【こち亀】両津勘吉に学ぶ人生で役立つ事 168巻「部長の就職活動」

人生の糧
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

就職活動を定期的にやっている♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

おじさん編集長が選ぶ【両津勘吉に学ぶ人生で役立つ事】と【こち亀マイベストセレクション】第168巻。

【こち亀】と当シリーズの記事についてはコチラ。

【こち亀】両津勘吉に学ぶ人生で役立つ事

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 - 2016年42号
アニメ1996年から2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

両津勘吉に学ぶ人生で役立つ事

その314。色々考えよう

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

時代は常に流れている。常に自分の頭で考えて流れる方向を決めよう。

ただし思い通りにいかなくても落ち込んだりする必要はない。

人生の大半は自分が思い描いたとおりにはならない。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

168巻3話【難攻不落城の巻】

城の会・千葉支部に所属している大原部長。

城の会で図面を制作した「平成千葉城」

図面だけではなく実物が見たいという城の会一同。

そこで部長に城作りの白羽の矢が立つ。

両さんなら作れるだろうと軽い気持ちで引き受ける部長。

翌日派出所で両さんに相談するも、プラモデルと違い、パーツを一から手作りしないといけないので作れないと断られる。

城の会から予算をもらっている部長は、即断で金を握らせた。

そして部長の城の知識とこだわりを聞いた両さん。

両さんも根が凝り性なので、実物の城が見たいと取材旅行に行く二人。

部長は純粋な気持ちでサービスをしたのだが、両さん的には過剰接待となり腐敗の原因となる。

城作りが地味な作業でモチベーションの落ちる両さん。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

取材という体で「首里城」「五稜郭」に行きたいという。

だが実際には飲んで食って騒ぐだけで、城は絵ハガキを参考することになる。

日本では取材する城がなくなり、これからは材料費という形で部長にたかる両さんだが・・・

評価【★★★★★】

168巻6話【就職サバイバルの巻】

中川の会社で開発された「就職シミュレーション」ゲーム。

大学生から面接を経て、社会人になるまでの体験ができる大人版のキッザニア。

早速プレーする両さん・中川・麗子・部長。

アバターの能力はみんな同じなので、美男美女・金持ち貧乏のハンデが全くない。

だがゲーム内の進行時間は早く、あっという間に就職先がふさがってしまう。

焦る部長は両さんのアドバイスで大学の就職課に向かう。

色々な企業の面接を受ける部長。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

だが変化球の質問に上手く受け答えができずに不合格になる部長。

対して上手く面接が進んでいる両さん達。

苛立つ部長を普通にたしなめる中川。

中川『これはゲームですから思い切り進んでください。』

そしてそれぞれ就職が決まり社会人になる。

だがゲーム内で世界恐慌が起きて中川と麗子がリストラされる。

その時の両さんと部長のアバターは・・・

評価【★★★★★】

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

168巻1話【演歌の逆襲の巻】

若者向けの歌番組、若者向けのバラエティ番組ばかりで、見る番組がないと嘆く部長。

演歌が聞きたいという部長のために、両さんがテレビ局に向かい一肌脱ぐ。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

外国人演歌歌手の曲がヒットしているので、逆輸入的でインパクトがあるとして、ジョディーを演歌歌手としてデビューさせる。

そして中川の会社に協力をしてもらい、テレビのゴールデンタイムの番組を歌謡曲と演歌の番組に変更する。

懐かしのテレビ番組に戻った部長は泣いて歓喜するが・・・

評価【★★★】

168巻2話【最新鉄道模型の巻】

鉄道レイアウトを29万円で購入した両さん。

高額に驚く麗子に熱く鉄道模型を語る。

鉄道模型にまるで興味がない麗子だが、中川の説明だと途端に興味を持って信じだす。

その差別に怒る両さん。

麗子『語り方が怖いのよ』

さらに中川が補足する。

中川『熱く語れば語るほど普通の人はどんどん引いて行きますよ。マニアの悪い癖です。』

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

クールダウンして再び鉄道模型について語る両さん。

だが麗子はスイーツ店の話をしていて聞いていなかった。

またしても怒る両さん。

そしてケータイの小型カメラを搭載したラジコンカーで、鉄道レイアウト内で鬼ごっこを始める。

それを見ていた部長にまたしても両さんはバカにされて・・・

評価【★★★★】

168巻3話【難攻不落城の巻】

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

168巻4話【両さんの浅草ガイドの巻】

レモンが幼稚園の課題で遊園地に行きたいという。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

両さんは下町の遊園地といえば「花やしき」といって、レモンと纏と遊びに行く。

「花やしき」では偶然プラスと遭遇して一緒に回ることに。

絶叫系アトラクションでダウンするプラス。

だがお化け屋敷のような非科学的なものには滅法強く、レモンをエスコートする。

そして自身のゲーム会社のリサーチのために、ゲームコーナーに向かう。

一通り「花やしき」を楽しんだ一同は、天丼屋で食事をする。

そして後日、プラスがプロデュースした「江戸やしき」に招待されて・・・

評価【★★★★】

168巻5話【山手(やまのて)下町東京ガイドの巻】

外国人の東京観光を世界にPRするため、警視庁が協力することになった。

新葛飾署は山手エリアと下町エリア。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

山手エリアは中川・麗子の担当。

下町エリアは両さん・本田の担当。

だが二組はそれぞれ別の観光バスに乗り込んでしまう。

お互いが全く得意ではないエリアに連れてこられ、観光案内も適当になってしまう。

それでもできる限りの案内をした二組だが・・・

評価【★★★★】

168巻6話【就職サバイバルの巻】

ベストセレクション。

168巻7話【対ロボット野球の巻】

中川の会社で開発されたスポーツロボット。

そのロボットチームが両さん率いる荒くれ者チームと対戦する。

3回までは両さんチームの大量リードで試合が進む。

だがロボットチームは3回まではデータ取りに専念していた。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

4回からは220キロ超えの速球を投げるピッチャー。

フライを100%捕球する。

デッドボールもコースを読んで避ける。

手も足も出ない両さんチームだが、持ち前の卑劣さで試合を続けて・・・

評価【★★★】

168巻8話【過去への砂時計の巻】

砂時計作りにハマっている両さん。

カップ麺様、うどん様と複数種類制作する。

そこで両さんは究極の砂時計は砂金で作る砂時計といい、中川に砂金を提供するようお願いする。

一方天国でも公務員の素本(すっぽん)が、天国で採取できる砂金で砂時計を作っていた。

素本の作った砂金砂時計は時を巻き戻すことができる。

だが花山里香に仕事をサボっているところを見つかって、砂時計を窓から放り投げてしまう。

それを下界にいた両さんが拾い悪用を始める。

スピードくじの購入。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

部長の靴に花火を仕掛けるイタズラ。

中川が飲むコーラの中身をしょうゆとソースを足したり、激辛薬を入れたりするイタズラ。

そして天国から素本が砂時計を回収しに来て・・・

評価【★★★★】

168巻9話【歌舞伎の花道の巻】

歌舞伎を署長と見に行って魅力にハマった部長。

歌舞伎について中川と麗子と盛り上がり、両さんも話題に入るが、両さんは落語の話と勘違いをする。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 168巻 集英社

そんな両さんに上から目線でメチャメチャバカにする部長。

何も言い返せなかった両さんは、ゲパルトの指示を受けレモンと歌舞伎を見に行く。

毎月劇場へ通いつめて歌舞伎に詳しくなった両さん。

そしてついに恨みを晴らす日がやってきたが・・・

評価【★★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

168巻も部長のエピソードが豊富。

9話【歌舞伎の花道の巻】ではいつもと立場が変わって、部長から両さんを挑発する展開。

それではまた明日。

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】を読むなら

そんな【こち亀】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

※テキストクリックで商品ページへ。

※画像クリックで商品ページへ。

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

タイトルとURLをコピーしました