漫画 大長編ドラえもん VOL.4【のび太の海底鬼岩城】感想 ネタバレ有り

SF
出典:藤子・F・不二雄 大長編ドラえもん のび太の海底鬼岩城 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【大長編ドラえもん VOL.4 のび太の海底鬼岩城】

全1巻 作者:藤子・F・不二雄

ジャンル:SF 冒険 キャンプ バミューダトライアングル ムー アトランティス

『月刊コロコロコミック』で1982年8月号から1983年2月号まで連載されていました。

-のび太の海底鬼岩城の大体-

夏休み。キャンプに行く計画を立てたのび太達。

もちろんこのメンバーに出木杉はいない。

山か海。行き先が決まらずドラえもんに相談をしに来た。

ドラえもんは海で泳ぎながら山へ登ろう。両方行けば文句ないだろうと言う。

そんなドラえもんに皆は乗り気じゃなく、ドラえもんは一人で海底に行く事にする。

なんだかんだドラえもんに付いてくるのび太と一緒に海底をロケハンする。

ロケハンを終えたのび太達はしずかちゃんを誘う。

一方スネ夫とジャイアンは、宝を積んだ沈没船が海底に沈んでいると知る。

宝が欲しいスネ夫とジャイアンものび太達と一緒に海底キャンプへ行く事に。

はたしてのび太達は無事に海底キャンプを楽しめるのか。

-のび太の海底鬼岩城の主な登場人物-

のび太

皆とキャンプに行くために夏休みの宿題を三日で終わらせた。

ドラえもん

保護者達に信頼されている様子が描かれた。

しずか

機械すら魅了する魔性の女。

スネ夫

宝の船を探すために巧みな話術を使いジャイアンをそそのかす。

脅迫が失敗したジャイアンに、ドラえもんを怒らせてはまずいとなだめる。

キャンプファイアの状況を利用して、夏の怪談にかけてドラえもんをそそのかそうとするも失敗。

その後ジャイアンとバギーで強行して短い生涯を終えるが生き返る。

ジャイアン

宝の船を探すためにドラえもんを脅迫するも突っぱねられる。

エル

海底人。ジャイアンとスネ夫にテキオー灯を使って助けた。

しずかちゃんに弱い。

大王イカ

全長30メートル位あるイカ。

テントアパートに居たのび太達を襲ってきた。

首相

海底人の首相。のび太達に市民権を与えた。

ポセイドン

復讐の神。首だけおじさん。自動報復システムを積んでいる。

-のび太の海底鬼岩城の設定・用語-

・魔の三角海域(トライアングル)

バミューダ島・フロリダ半島の先・プエルトリコ島を結んだ三角地帯。

ここを通る船や飛行機、千人以上の人が消えている。

・宝の船

ジャイアン達が死にかけた海底付近で見つかる。宝はすでに無かった。

・バトルフィッシュ

のび太を襲った船。

・鬼岩城

魔王軍の基地ではない。アトランティス連邦に残った神殿。

・ムー連邦

太平洋の海底国。アトランティス連邦と戦争をしていた。

・アトランティス連邦

大西洋の海底国。ムー連邦と戦争をしていた。

・鬼角弾

地上でいう核ミサイルの様なもの。

・鉄騎隊

鬼岩城を守っているロボット騎士団。

-のび太の海底鬼岩城で使用された主なひみつ道具-

・水中バギー

性格の悪いコンピュータを搭載したバギー。しずかに惚れている。

・どこでもドア

地図がインプットされていて十光年以内ならどこにでも行けるドア。

・テキオー灯

高熱。極寒。重力の強い星、弱い星。気圧の高い星、低い星。暗黒の惑星。

どこにでも住めるようになる光線を放つ。効果は24時間。

海底の暗さも太陽の下のように明るく見える。

・深海用海草胞子と魚の卵各種つめあわせ

深海に住めるように改良された品種。缶詰に入っている。

・テントアパート

空気を入れて膨らますと家になる。

海底クッキングマシーンで3分待つと食事ができる。食事の素はプランクトン。

・消光電球

付けると周囲が暗くなる。

・水中キャンプファイア

水中で出来るキャンプファイア。

・とりよせバッグ

どこでもドアを取り寄せた。

ほん訳コンニャク

食べると言葉が分かり話せるようになる。文字も読めるようになる。

・水中もうせん

水中に浮かぶレジャーシート。

・スモールライト

ライトを当てたものを小さくできる。

・通りぬけフープ

異空間の穴を作れる。

・カメレオンぼうし

カバーが地面そっくりになり、中が超空間になる。

中で移動すると超空間も進み、合わせてカバーも変形する。垂直には移動できない。

・ジェットモグラ

すごいスピードで地中を掘るモグラ。

・タケコプター

飛ぶことが出来る道具。時速八十キロで八時間の連続運転で電池があがる。

・ショックガン

サイを一撃で沈める銃。

・水圧砲

水中用の空気砲。空気砲にしない所に藤子・F・不二雄先生のこだわりを感じる。

・ヒラリマント

ビームもヒラリと跳ね返すことが出来る。

-のび太の海底鬼岩城の名シーン-

出典:藤子・F・不二雄 大長編ドラえもん のび太の海底鬼岩城

・海底でのトイレの方法を教えるシーン。藤子・F・不二雄先生のリアリティを重視する感が出てて良い。

・囮になるとしずかちゃんが言うシーン。

・囮は危険だからとエル、ジャイアン、のび太が代わるというがスネ夫だけは立候補しないシーン。

・ドラえもんだけがポセイドンの下に着くけれど力尽きるシーン。

・バギーがポセイドンに特攻するシーン。

-のび太の海底鬼岩城の名言集-

のび太『聞かれなくても女の子には教えるのか!いやらしい。』

エル『同じ海底人として僕は恥ずかしい!』

-おじさん編集長〆の一言-

バミューダトライアングルを海底人の国と戦争の設定に活かしている。

この大長編もそうだけれど藤子・F・不二雄先生は、歴史や化学や超常現象に精通していたと思われる節がある。

おじさん編集長が恐竜や宇宙に超常現象に興味を持ったのは、完全に藤子・F・不二雄先生の影響。

ありがとう。藤子・F・不二雄先生。

海底鬼岩城から主要キャラが亡くなったり、感動路線が強まったように思う。

何気にドラえもんパーティーを全滅寸前まで追い込んだ初の大長編ボス。

ドラえもんが保護者からの信頼があると言う前振りからのパーティー全滅の危機という皮肉も良い。

大長編の第四作目です。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました