漫画 大長編ドラえもん VOL.7【のび太と鉄人兵団】感想 ネタバレ有り

SF
出典:藤子・F・不二雄 大長編ドラえもん のび太と鉄人兵団 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【大長編ドラえもん VOL.7のび太と鉄人兵団】

全1巻 作者:藤子・F・不二雄

ジャンル:SF 鏡面世界 ロボット 戦争

『月刊コロコロコミック』で1985年8月号から1986年1月号まで連載されていました。 

-のび太と鉄人兵団の大体-

スネ夫のロボット。のび太のロボット。メカトピアの鉄人兵団の三つ巴のロボット戦争のお話。

ティターンズ、エゥーゴ、アクシズの関係に似ているため、ドラえもん版ゼータガンダムと呼ぶ声もある。

-のび太と鉄人兵団の主な登場人物-

のび太

ザンダクロスのパイロット。猫型ロボットのパイロットでもある。リルルのおねだりにより地球を滅亡させかけた罪の深い男。

ドラえもん

自立型猫型ロボット。ザンダクロスのサブパイロットでもある。ポケットから色々な道具を出す。

しずか

ザンダクロスのサブパイロット。超高層ビルを一瞬で廃墟にした。ミクロスを惚れさせた魔性の女。

スネ夫

ミクロスのパイロット。後にミクロスが自立行動を取るようになるために、パイロットにはならなかった。

ジャイアン

ミクロスのサブパイロット。ミクロスよりも強い。

リルル

鉄人兵団の少女型スパイロボット。

-のび太と鉄人兵団の設定・用語-

・ミクロス

スネ夫のいとこが作ったラジコンロボ。のび太を圧倒するパワーを持つ。空を飛びロケットパンチが撃てる。

・ザンダクロス(ジュド)

北極に落ちていたロボット。ドラえもんが名付け親。

・のび太、ドラえもん、しずかがパイロット。パイロット構成がザンボット3と同じ。

-のび太と鉄人兵団で使用された主なひみつ道具-

・どこでもドア

十光年以内の星と地図がインプットされている所に行ける。

今作はのび太のわがままにイラついたドラえもんがエスケープする為に使われた。

・タケコプター

空を飛べる。時速八十キロで八時間の連続運転で電池があがる。

・かるがる手袋

物を軽々と運べる。

・入りこみ鏡

現実世界とそっくりだけれど誰もいない世界に行ける。

要はマン・イン・ザ・ミラーの世界。パープルヘイズのウイルスすら入ってこれない。

・逆世界入りこみオイル

鏡のように反射する平面にオイルを塗ると、マン・イン・ザ・ミラーの世界に行く事が出来る。

・おざしきつり堀

本来は部屋で釣りを楽しむための道具。今作では「逆世界入りこみオイル」を使用するために使われた。

・サイコントローラー

脳波制御のコントローラー。コントローラーを握って心の中で思うと操作ができる。

・スペアポケット

ドラえもんの腹についている四次元ポケットのスペア。四次元ポケットと同等の性能を持つ。

・糸なし糸電話

紙コップ型の電話。要はスマホである。

・ほんやくコンニャク

食べると言葉や文字が分かるようになる道具。今作ではジュドの脳が会話するために使われた。頭に張り付けられたコンニャクの図はシュールである。

・空気砲

手にはめて空気を打ち出す道具。

ドラえもんが持っている道具の中では比較的殺傷能力が高い。

・金属探知チョーク

チョークで引いた線をロボットが越えるとものすごい音が出る。

・メカ救急箱

時間がかかるが塗るだけで復元するロボット用の薬。

・名称不明

コンピュータの機能を24時間眠らせる飲み薬。

・瞬間接着銃

瞬間接着剤を発射する銃。

・スモールライト

ライトを当てると小さくなる。今作はザンダクロスを小さくするために使われた。

・改良型山びこ山

音だけではなく光や爆風にも反応してこだまを返す。

・たずねびとステッキ

ステッキを地面に立てて手を放すと目当ての人や物の方向に倒れる。的中率は70%。

・ショックガン

サイを一撃で沈める銃。

・ヒラリマント

あらゆるものをヒラリと跳ね返すマント。フェニックスウイングのような道具。

・即席落とし穴

地面に落とし穴を作れる道具。今作では身を隠すために使われた。

-のび太と鉄人兵団の名シーン-

・ザンダクロスの完成シーン。

出典:藤子・F・不二雄 大長編ドラえもん のび太と鉄人兵団

・しずかがリルルを介抱するシーン。そして一度見限ったリルルを再び介抱するシーン。

・やっぱりラストシーン。

-のび太と鉄人兵団の名言集-

ドラえもん『マジだぜ!!』←「学校へ行こうの『だぜ』を思い出した。

ドラえもん『あんなのしょうがないんじゃないの』←ジャイアンとスネ夫に相談しようと提案したのび太に対してのセリフ。ドラえもんの本性が出てて良い。

しずか『時々理屈に合わないことをするのが人間なのよ』

のび太『0点しか取れないのわかっててテストを受ける時の気持ちだよ』←鉄人兵団の総攻撃におびえるスネ夫に対してのセリフ。生命の危機にこの余裕の発言。のび太は大物かもしれない。

出典:藤子・F・不二雄 大長編ドラえもん のび太と鉄人兵団

-おじさん編集長〆の一言-

今作では人類の悲惨な歴史をロボットに置き換えた。

ロボット社会の中で支配する者と支配される者。

貴族ロボットや金持ちロボットが奴隷ロボットを使うようになった。

近代になってロボットは皆平等という考えが広まり奴隷制度が廃止された。

新たな労働力として人間を使うことにした。

ドラえもんをきっかけに人類の歴史に興味を持つ子供もたくさんいるはず。

ありがとう。藤子・F・不二雄先生。

ミクロスのキャラが良い。

大長編の第七作目です。

2011年には映画版のリメイク作品も公開されています。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました