【MAR(メル)】ありのままの感想

バトル・アクション
出典:安西信行 MAR 6巻 小学館
この記事は約7分で読めます。

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

今回の記事は!

【MAR(メル)】ありのままの感想です。

【烈火の炎】で大ヒットを飛ばした安西信行先生の次回作【MAR(メル)】

良い点も残念な点も含めた感想です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【MAR(メル)】ってどんな漫画?

メルヘンの国に憧れていた普通の中学2年生・虎水ギンタは、「門番ピエロ」と呼ばれるÄRMの力で異世界、メルヘヴンへ召喚された。この世界では、ÄRMという魔法のアクセサリーが存在し、それを使用することによって、使用者に力を与えることができる。メルヘヴンに来たギンタは「バッボ」という生きたÄRMと出会い、仲間たちと出会い、共に戦闘集団「チェスの兵隊(コマ)」に立ち向かう。

ウィキペディアより引用

作品情報

作品名MAR(メル)
作者安西信行
巻数全15巻
ジャンルバトル・アクション ファンタジー 冒険
掲載誌週刊少年サンデー
連載期間2003年 – 2006年
アニメ2005年4月3日 – 2007年3月25日
ドラマ
映画
※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

【MAR(メル)】ありのままの感想

・ガーディアンのデザインが良い

【ジョジョの奇妙な冒険】でいうところのスタンド的な立ち位置のガーディアン。

神獣的なものを除いてオリジナリティあふれるデザインが良かった。

・敵のキャラデザインが良い

メルヘン世界をモチーフにした敵。

名前もキャラデザも元ネタのイメージを崩さないようにデザインされていた。

ガーディアンとは違って、オリジナリティがそこまでないのが逆に良かった。

・ドロシーの存在

ギンタの世界のヒロインである小雪に似たメルヘヴンのスノウ。

メインヒロインかと思いきや、メルヘヴンで最初に会ったドロシーが最後の相方でメインヒロインだったのが良かった。

・ハッピーエンド

ラスボスが親父の体を利用した邪悪のオーブ。

邪悪のオーブを追い出してオヤジの意識を体に戻す。

ムリヤリな展開だったけどハッピーエンドで良かった。

本当に死んでいたジャックの親父はちょっと可哀想だが…

・絵柄の変更

当初はキャラクターの頭身が低かった。ファンタジー世界だから意識的だと思われる。

意識的なのか無意識なのか、どちらかはわからないが当初は線が太めだった絵柄が、中盤以降は線が細くなって頭身も上がっていった。

頭身低めのほうがメルヘン世界に合っていたので残念。

・全体的にFF10っぽい

異世界から召喚される。

親父が一度メルヘヴンを救っている。

アランがアーロンっぽいオヤジの仲間でギンタたちの保護者。

親父がラスボス。

・ファンタジー世界観を活かせてない

見た事もない果物。変な鳥。赤い岩。喋る岩。

冒険ファンタジーだったのは最初の方だけ。

むしろ裏武闘殺陣編後の【烈火の炎】の方が冒険してた。

・世界が狭い

メルヘン世界を冒険するかと思いきやウォーゲームの開催で冒険感がなかった。

世界地図や地名も設定されていたので、【ダイの大冒険】のような冒険モノだったらもっと面白かったのでは。

・強さの設定

強さの設定がチェスのコマになぞられていてわかりやすいが勝敗が見えてしまいつまらない。

・ポーン級

・ルーク級

・ビショップ級

・ナイト級

この事からギンタたちと戦うチェスの兵隊は、都合よく弱い級の敵から出てくる(一部例外はあるけどギンタが負けるとウォーゲームが終わるので、ギンタは格上とは戦わない)

【烈火の炎】では紅麗の近衛兵として十神衆がいたが、紅麗のチームを除いて対戦相手は十神衆と兵隊というユニットだった。(紅麗のチームは全員が十神衆)

その事から初期の対戦でも烈火のチームは、それぞれ十神衆に勝利するという自然な流れになっていた。

そもそも【烈火の炎】では多数の勢力が有り【MAR(メル)】のように二分していなかった。(その設定は【MAR(メル)】の読者ターゲット層は低年齢ということも有り、シンプルにしたかったという意図は汲み取れる。)

バトルフィールドとアームの相性次第で格上にも勝てたり格下に負けたりする設定。

この設定を活かしたのはチェスの兵隊のみで、メルが格上に勝利するシーンはなかった。

事前にバトルフィールドがわかるのにあえて不利なフィールドで戦うスノウが意味不明。

・ウォーゲームのルールが意味をなしてない

・バトルはチーム戦

・ジャックが負けてもチームが勝てばジャックは次のゲームに参加できる

・チェスの兵隊はチームは負けても個人で勝てば次のゲームに参加できる

・ただしキャプテンが負けた場合はウォーゲームの終了

メルのキャプテンはギンタ。チェスのキャプテンはファントム。

このことからギンタは絶対に負けないと予想できる。

普通に勝ち抜き戦かチームの過半数の勝利の単純ルールで良かったのでは。

結果的に最終戦でメルの全員勝利という超つまらない展開に繋がっている。

・ナイトが12人で12星座(ゾディアック)だったのに途中から13人の13星座になっちゃう

出典:安西信行 MAR 6巻 小学館

特に理由も語られず。

出典:安西信行 MAR 7巻 小学館

そもそもチェスのコマをモチーフにしているのにさらに星座のモチーフを重ねることで意味がわからなくなってる。

それならばファントムの近衛兵をゾディアック(12星座)にする「十神衆」設定で良かったのでは…

・アームはアクセサリーの形をしているが意味をなしていない

リングダガー。ネックレスブレード。

当初はアクセサリーの形状をウェポン名にしていたが、形状が能力に影響を与えないので意味がない。

・どうしても烈火の炎と比べてしまう

ファントムとロランの関係は紅麗と小金井。

戦闘パターンも烈火の炎で見たパターンが多い。

・戦闘のパターンが単調

ウェポンアーム(ネイチャーアーム)使用、敵が過去を語る、最後はガーディアンアームで決着。

最後の方はアームを使用せずに普通にガーディアンを出していた。

あと爆発の能力が出すぎ。

・ガーディアンアームの設定が変わった

当初はスノウいわく接近戦が苦手な人のためのアームだったが、完全に最後の切り札の必殺技的扱いになっていた。

この辺の事情は、スノウの知識不足・戯言として辻褄を合わせることはできる。

・最後の展開が急すぎる

ウォーゲームが終わったあとは駆け足のように終わっていく。

キャラの過去等、背景に描写不足が非常に多い。

メインキャラクターでさえまともに過去を描かれないので、感情移入しにくい。

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

以上。

【MAR(メル)】ありのままの感想でした。

全体的に惜しい作品。

理屈っぽいことを抜きにすれば普通に楽しめる作品です。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

漫画【MAR(メル)】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼ebookjapanで読む
▼1冊無料・かんたん登録▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【メルヘヴン】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

初めての方なら30日間無料!!

その他にもAmazonプライムなら1000冊以上の本が読み放題の「Prime Reading」や、送料・お急ぎ便・時間指定が全て無料で使える!等の色々なサービスが受けられます。

▼かんたん登録・30日間無料▼

【Amazonプライム・ビデオ】公式サイト

無料で【MAR(メル)】を読むには!

一日一話無料で読める!

【サンデーうぇぶり】というアプリがオススメ。

▼かんたん無料ダウンロード▼

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

コメント