【こち亀】42巻 全話レビューとおすすめ回「両さんの正論説教」

ギャグ・コメディ
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社
この記事は約12分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【こち亀】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【こち亀】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

ロジカルに相手を説得させたい方。

そんな人たちに向けて!

おじさん編集長による【全話レビュー】と【ベストセレクション】をお届け。

今回の記事は【こち亀】42巻 全話レビューとおすすめ回「両さんの正論説教」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 – 2016年42号
アニメ1996年 – 2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

42巻7話【はつめい博士の巻】

発明研究所の所長と知り合った両さん。

両さん自身もアイデアマンなので気があって、所長の家で発明品を見せてもらう。

・消しゴムで消せる特性のインクを使用した万年筆

・ゴルフボールのようにくぼみをつけたパチンコ玉

以上の商品で特許を取り年間六億円の収益を得ているという。

ヒット商品を生み出せば億万長者と聞いた両さんは、早速発明に取り掛かる。

両さんの発明欲はやはり金。

しかし全ての案が登録済みで愕然とする。

ここで特許について絵本で説明が入る。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

楽して儲かるわけじゃない。労働の真理。

そして未完成品ではあるが博士の発明品を見せてもらう。

・3メートル四方限定の物質テレポートマシン。

・100時間過去に行けるタイムマシーン。

両さんは、テレポートマシンを3メートルなら手で運んだほうが早い。

タイムマシーンも研究不足と切り捨てる。

身近なもので特許を取ることを目的にしている二人は気づいていないが、

人類史上最高の発明品で草

おじさん編集長
おじさん編集長

近所の発明家に触発されて特許に夢中になる両さんの回。

博士も両さんも身近な発明品に囚われすぎ。

視野は広く持たなければいけないという教訓。

評価【★★★★★】

42巻8話【仕事さがし!の巻】

部長が昔は不良だったが更生した男を連れてくる。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

今年の夏から社会人になって更生した男を褒める中川と麗子。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

そんな中川と麗子に一言文句を言う両さん。

両さん『えらいやつってのは始めからワルなんかにならねえの!』

両さん『正直で正しい人間が偉いに決まってるだろ!』

火の玉ストレート。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

両さん『こいつなんかわがままで勉強もしないでやりたい事やってそれがやっと普通のレベルに戻っただけだぞ。』

両さん『ごく普通に戻っただけなのにそれを偉い、立派だと甘やかしているでしょうが!』

両さん『ひねくれるのは自分の勝手なんですから!』

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

正直者がバカを見る。まさにそう。

落ちるやつは落ちる。戻るやつは戻る。自己責任。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

そして労働の対価として報酬を受け取るということを身を以て体験させる両さん。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

そして就職の世話までする両さんだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

悪だった少年が更生して周囲から褒められるが、最初から真面目なヤツの方が偉いに決まっているという、両さんのド正論が載っている有名な回。

評価【★★★★★】

42巻9話【人生は夢のごとく…の巻】

両さんが地主のお婆さんの家にゴミ捨て用の穴掘りを頼まれる。

穴を掘っていたら小判を発掘して念のために「インチョキ堂」へ鑑定に向かう。

鑑定の結果本物だと判明してさらに穴掘りに精を出す。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

小判のためとはいえ穴がでかすぎて草。

ネコババしようとした両さんだが、部長と中川に勘付かれ没収される。

その後地主のお婆さんから小切手をもらい、小切手の価値がわからない両さんに部長たちが説明をする。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

利率の数値に時代を感じる。

【こち亀】の歴史教科書としての一面が垣間見える回でもある。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

例のごとく普通の説明を受け付けない両さんに絵本方式で説明する。

周囲の説得により、部長の言う事を聞く両さん。

しかし寮に金を置きに行く帰り道に…

おじさん編集長
おじさん編集長

本人の金なので本人の好きなように使うのが一番。

とはいえ一度信用した部長を裏切る行為は金以上に信頼を失うという教訓。

以上。42巻の【こち亀】ベストセレクションでした。

【こち亀】ベストセレクションが読みたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

42巻1話【秋の海…の巻】

海に行く約束をしたので本田の家に来た両さん。

本田いわく先週は山に紅葉を見に行く約束をして日時は来週。

気が変わって海に行くことにして予定を早めた両さん。

ぶつくさ文句を言いながらもバイクで海へ向かう本田と両さんだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

最初から最後まで勢いだけで駆け抜けた回。

ある意味【こち亀】っぽいエピソード。

評価【★★★】

42巻2話【恵比須くん!の巻】

派出所に新人警官・恵比須がやってくる。

恵比須は異常とも言える笑い上戸で何を見ても笑ってしまう。

両さんなら何とかなるだろうと指導を命令する部長だが…

おじさん編集長
おじさん編集長

最初から最後まで勢いだけで駆け抜けた回。パート2。

評価【★★★】

42巻3話【下町情緒!?の巻】

「今も残る東京下町派出所」というテレビの取材を受けることになった葛飾署。

東京の下町生まれで案内が得意なものが両さんしか当てはまらないが、全国ネットで警視庁の恥を晒すことになるため却下される。

そこで中川を下町の警官ということにして急遽下町の勉強をさせるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

警察がイメージアップのために嘘を付く方が問題な気がする…

評価【★★★★】

42巻4話【空からコンニチワの巻】

軍事マニアの友人・中田丸の元へ遊びに行った両さん。

中田丸は実際の戦車や戦闘機を所有しており、そんな友人の元へ行った両さんのことが不安で仕方がない中川。

中田丸はレプリカとはいえアパッチを所有しており、試乗させてもらう両さん。

両さんは部長にプラモデルのアパッチを『そんな物バカバカしい』と言われたことを根に持っていたので、実物を見せようと派出所に向かうが…

おじさん編集長
おじさん編集長

最初から最後まで勢いだけで駆け抜けた回。パート3。

評価【★★★】

42巻5話【鉄人レース!!の巻】

賞金一億円のアイアンマンレースに出場する両さん。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 42巻 集英社

部長に苦言を呈されるも必死の嘘くさい説得により出場が許される。

過酷なレースにさすがの両さんも苦戦するが、金が絡んだ両さんは凄まじいパワーを発揮して…

おじさん編集長
おじさん編集長

部長のクズな一面が出た回。

評価【★★★★】

42巻6話【ペンションの朝の巻】

部長と同期の男が脱サラをしてペンションを経営しているというので遊びに行った派出所メンバー。

両さんはギャルと知り合えるとテンションが高めだが、着いた場所はギャルがとても寄り付かない忍者屋敷のようなペンション。

・食事や水は共同生活として自身で用意

両さん『上手いこと言って客をタダ働きさせるな。』

・醤油、味噌、バター、チーズ、ヨーグルト、全て自家製

両さん『ケチだから手作りしているだけじゃねえか。バカバカしい。』

・朝四時に起床してマラソン

両さん『こんなところペンションじゃねえ。ドイツ軍の捕虜収容所だ。』

捕虜収容所ペンションの生活に嫌気が差した両さんは脱走を試みるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

今回は両さんが全面的に正論を言っている。

評価【★★★★】

42巻7話【はつめい博士の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

42巻8話【仕事さがし!の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

42巻9話【人生は夢のごとく…の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

42巻10話【カタカナ人の巻】

金欠の両さん。

中川や麗子に金を借りようとするも断られるが、麗子に日給一万円のアルバイトで雇われる。

翌日。

麗子の家でケーキ作りをする両さん。

ケーキ作りには麗子の友人・知人も参加しており、ひょんなことから両さんの髪型がアレンジされて…

おじさん編集長
おじさん編集長

麗子の東京の家が初披露された回。

広尾のマンションに住んでおり金持ちは金持ちだがまだ現実的な金持ちという描写。

中川は漫画的な金持ちで麗子は現実的な金持ち。

意識してキャラかぶりしないようにしていたのだろうか。

評価【★★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

両さんの正論と部長のクズさが目立つ42巻。

絵本方式で説明する回が2話入っていて個人的にオススメ。

それではまた明日。

漫画【こち亀】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【こち亀】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

その他の【こち亀】の記事

【まとめ記事】こち亀全巻全話レビュー

【両津100%】もしも【こち亀】がラブコメだったら

【こち亀】の名言に学ぶ人生で役立つ思考法358選

【こち亀】ベスト・オブ・ベスト!神回をまとめてみた!

コメント