漫画【美味しんぼ】80巻 全話レビュー「山岡の新人教育」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 80巻 小学館
この記事は約8分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

【美味しんぼ】実は子育てエピソードの方が好きという方。

そんな人たちに向けて!

今回の記事は漫画【美味しんぼ】80巻 全話レビュー「山岡の新人教育」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

▼「そんなあなたへ」▼

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 – 
アニメ1988年10月17日 – 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 80巻 小学館

80巻1話【日本全県味巡り、山梨へ!】

政治部の松川の先輩・藤原洋。

山梨県で公認会計士をしている藤原が、山岡に一言物申しに文化部にやってくる。

藤原は「ワインのある食卓の会」の記事について大いに不満があるという。

・家庭の食卓でワインを楽しむと銘打っておきながら、味噌や醤油を使う本当の和食を避けていること。

・そして外国産のワインだから和食に合わないのは当然。

・甲州産ワインは、味噌や醤油を使った和食に合う。

・本当かどうか知りたければ勝沼に来いと言って去っていく。

そして山岡は、和食と合うワインを見つけたら「究極のメニュー」にとっても大きな収穫と言って、勝沼に行くことにするが…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

エピソード料理:甲州産ワイン

「ワインのある食卓の会」のエピソード→78巻3話【ワイン大作戦!?】

80巻2話【日本全県味めぐり 山梨編〈1〉】

前回からの連続エピソード。

「日本全県味めぐり」の次回の舞台を山梨県に決めた山岡。

今回の対決からは栗田も復帰して準備万端。

早速山梨で取材を始める。

普通のうどんより太くてコシが強く、煮干出汁とキャベツで食べる「忍野のうどん」

うどんは美味しくて、さらに甲州産ワインと合わせてみるが、全く問題なく味わうことができた。

そして一同は西湖のレストランに向かい…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

エピソード料理:忍野のうどん

80巻2話【日本全県味めぐり 山梨編〈2〉】

前回からの連続エピソード。

取材を続ける山岡達。

・マス味噌

・粟ご飯と南蛮味噌

・鳴沢菜の漬け物

・凍みイモ

・イノブタ鍋

全ての料理と甲州産ワインの組み合わせは良い。

イノブタ農場を見学する山岡達。

そこには海原雄山も現れて…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

80巻2話【日本全県味めぐり 山梨編〈3〉】

前回からの連続エピソード。

イノブタ農場で海原雄山とかち合った山岡達。

さっそく海原雄山から先制パンチを受ける。

海原雄山『イノブタを料理するつもりで、料理されるのがオチだろう』

取材を続ける山岡達。

・みみ

・上野原町の郷土料理

・甲州地鶏

そして取材終了。

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

80巻2話【日本全県味めぐり 山梨編〈4〉】

前回からの連続エピソード。

「至高のメニュー」との対決当日。

先攻は「究極のメニュー」

・アワビの肝

・ころ柿の天ぷら

・イノブタの溶岩焼き

ワインと合わせることで評判も良い「究極のメニュー」

そして主菜として「蜂の子飯」を用意する。

だが見た目のインパクトが凄くて誰も食べようとせず…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

80巻2話【日本全県味めぐり 山梨編〈5〉】

前回からの連続エピソード。

「蜂の子飯」の見た目がグロテスクで手を付けない審査員。

そんな審査員に海原雄山が苦言を呈する。

・蜂の子飯を見た目で気持ち悪がって食べようとしないとは、審査員の皆さんの見識を疑わざるを得ない

・蜂の姿が気持ち悪いなら、エビなどはもっと気持ち悪い姿をしている

・蜂の幼虫よりナマコのほうが色も形もすごいが、皆さん喜んで食べるでしょう

・単に食べ慣れないだけで気持ち悪いというようでは郷土料理の極意は味わえない

そして蜂の子飯を食べる審査員達。

取材の蜂の子飯の後はデザートも出す。

・小豆ほうとう

・凍みイモ

・麦粉柿

そして「至高のメニュー」の発表が始まり…

おじさん編集長
おじさん編集長

外見が食欲に与えるインパクト。

外国で猿の丸焼きを食べているのを見たことがあるが、インパクトが凄すぎた。

80巻2話【日本全県味めぐり 山梨編〈6〉】

前回からの連続エピソード。

審査員の反応がとても良い「至高のメニュー」

さらに海原雄山は主菜の本番として「ご飯」を披露する。

米の種類は「ミルキークイーン」

美味しい米は作れないと言われた栽培条件下・海抜800メートルから900メートルの寒冷地で作られた「ミルキークイーン」

ただ美味しいだけではなく、山梨県人の進取の気性が現れているとして、主菜の本番に持ってきた。

そしてデザートには「酒饅頭」を持ってくる。

勝負の行方は…

おじさん編集長
おじさん編集長

最後のページの山岡と栗田。

微笑ましい。

80巻3話【山岡の新人教育!?】

政治部の新入社員の堀山。

五月病にかかって会社を辞めたいと言っているが、松川が気分を変えれば何とかなるかもしれないと思って山岡のもとに相談に来る。

最初は冷たくあしらう山岡だったが、子育てをする親としての自分も新米で、新入社員同士力を貸そうと決める。

翌日「ニューギンザデパート」へ取材に向かう山岡夫妻と堀山。

だが堀山はどんな食材を見ても殆ど反応がない。

そこで栗田は堀山に好きな食べ物を聞いてみる。

クレープが好きだという堀山に、山岡はクレープを使って堀山の感性を目覚めさせてやると言って…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 80巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

人生の教訓もあるエピソード。

エピソード料理:クレープ

80巻4話【驚きの日本味!】

おかしな日本語を喋るアーサーが山岡を訪ねて「東西新聞社」にやってくる。

自分の出世のために、美味しい日本料理店を教えてほしいという。

山岡は、アメリカ人に喜ばれる料理は、すき焼き・天ぷら・焼き鳥。

特に焼き鳥がオススメだと言って日本料理店を教える。

だが後日、アーサーは涙目で山岡のもとにやってくる。

接待相手のラザーは、かつて日本に駐在していて日本の食文化に非常に詳しかった。

何も知らない西洋人相手には、焼き鳥のような分かりやすい日本料理を紹介しておけばいいという、安易な考え方が気に食わないとラザーに言われるアーサー。

そこで山岡と栗田は、改めてラザーを食事に招待するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

初期の【美味しんぼ】っぽいエピソード。

エピソード料理:鰻の串焼き

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

「日本全県味めぐり」の性質上、仕方がないことだけど「究極のメニュー」と「至高のメニュー」は創作料理ではなく既存の料理になりがち。

初期から中期にかけてあった驚きは少なくなってきている感がある。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

【美味しんぼ】その他の記事

【まとめ記事】美味しんぼ全巻全話レビュー

コメント