たかみち 漫画【百万畳ラビリンス】感想

SF
出典:たかみち 百万畳ラビリンス 下巻表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【百万畳ラビリンス】

全2巻 作者:たかみち

ジャンル:SF ゲーム 箱庭 脱出 不思議のダンジョン

『ヤングコミックチェリー』→『ヤングコミック』で

2013年6月号から2015年4月号まで連載されていました。

-百万畳ラビリンスの大体-

二人の女子大生が謎だらけの巨大構造物内で脱出を試みるストーリー。

えらく簡潔なあらすじになってもうた・・・

しかし!大体合っているのでしょうがない。

-百万畳ラビリンスの主な登場人物-

玖波島 礼香(くばじま れいか)(19)

プライベートでもアルバイトでもゲーム三昧のゲーム大好き女子大生。

常人とは違う発想の持ち主。その発想力で巨大構造物内を探索。

庸子(ようこ)

礼香のルームメイト。ジャイ子感が強い。常識人。

主にツッコミ、ブレーキ役。

多神 大介(たがみ だいすけ)

ちゃぶ台に書き置きを置いた男性。礼香・庸子より先に巨大構造物にいる。

出典:たかみち 百万畳ラビリンス 上巻

-おじさん編集長〆の一言-

世界観、設定、キャラクター、全てがうまくかみ合ってて読んでて心地よかったです。

舞台ですが、いわゆる不思議のダンジョン的オープンワールド。

ゲーム世界の設定をうまく取り込んだ感じ。

ゲームの木のグラフィックや家具は数パターンの組み合わせでできている。

同じアイテムが壊れると連動してコピペのアイテムが壊れたり。

特にちゃぶ台はバイオハザードのアイテムボックス的な使い方が出来る。

巨大構造物内の特性とルールを丁寧に描いている為、没頭して読むことができます。

特に2巻目の謎がどんどん解けていく感じはドキドキが止まらない。

一気に最終話まで読んじゃいました。

ただ礼香の思いや行動は複雑な気持ちになること請け合いです。

本人が幸福ならそれで良いという、人生の縮図のような締め方。

SF・ゲーム・箱庭・脱出系が好きな方はぜひご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました