【こち亀】147巻 全話レビューとおすすめ回「両さんのバイツァ・ダスト」

ギャグ・コメディ
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社
この記事は約11分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【こち亀】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【こち亀】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

キラークイーンの時間をぶっ飛ばす爆弾という能力に納得がいかない方。

そんな人たちに向けて!

おじさん編集長による【全話レビュー】と【ベストセレクション】をお届け。

今回の記事は【こち亀】147巻 全話レビューとおすすめ回「両さんのバイツァ・ダスト」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 – 2016年42号
アニメ1996年 – 2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

147巻4話【拾得物一兆円の巻】

自転車で出勤中に寺井を発見した両さん。

脅かしてやろうと後からこっそりと近づくも気付かれてしまう。

イタズラが失敗して両さんは先に派出所に向かうが、寺井は横の川で現金一兆円を発見する。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

一兆円を先に発見したのは自分だと主張する両さんだが、周りの警官に取り押さえられてしまう。

そして神社に時を戻してほしいと神頼みにきた両さん。

神社には偶然にも宇宙治安維持パトロール隊のドムとジュリーがいた。

宇宙人達はせっかく地球に来たからもう一度両さんを使って実験を始める。

再び時を操れるようになった両さんだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

作中で『神なんていねぇし』という両さん。

神ともエンマ大王とも戦ってたのに…

宇宙治安維持パトロール隊が登場したエピソード→139巻5話【地球の運命を託された男の巻】

評価【★★★★★】

147巻8話【記憶にないわしの誕生日の巻】

両さんの誕生日パーティーを忘れていた、中川・大原部長・麗子。

このままやらなくても改めてやっても文句を言うであろう両さん。

そこで中川は両さんが忘れたという体にして裏工作を仕掛ける。

・ドンペリ一気飲みの写真

・肉10キロを食べる写真

・ドンペリ一気飲みの写真

・モデルと合コンした時の写真

・ウォッカのラッパ飲み

・2次会のカラオケでモデルとデュエットしてる動画

・フェラーリモデナを運転して崖に落ちて30秒で廃車にした動画

以上を見せてごまかしきった中川達。

だが誕生日当日に競馬仲間と馬券を買ってたことを思い出した両さん。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

誕プレももらえず騙されたことに怒った両さんは仕返しをするが…

おじさん編集長
おじさん編集長

目には目を歯には歯を。

同じ手口で仕返しする両さんに草。

評価【★★★★★】

147巻9話【南海のアルバイトの巻】

金欠で二徹とインド洋にマグロ漁に行った両さん。

今回は三ヶ月間は帰れない。

マラッカ海峡を走っている船が海賊に襲われている。

急いで救出に向かう二徹と両さん。

助けた船は中川の会社の船だった。

そして中川の会社に船舶のガードマンをやってほしいと言われる。

インド洋に行く途中なので返答に困る両さん。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

だが二徹に『魚を捕るのも仕事だが海の安全を守るのも漁師(おとこ)の仕事だ』と言われてガードマンを引き受ける。

それからは海賊狩りが連日続いた。

来る日も来る日も海賊を追っ払うが、一向に減らない海賊。

そこで両さんは「安全通行料金」という保険を売り出して…

おじさん編集長
おじさん編集長

一方から平和のために金を取り、もう一方に金を渡して平和にする。

三者が得をする魔法の「両津保険」

評価【★★★★★】

以上。147巻の【こち亀】ベストセレクションでした。

【こち亀】ベストセレクションが読みたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

147巻1話【ロボット大戦争の巻】

またしても勘兵衛と連絡が取れなくなった両さん。

心配になり中川と様子を見に行くと、自社ビルを建てて高齢者向けの介護ロボットを開発していた。

なぜか美女の介護ロボット。

『美女にする必要はない』と語る両さんに勘兵衛がアンケートを見せる。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

老人100人に聞きました。

「美人の方がいい98%」

だがミニスカにする必要はないと語る両さんに勘兵衛がアンケートを見せる。

老人100人に聞きました。

「ミニの方がいい98%」

勘兵衛は介護ロボットを制作するライバル会社がいるといい、資料を両さんに見せる。

巨大介護ロボット。

巨大介護ロボットは電極スパークの会社が作っていて…

おじさん編集長
おじさん編集長

巨大にする必要性がなくて草。

評価【★★★】

147巻2話【桜戦線異状無し!?の巻】

桜の名所の写真を眺めている婦警達。

だが早矢の実家の桜が一番キレイだったので、今年のお花見は早矢の実家でやることに。

そこに両さんが現れて、お花見は上野と決まってるだろうと婦警達に話す。

理由は「裸踊りで1000メートルダッシュできるのは上野の山しかない」から。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

婦警達と両さんで花見場所の折り合いがつかず、麗子は『二ヶ所でお花見をしてどちらかに参加すればいい』と提案する。

蓋を開けてみると京都でのお花見が圧倒的人気。

そして『京都での豪華なお花見の後に上野のお花見はマヌケ』と言い出して、岡山でお花見を開くことにした両さん。

ルール無視した両さんに麗子が対抗心を燃やして、婦警達は山口県でお花見をする。

さらにそれに対抗した両さんは…

おじさん編集長
おじさん編集長

両さんVS婦警から中川VS麗子に。

麗子が金持ちパワーを使うのは珍しい。

評価【★★★★】

147巻3話【忠臣蔵はワシのもの!!の巻】

新葛飾署の創立100年突破記念で予算が出て、映画・忠臣蔵を撮影することになった両さん達。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

47人全員の配役を決めて撮影に臨むが暴力団の魔瑠貌(まるぼう)組も忠臣蔵の撮影に来ており…

おじさん編集長
おじさん編集長

今までは魔瑠貌(まるぼう)組のポジションに御所河原組がいた。

役割がかぶっているので御所河原組に戻してほしい。

評価【★★】

147巻4話【拾得物一兆円の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

147巻5話【おとしの両津!!の巻】

本庁から両さんを訪ねてやってきた海パン刑事。

窃盗団のメンバーがガンダムマニアと思われるので、ガンダムに詳しい両さんに取り調べをしてもらう。

ガンダムマニアだけではなく、ハイジマニア、バイクマニアの暴走族と次々に自白させる両さん。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

両さんにも対応できないマニアには麗子と中川が対応する。

しかし続々と狭くて深いマニアックな容疑者が出てきて…

おじさん編集長
おじさん編集長

見開きの海パン刑事。

相変わらずインパクト大。

評価【★★★★】

147巻6話【トウキョウセレブ時代の巻】

中川・麗子と渋谷に食事に来た両さん。

だが渋谷はセール中で人が混み合っているので銀座に移動する。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

食事を楽しむ両さんだが、後の席で食事をしている小学生を見て愕然とする。

小学生達は、日光・月光が通うSt.(セント)フェアリー学園の小学部に通っていた。

場所が場所なので一応学校に連絡に行く両さん達。

日光・月光・校長に久々に再会する。

小学生の内からブランド品を見させて、良い物を見定める力をつけさせるのが学校の方針。

しかし限定ブランド品を買いすぎてカード破産するものも多いのが弊害。

そこで中川の提案で「庶民」の生活を見学させることにする。

「庶民」代表として選ばれたのはもちろん両さん。

小学生達は両さんの実家にホームステイするが…

おじさん編集長
おじさん編集長

「子育て」=「洗脳」といっても過言ではない。

評価【★★★★】

147巻7話【厳戒護衛指令の巻】

京都左京寺の国宝・羅城八幡茶裸威武堀衛門財力有之助正得千手観音像(らじょうはちまんだらいぶほりえもんざいりょくありのすけしょうとくせんじゅかんのんぞう)の護衛を依頼された後流悟十三。

様子を見ているととても護衛できそうにないので、両さんが一緒に護衛するように大原部長に命令される。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 147巻 集英社

だが両さんがついていながらも、一人でパニックを起こし事態を悪化させる後流悟。

そして国宝が川に流されてしまい…

おじさん編集長
おじさん編集長

古参キャラ・後流悟十三が大人になった野原しんのすけに見える。

内容も昔の【こち亀】のようでベタだが面白い。

【こち亀】の法則。

両さんがツッコミ役になるエピソードは大体面白い。

評価【★★★★】

147巻8話【記憶にないわしの誕生日の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

147巻9話【南海のアルバイトの巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

両さんの金儲けが目立った147巻。

それではまた明日。

漫画【こち亀】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【こち亀】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

その他の【こち亀】の記事

【まとめ記事】こち亀全巻全話レビュー

【両津100%】もしも【こち亀】がラブコメだったら

【こち亀】の名言に学ぶ人生で役立つ思考法358選

【こち亀】ベスト・オブ・ベスト!神回をまとめてみた!

コメント