一同。

夜は皆で花火を楽しんでいたら、それを見つめる少女の姿があった。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

早矢とレモンは少女を誘って一緒に花火を楽しむが…

おじさん編集長
おじさん編集長

ほっこりするエピソード。

早矢の霊感設定とレモンのピュア設定が活かされている。

評価【★★★】

176巻5話【勘違い警官(ポリス)の巻】

新葛飾署で雑学を披露する雑学(ざつまなぶ)。

だが新葛飾署には残念がいて、全ての雑学を論破されてしまう。

そんなやり取りをしていたら、新人警官が現場に駆り出される。

雑の初現場はヤクザの事務所だったが、移動中にはぐれてしまいヤクザに捕らえられてしまう。

銃を突きつけられてパニックになる雑だが、銃がプラスチック製であることに気づいて落ち着きを取り戻す。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

そしてピンマイク・大きな鏡・部屋全体をカバーした広角カメラの存在に気づいて、新人警官のテストと確信した雑はヤクザを相手に次々と雑学を披露して…

おじさん編集長
おじさん編集長

雑学二度目の登場。

一度きりのキャラかと思いきや再登場したので、読者人気はあったのだろうか。

評価【★★★】

176巻6話【I♥HANABI(アイラブハナビ)】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

177巻7話【恐怖の警察署の巻】

新葛飾所が白蟻とゴキブリの駆除のため一時的に閉鎖をしている。

その間新葛飾署は根津にあるネズニィランドゥ跡地に移転していた。

ネズニィランドゥは元々お化け屋敷だったので、今も恐怖の演出が稼働し続けている。

移転当初は婦警達の叫び声がやまなかったが、一週間も立つと慣れてきて気にならなくなっていた。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

それどころか初めて来た両さんや署長のほうがビビってる始末。

そんなお化け屋敷の新葛飾署に、本庁から被疑者が大量に移送されてきて…

おじさん編集長
おじさん編集長

珍しく両さんが翻弄される回。

個人的に署長イジリ大好き。

評価【★★★★】

177巻8話【笑い薬飲みなさいの巻】

電極スパークが笑い薬を開発した。

スパークに無理やり飲まされて笑いが止まらなくなる両さん。

そして薬の効能を試すために、普段全く笑わない残念に笑い薬を飲ませることに。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

笑い薬は残念にもバッチリ効いた。

そしてモニター結果をスパークに送り報酬をもらう。

両さんは報酬のために、新葛飾署の署員達を笑わせようと、ボルボ・左近寺と「笑い隊」を結成するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

両さんの笑顔。

ボルボ・左近寺と組んでの隊。

過去のネタを組み合わせたエピソード。

長期連載の【こち亀】ならでは。

評価【★★★】

177巻9話【想い出の同窓会の巻】

同窓会がブームになってると本田に聞いた両さん。

しかし幹事が非常に大変なので、今では同窓会の幹事を代行する会社があるという。

両さんもそういう仕事がやりたいといって、中川と麗子の同窓会の幹事を引き受ける。

しかし中川と麗子の同級生は、世界的企業の社長になっていたり、副大統領になっていたり、大統領夫人になっていたり、アラブの王妃になっていたり、スーパーモデルや大女優になっていて、さすがの両さんも全員を集めることが叶わず断念する。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 176巻 集英社

そして部長からも幹事を頼まれていた両さんは…

おじさん編集長
おじさん編集長

年齢を重ねてからの同窓会。

本人が生きていない可能性が高まる。

若い時は何とも思わなかったけど、クラスメイトがいなくなる可能性にハッとした。

評価【★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

この辺りから残念の実家を出したり、署長イジリのエピソードが増えてきた印象。

新キャラも登場しているのでバランスの良い176巻。

それではまた明日。

漫画【こち亀】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【こち亀】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

その他の【こち亀】の記事

【まとめ記事】こち亀全巻全話レビュー

【両津100%】もしも【こち亀】がラブコメだったら

【こち亀】の名言に学ぶ人生で役立つ思考法358選

【こち亀】ベスト・オブ・ベスト!神回をまとめてみた!

コメント