ドラゴンボール アニメコミックス1【神龍の伝説】感想 ネタバレ有り

冒険
出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【ドラゴンボール アニメコミックス1 神龍の伝説】

全1巻 原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション

ジャンル:冒険 ファンタジー ギャグ・コメディ

『東映』で1986年12月20日に公開されました。

-ドラゴンボール 神龍の伝説の大体-

ドラゴンボールを巡る冒険の始まり。

グルメス国では世界一高価な宝石・リッチストンを採掘するために、村人が虐げられていた。

リッチストンを採掘して、世界中のコックに美味しいものを作らせてきたグルメス王。

しかし今まで食べた物以上に美味しいものしか食べられないグルメス王。

グルメス王は未だ食べたことのない珍味の為にドラゴンボールを求める。

はたしてグルメス王はドラゴンボールを集める事ができるのか。

-ドラゴンボール 神龍の伝説の主な登場人物-

孫 悟空(そんごくう)

主人公。山奥で一人で暮らしていた。ブルマと出会って冒険の旅に出る。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

ブルマ

ドラゴンボールを探している美少女。ドラゴンレーダーを自作した。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

ウーロン

スケベなブタ。色々なものに変身できる。プーアルと同級生。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

ヤムチャ

盗賊。女の子が苦手。この頃はカッコいいライバルキャラだった。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

プーアル

ヤムチャと一緒にいるネコ。舞空術の使い手。色々なものに変身できる。ウーロンと同級生。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

亀仙人(かめせんにん)

別名・武天老師(むてんろうし)。世界一の武道家。世界一のスケベジジイ。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

ウミガメ

原作と違い亀仙人とはぐれていない。

パンジ

グルメス国に住む少女。国を救ってもらう為に亀仙人に会いに行った。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

パンジの父

うおっ!!ボンゴにボコボコにされた。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

ボンゴ

グルメス国の兵士。パンジの父をボコボコにした。

リクームではない。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

パスタ

グルメス国の兵士。女性。ヤムチャより強かった。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

グルメス王

グルメス国の王様。今まで食べた以上に美味しい料理しか食べらない体質。

ドラゴンボールで美味しい料理を願う。

化け物状態と通常状態でさほど差が無かった。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

神龍(しぇんろん)

ドラゴンボールを7つ集めると呼び出せる龍の神様。

どんな願いも叶えてくれる。

ウオオオオ!

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

-ドラゴンボール 神龍の伝説で使用された道具-

ドラゴンボール

7つ集めるとどんな願いも叶えてくれるという神龍を呼び出せる球。

ドラゴンレーダー

ドラゴンボールの位置が分かる道具。

如意棒

悟空の背負っている棒。伸びたり縮んだりする不思議な棒。

ホイポイカプセル

ブルマの父が発明した道具。小さいカプセルの中に、家や乗り物が収納されている。

筋斗雲

亀仙人が所有していた空飛ぶ雲。清い心の持ち主でないと乗ることが出来ない。

亀仙人は乗れなかった。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

リッチストン

世界一高価な宝石。

-ドラゴンボール 神龍の伝説の名シーン・名言-

仙人だってたまには・・・

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

ぱふぱふ

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 神龍の伝説

右上の作画だけ異様にクオリティが高い気が・・・

-おじさん編集長〆の一言-

ストーリーについて

序盤はドラゴンボールの原作をなぞった展開。

悟空とブルマの出会い。

悟空とウーロンの出会い。

悟空とヤムチャたちとの出会い。

悟空と亀仙人との出会い。

オリジナル展開を交えつつ違和感なく進んでいる点は見事。

劇場版オリジナルキャラのパンジとウーロンの絡ませ方がナイス。

ヤムチャと亀仙人との絡ませ方は原作より好き。

絵について

正直古いアニメは今見るには画質がきつかったりする。

それがアニメコミックスになった本作は意外にも画質が気にならない。

それどころか漫画は基本的に白黒の作品が多いので、カラーになっている時点でむしろ綺麗に見える。

ただ元々はアニメーションなのでバトルシーンをぶつ切りにされると状況が理解しにくい部分もある。

漫画版を見て興味を持ったらぜひアニメ版も見てほしい。

まとめ

ドラゴンボール初期の冒険感が好きな方にオススメです。

ぜひご一読ください。

その他ドラゴンボールアニメコミックスの記事はコチラ。

ドラゴンボール アニメコミックス2【魔神城のねむり姫】感想 ネタバレ有り

ドラゴンボール アニメコミックス3【摩訶不思議大冒険】感想 ネタバレ有り

ドラゴンボール アニメコミックス4【最強への道】感想 ネタバレ有り

コメント

タイトルとURLをコピーしました