ドラゴンボール アニメコミックス2【魔神城のねむり姫】感想 ネタバレ有り

冒険
出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【ドラゴンボール アニメコミックス2 魔神城のねむり姫】

全1巻 原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション

ジャンル:冒険 ファンタジー ギャグ・コメディ

『東映』で1987年7月18日に公開されました。

-ドラゴンボール 魔神城のねむり姫の大体-

ドラゴンボール集めの冒険が一旦終わった悟空。

悟空は今より強くなるために亀仙人の元を訪れていた。

亀仙人の弟子になる為には条件がある。

条件とは「魔神城のねむり姫」を連れてくる事。

同じく亀仙人の弟子を希望するクリリンと魔神城に向かう悟空。

はたして悟空とクリリンは亀仙人の弟子になることが出来るのか。

-ドラゴンボール 魔神城のねむり姫の主な登場人物-

孫 悟空(そん ごくう)

主人公。より強くなるために亀仙人の修行を受けに来た。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

亀仙人(かめせんにん)

悟空とクリリンにピチピチギャルを連れてくるよう要求した。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

クリリン

亀仙人の弟子になる為に東の村からやってきた。

手土産にムフフ本を持ってきた。部下にするにはこういう人材だ。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

ブルマ

夏休みを利用して悟空に会いにカメハウスにやってきた。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

ヤムチャ

夏休みを利用して悟空に会いにカメハウスにやってきた。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

プーアル

夏休みを利用して悟空に会いにカメハウスにやってきた。

色々なものに変身できる。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

ウーロン

夏休みを利用して悟空に会いにカメハウスにやってきた。

色々なものに変身できる。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

ランチ

通称いただきランチ。くしゃみをすると性格が変わる。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

ルシフェル

魔神城の城主。太陽を消滅させようとした。

ドラゴンボール界の大魔王バーンである。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

執事

作中で一度も名前が出なかった。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

ガステル

作中で一度も名前が出なかった。魔神城の魚に食われて最期を迎えた。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

-ドラゴンボール 魔神城のねむり姫の名シーン・名言-

素直になれないクリリンの図

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

コチョコチョ

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

左のコマの作画が異様にクオリティが高い気が・・・

-おじさん編集長〆の一言-

ストーリーについて

前作の【ドラゴンボール 神龍の伝説】から続くストーリー。

序盤はドラゴンボールの原作をなぞった展開。

悟空とクリリンの出会い。

ランチの登場。

大猿化。

出典:原作:鳥山明 制作会社:東映アニメーション ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

この顔と心臓の音が子供の頃は非常に怖かった。

悟空とクリリンの修行の舞台にオリジナル要素が上手くはまっている。

初期のクリリンの悟空との距離感が今となっては懐かしい。

大猿も展開に無理なく登場。

絵について

正直古いアニメは今見るには画質がきつかったりする。

それがアニメコミックスになった本作は意外にも画質が気にならない。

それどころか漫画は基本的に白黒の作品が多いので、カラーになっている時点でむしろ綺麗に見える。

ただ元々はアニメーションなのでバトルシーンをぶつ切りにされると状況が理解しにくい部分もある。

漫画版を見て興味を持ったらぜひアニメ版も見てほしい。

まとめ

ドラゴンボール初期の冒険感が好きな方にオススメです。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました