漫画【美味しんぼ】13巻 全話レビュー「鯨合戦」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館
この記事は約10分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

そんな人たちに向けて!

今回の記事は漫画【美味しんぼ】13巻 全話レビュー「鯨合戦」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

▼「そんなあなたへ」▼

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 – 
アニメ1988年10月17日 – 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

13巻1話【激闘鯨合戦〈1〉】

鯨料理を食べに来た、山岡・栗田・三谷夫妻。

その店には海原雄山と京極も来ていた。

出された刺身に激高する海原雄山。

それを聞いた三谷は捕鯨の現状を海原に説明するが、間違った説明をして逆に恥をかく。

そんな中、捕鯨反対の団体が店に入ってきて騒ぎを起こしていく。

そして捕鯨反対の団体には板前のジェフも参加していて…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

ジェフ劇場の開始。

次回へ続く。

エピソード料理:鯨の刺身

13巻1話【激闘鯨合戦〈2〉】

前回からの連続エピソード。

捕鯨反対の団体にいたジェフを説得するために、京都にある京極の元を訪ねる山岡・栗田・ジェフ。

そんなジェフに鯨料理を食べさせるが、何の肉かわからないジェフは美味しいと言ってゴキゲンで箸をすすめる。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

そしてクジラを食べたことがわかり絶望と怒りの感情で山岡を責める。

だが山岡はジェフの主張を一つづつ丁寧に論破していく。

・自分達の食文化にないものを野蛮と決めつける行ためこそ野蛮

・西洋人が牛や豚を食べるのを見て、獣肉を食べる習慣のなかった昔の日本人は西洋人を野蛮と言った

・ジェフは昔の日本人が牛や豚の美味さを知らなかっただけと反論

・ならば今の西洋人が鯨を食べる日本人を野蛮というのはおかしい

・鯨は人間の次に賢いから殺すのはおかしいと言うが、その考えは人種偏見や差別と同じ

そして鯨の数は増えていると山岡は語り…

おじさん編集長
おじさん編集長

ジェフ劇場パート2。

次回へ続く。

エピソード料理:鯨の刺身と腸

13巻1話【激闘鯨合戦〈3〉】

前回からの連続エピソード。

東京に戻った山岡・栗田・ジェフ。

ジェフは捕鯨反対の団体に事情を聞きに行くことに。

その間、山岡も鯨の数が減っていないことを示すデータを集める。

後日「東西新聞社」を訪ねてきたジェフ。

ジェフは涙ながらに山岡と栗田に団体の真実を話すが…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

ジェフ劇場最終回。

次回へ続く。

13巻1話【激闘鯨合戦〈4〉】

捕鯨問題は外国との政治問題。

そこで山岡は政治部の松川の知恵を借りて、副総理の角丸に会いに行く。

だが角丸は山岡との面会の前に捕鯨反対の団体・鯨十字軍の副会長・ワットと面会をしていた。

捕鯨について熱く主張する山岡。

しかし角丸だけで収まる問題ではなく、協力は得られなかった。

角丸はその晩、美食倶楽部で食事をするが、昼の山岡との出来事を海原雄山に相談する。

それを聞いた海原雄山は…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

角丸の初登場エピソード→3巻9話【昼メシの効果】

13巻1話【激闘鯨合戦〈5〉】

前回からの連続エピソード。

角丸から文楽に招待された、山岡・栗田・松川。

文楽には鯨十字軍も招待されていた。

舞台は終わり会食の時間。

文楽はこの先、伝統文化として存在できないかもしれないという。

理由を聞くと人形の首の部分に使われている材料は、セミ鯨のヒゲで捕鯨禁止の流れを受けて手に入らなくなるというからだ。

それを聞いた鯨十字軍は態度を180度変える。

セミ鯨を捕鯨しないと存在できない文化なら失くなればいい。

だが角丸はセミ鯨はアメリカが26頭捕っているので、人形に使う材質は20年分は取れると豪語する。

捕鯨を禁止しているアメリカが、より数の少ないセミ鯨を捕鯨している。

その事実が会食場の人間に知られて会場をあとにする鯨十字軍。

してやったりな副総理に喜ぶ山岡と栗田。

しかし文楽と捕鯨を結びつけたのは海原雄山のアイデアだった。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

現実では今も捕鯨禁止が続いている。

鯨の肉。一度食べてみたい。

13巻2話【料理と絵心】

究極のメニュー作りの一環で高級料亭「芝浜」で食事をする、山岡・栗田・谷村・大原社主。

出された料理はとても美味しく満足したが、料亭の2代目・茂原樹一の態度が悪く山岡をがっかりさせる。

樹一の目標は、自身が海原雄山を超える芸術家となり、「芝浜」を美食倶楽部以上の料亭にすること。

後日、樹一から絵の個展の招待状が届いたので、山岡と栗田は個展へ行く。

偉そうに能書きを垂れる樹一に、遂に山岡は我慢ができなくなり喧嘩を売る。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

山岡『この絵を見る限りでは、あんたには材料の良し悪しを見分ける眼力なんかさらさらないからさ。』

そして「芝浜」に絵を持っていき、それを証明してみせると山岡は言うが…

おじさん編集長
おじさん編集長

エピソード料理:オコゼの皮のからあげと身の刺身

13巻3話【柔らかい酢】

京都の祇園祭を見に行った、山岡・栗田・三谷夫妻・スケバン田畑。

お土産に鯖寿司を2本買う山岡だが、電車内で皆に1本食べられてしまう。

鯖寿司は唐山陶人と妻の領子へのお土産だった。

足りなくなった鯖は、領子が新たに作り直すがそれを食べた唐山陶人が入院してしまう。

そして唐山陶人は、自分が入院したのは料理に対する知識と自分への愛情がないからだと領子に言い放つ。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

そして山岡達は、領子の有り難みと愛情を再確認させようと鹿児島まで行くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

唐山陶人の妻は山岡の2,3個下ということが発覚する。

唐山陶人…

エピソード料理:鯖寿司

13巻4話【涼風そうめん】

栗田のお婆ちゃんと食事をする、山岡・栗田・三谷夫人・スケバン田畑。

食事の帰りに占い師をつかまえて、栗田の婚期を占ってもらおうとする栗田のお婆ちゃん。

だが占い師は熱中症で倒れてしまい病院まで付き添う一同。

占い師は日本で五指に入る広告代理店の相談役・大柱永一だった。

大柱は数年前に会社を引退して、その後に心理学にハマり占い師をしているのであった。

いい年してそんな無理をしたら死んでしまうといい、私が夏バテを治すと豪語する栗田のお婆ちゃん。

しかし大柱が元気になったあと、今度は栗田のお婆ちゃんが夏バテで体調を崩し食欲もない。

そこで栗田は山岡にそうめんを作ってもらい…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

そうめん=夏の食べ物ってイメージが強い。

個人的には冬に鍋に入れても美味いと思うが、外食をしてもそうめんは夏にしか出てないことがほとんど。

エピソード料理:そうめん

13巻5話【あわび尽し】

神妙な面持ちの谷村部長。

珍しく山岡と栗田に『ちょっと付き合いたまえ』と声をかける。

「東西新聞社」は発行部数1位を狙って全社で頑張っているが中々結果が出ない。

そのやり玉にあげられて谷村部長は文化部を異動になる。

究極のメニューの後任は小泉局長。

小泉局長と会食をする山岡・栗田だが、谷村部長の異動を取りやめてもらうように説得する。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

聞く耳を持たない小泉局長に対して、山岡はあわび料理のフルコースを食べさせるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

富井と違って谷村の人望の厚さありきのエピソード。

エピソード料理:あわび

13巻6話【にんにくパワー】

野球のナイターを見に来た、山岡・栗田・三谷夫妻。

新人王を獲るなど昨年は成績の良かった長原。

だが今年はイマイチ成績が振るわず、ファウルボールが山岡に直撃してしまう。

試合終了後に山岡のお見舞いに来た長原。

病室では山岡の怪我より長原の不調に話題が集まる。

長原は疲れが溜まっており、疲れを取るためにニンニクを毎日摂取しているという。

それを聞いた山岡は大笑い。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 13 巻 小学館

後日、山岡と栗田は長原を東京・上野の焼肉店に連れて行き…

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡と栗田の仲の良さは同僚のレベルを超えていると思う。

メタ的なことを言うと二人がセットじゃないとストーリーが進まないからだけど。

エピソード料理:にんにく料理

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

表紙の山岡が黒以外のスーツを着ている。

葬式ルック以外のスーツを持っているとは…

それではまた明日。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

【美味しんぼ】その他の記事

【まとめ記事】美味しんぼ全巻全話レビュー

コメント