ドラゴンボールZ アニメコミックス【復活の「F」】レビュー

バトル・アクション
出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画はドラゴンボールZ アニメコミックス【復活の「F」】

-【ドラゴンボールZ 復活の「F」】って何?-

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(ドラゴンボールゼット ふっかつのエフ)は、2015年4月18日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第19弾(『ドラゴンボールZ』としては第15弾)。

キャッチコピーは「史上最悪の願い いま、絶望が始まる」「神次元バトル、開戦。」「超神激戦(ちょうじんげきせん)!!」「更なる進化をお見せしましょう…」。

Wikipediaより引用

劇場版作品をアニメコミックス化したのが本作。

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

-作品情報-

作品名ドラゴンボールZ 復活の「F」
作者原作:鳥山明
制作会社:東映アニメーション
巻数全1巻
ジャンルバトル・アクション ファンタジー
掲載誌
連載期間
アニメ
ドラマ
映画2015年4月18日

-【ドラゴンボールZ 復活の「F」】あらすじ-

悪の帝王フリーザがドラゴンボールの力で復活を遂げる。自分を地獄へと追いやった超サイヤ人への復讐に燃え上がるフリーザは自身を鍛え上げ、新たな力を手に入れ地球へと襲来する。悟空とベジータたちは史上最悪の敵との闘いに挑むこととなった。フリーザが手に入れた「新たな力」とは? そして地球の運命は!?

集英社公式ホームページより引用

-【ドラゴンボールZ 復活の「F」】主な登場人物-

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

-【ドラゴンボールZ 復活の「F」】のつまらない原因-

つまらない原因その1・・・フリーザの今更感

ドラゴンボールファンが皆思ったはず。なぜ今更フリーザ?

ドラゴンボールのボスとしての知名度はナンバーワンだろう。

だからこそフリーザには触れてほしくなかった。

【神と神】の後という事で悲惨な結果になる可能性が高いからだ。

フリーザを出した弊害として、設定の崩壊も目に余った。

フリーザは地球の地獄にいた。

地球の地獄ってなんだよ。あの世の地獄だろ。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

コルド大王からビルスと魔人ブウには手を出すなと言われていたフリーザ。

【神と神】で惑星ベジータの破壊はビルスの下請けという事が発覚。

それだけでは終わらず魔人ブウの事も知っていた。

ナメック星での悟空との死闘時には、フリーザはビルスと面識がありなおかつ魔人ブウの事も知っていた。

なんて冷めるつまらない後付けだろう。

魔人ブウが暴れまわってたのもはるか昔の出来事だし、宇宙は広いのだから存在を知らなかったで良いじゃん。

ドラゴンボールワールドが急速に狭くなってしまった瞬間である。

フリーザがトレーニング。

トレーニング後は戦闘力130万になるらしい。

戦闘力130万・・・?

今さらこの戦闘力で何を・・・

つまらない原因その2・・・戦闘力の崩壊による茶番劇

フリーザを出したことによる弊害。

フリーザ兵と悟飯達の戦いがしょっぱすぎる。

今さらフリーザ軍に苦戦するわけがないのだが、物語の都合上ピンチを演出しないといけない。

その方法が味方の弱体化という最低の悪手。

悟飯、ピッコロの弱体化。ヤムチャの戦力外化。亀仙人の謎の強化。

悟飯。道着はないわアルティメットになれないわスーパーサイヤ人もギリギリ変身だわ・・・

鳥山先生は悟飯に何か恨みがあるのだろうか。

シサミはザーボンやドドリア並の強さらしい・・・雑魚じゃん。

そんな雑魚に苦戦するピッコロ・・・

ピッコロは重い服を着る以外の修行をしなかったのだろうか。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

チャオズの戦力外化は原作の流れなのでやむを得ない。

ただヤムチャの戦力外化は公式の悪ノリだ。公式でいじりだしたらお終いだ。

でも悟飯の弱体化を見る限り鍛練を怠ると非常に力が落ちるのでしょうがないのかも。

亀仙人がヤムチャやチャオズ以上って・・・

謎の亀仙人アゲ。

地球に向かってかめはめ波を撃つ悟空。

いやいやいや、フリーザが受け止めなかったら地球消滅してるじゃん。

セル編辺りからファイナルフラッシュや瞬間移動かめはめ波で、地球に当たらない角度で撃ってたじゃん。

地球の事を気にかけないなら界王神界で戦え。

最後にフリーザが地球を破壊するのだけれど、それをやりたいがために地球を舞台に選んでいる。

それならばなおさら、悟空のかめはめ波の角度には気を付けるべき。

ソルベのビームでやられるスーパーサイヤ人ブルーの悟空。

油断して体の力が抜けていたらしいが、急にリアルな設定を持ち出すな。

つまらない原因その3・・・やっぱりキャラデザがダサい

カラーリングが完全にトリコ。

スーパーサイヤ人と色被りしてる。フリーザのスーパーサイヤ人の恨みが強いからかもしれないけれど。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

つまらない原因その4・・・やっぱりビルスとウィスはいらない

原作の設定の無視。新キャラクターによる過去キャラの咬ませ犬化。

続編におけるタブーを全てやっている。

ビルスにビビるフリーザ。やっぱビルスの存在はガンだわ。

悟空とフリーザの真剣勝負の横でさらに強いヤツがいると全く面白くない。

ウィスの能力が卑怯すぎる。自在にバイツァ・ダストを発動できる。

最近のswitchのゲームのやり直しモードといい時代の流れか・・・

まとめ

原因その1、その2、その3のまとめになるけれど、作り手のドラゴンボール愛が無い。

これに尽きると思う。

タイトルも復活のフュージョンと被ってるし、神龍の願いの数や死者を生き返らせる期限も無視だし。

ジョジョの黄金の風の様に愛溢れるスタッフさんが羨ましい。

-それでも【ドラゴンボールZ 復活の「F」】の良い部分を考える-

何だかんだこの姿は懐かしいしカッコいい。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

論破した。火の玉ストレート。知らねえよそんなこと。

悟空のキャラが出てて良い。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

論破した。火の玉ストレート。忠誠心なんてあるわけないだろう。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

ブルーのデザインはベジータの方がカッコイイ。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

目が点で可愛い。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボールZ アニメコミックス 復活の「F」

-おじさん編集長〆の一言-

全体的に酷評。前作よりつまらない。

既存のキャラクターを使うなら最新の注意と敬意を払ってほしい。

原作設定無視して面白ければまだいいけれどつまらない。

最低限もう一度ドラゴンボールの単行本を読み返してから制作に取り掛かってほしい。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました