【こち亀】124巻 全話レビューとおすすめ回「部長とクリスマスパーティー」

ギャグ・コメディ
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社
この記事は約12分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【こち亀】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【こち亀】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

そんな人たちに向けて!

おじさん編集長による【全話レビュー】と【ベストセレクション】をお届け。

今回の記事は【こち亀】124巻 全話レビューとおすすめ回「部長とクリスマスパーティー」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 – 2016年42号
アニメ1996年 – 2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

124巻2話【チャットで人生勉強!の巻】

どきメモにいまだハマる左近寺に注意をする両さん。

どきメモ中毒の左近寺を救おうとチャットを勧める。

ゲームと違って人との会話だから今度はチャットにハマる左近寺。

そしてチャットで知り合った女性とデートをすることになったと派出所に報告に来る。

不安になる両さんと中川。

ネカマの可能性があるので左近寺を監視しに行く。

待ち合わせ場所に美女が現れる。

騙されていると決めつける両さん。

ドッキリカメラと言い張りカメラを探したり、女性にタレントかモデルだろうと詰め寄る。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

左近寺『あの人はあまりにモテなくて人間不信になっているんだ。』

火の玉ストレート。

童貞を卒業した途端に上から目線になる奴みたいや。

左近寺はどきメモを卒業してデート三昧。

両さんは相手の女性はプロだと言い張り未だ信用していない。

だが世の中は実は甘いのではと極端な発想に陥り、自分もネットを使って美女をゲットしようとする。

そして理想の女性が現れて毎日メールする両さん。

そしてネットショッピングで相手の女性にプレゼンをとする。

だが相手の女性の正体は…

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

おじさん編集長
おじさん編集長

オチに草。

評価【★★★★★】

124巻9話【貴方の値打ち鑑定します!の巻】

派出所にお茶くみ用ロボットが来る。

今までのアンドロイドやサイボーグのようなロボットではなく、ASIMO的なロボット。

お茶を汲む以外に何でもデジタルで数値化するという能力がある。

試しに両さんが食べていたラーメンの味を数値にする。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

総合評価75点。

味だけではなく映画・絵画・芸術・全てを正しい数値で採点できる。

両さんは、味覚や人が採点するスポーツは評価基準がバラバラだから当てにならないという。

その点、このロボットは義理もしがらみもなくスパッと採点するところがいいと気に入る。

そこに派出所メンバーの作った茶碗が届いて採点してもらう。

部長の茶碗より両さんの茶碗の方が点数が高く、納得いかない大原部長。

続けて書道も採点してもらうがこちらも低い点数が出る。

怒った部長はついロボットの頭を叩いてしまう。

ロボットが動かなくなり現場を両さんに目撃される。

慌てて両さんに見てもらうが、どこが壊れたのか分からない。

そして署長がロボットを見に派出所に来る。

その場しのぎでプロテクターを外してロボットのふりをしてごまかすことにする。

両さんに着せようとする部長。

両さん『なんで私がロボットをやるんですか。壊したのはアナタでしょう。』

正論に草。

お茶を組み採点をする部長ロボット。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

換算中の動きが激しくついに疲労で倒れてしまう。

そしてロボット係が戻ってきて…

おじさん編集長
おじさん編集長

部長の都合の悪いシーンを両さんに目撃されて脅される。

【こち亀】の王道中の王道。

評価【★★★★★】

以上。124巻の【こち亀】ベストセレクションでした。

【こち亀】ベストセレクションが読みたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

124巻1話【バカ(リョーツ)が戦車(バトルタンク)でやって来たの巻】

ラジコン戦車を買ってきた両さん。

ラジコン戦車について、少年時代の思い出と共に語るが麗子には全く響かない。

両さん『キャタピラを左右逆回転させての着信地旋回は戦車の最高の美しさだ!』

麗子『回転するキャタピラならブルドーザーも同じじゃない。』

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

砲塔のあるなしで意味合いが全く変わると説明する両さん。

オネエ言葉に草。

9ページに渡りラジコン戦車の歴史を語る。

そして署内にラジコン戦車クラブを作るのだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

熱くなりすぎる両さんと純粋な疑問を投げかける麗子。

中期以降の【こち亀】のテンプレ。

評価【★★★】

124巻2話【チャットで人生勉強!の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

124巻3話【名門!葛飾ソフトボール部!の巻】

葛飾署に卒配された美咲舞(みさきまい)と剣零(つるぎれい)。

二人は纏の後輩で、オリンピックにも出場している有名なソフトボール選手。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

今まで野球部が使っていた部室が明け渡されたが、両さんは納得がいかない。

部室を賭けて、両さんの野球部と纏のソフトボール部で試合をするのであった。

勝負の行方は…

おじさん編集長
おじさん編集長

作中でソフトボール部の二人は、桜稟大学出身で纏の後輩と説明があるが、纏は高卒で警察学校を経て婦警になっている。

纏の年齢は19歳だったので矛盾している。

それとも作中内で時間が経って纏は24歳になったのだろうか。

評価【★★★】

124巻4話【”モノより気持ち!”で交換会!!の巻】

年末の署のプレゼント交換会の幹事になった両さん。

皆のプレゼントをチェックする。

中川…ロレックス

麗子…エルメスのバッグ

寺井…手作り人形

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

両さん『問題は寺井だ!なんだこれは!!』

怒る両さんに、周囲は真心をこめてつくったもので気持ちが大事と諭す。

両さんは反論する。

両さん『交換会は交換に値するものでなければならん!!』

両さん『「気持ち」など「重さ」も「形」も無い!!』

両さん『想いより物質だ!!』

両さん『目に見えん真心だの愛情だのいらんぞ!』

両さん『形で具体化された物を出せ!!』

両さん『かといって手作りの人形やマフラーなどはダメだ!!金目の品物だ!!』

寺井『金目の品もと言われても。いったいどんな品物なんだか…』

両さん『質屋に持っていって…1万円以上の値が尽く品物だよ!』

そして質屋に鑑定を頼んで金額をクリアした物のみを出展することにする。

中川『なんかお金で価値を決めてるみたいで…』

両さん『お中元お歳暮も3千円、5千円とランクがあるだろ!』

両さん『価値は金で決まるものだ!!』

両さん『真心や言葉ですむならばなぜお歳暮でデパートは人が多いんだ!』

両さん『やはり気持ちでなく物質だろ!世の中は!』

そして葛飾署のプレゼント交換会が始まった…

おじさん編集長
おじさん編集長

正論だけどこうやって並べると口に出さないほうが良いことがわかる。

評価【★★★】

124巻5話【Xmas鍋大騒動!の巻】

40m級の樅の木をカナダから取り寄せた中川。

大原部長の家に樅の木を植えてクリスマスパーティーをする。

クリスマスパーティーはケーキと七面鳥が普通だが、鍋を食べたい両さんは部長を抱き込んでクリスマス鍋にする。

ボルボ・ジョディー・早矢から具を調達して始まった鍋パーティー。

だが酒に酔ったボルボが樅の木を切断してしまい部長の家を直撃する。

粉々になった部長の家の柱が十字架になり雪も降る奇跡が起きる。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

両さん『主よ!罪深い大原家に幸あれ!』

おじさん編集長
おじさん編集長

最初から最後まで勢いで押し切ったエピソード。

評価【★★★★】

124巻6話【電極+の初恋!の巻】

超神田寿司で新年を迎えた両さん。

プラスと約束をしていたのでレモンと一緒に待ち合わせ場所に向かう。

レモンに一目惚れしたプラス。

両さんのアドバイスを聞いてレモンに手書きの手紙を渡すことにした。

レモンの部屋に向かうが、慌てたり照れたりするプラス。

両さん『お前初めて人間らしい行動に出たな』

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

手紙を読んだレモンは歌舞伎の鑑賞にプラスを誘う。

そこにゲパルトが現れて両さんにパソコンを直してほしいと話す。

プラス『よければ僕がなおしましょうか?』

ゲパルトがプラスをえらく気に入って、プラスは毎週超神田寿司のホームページを更新しに行く。

両さんはレモンとプラスが結婚したら、自分と親戚になってしまうことを心配するのであった。

おじさん編集長
おじさん編集長

プラスとレモン。

中期以降の【こち亀】で好感の持てるカップリング。

評価【★★★★】

124巻7話【教官ヤークト・パーテル大佐登場!!の巻】

規律の乱れている署内に教育指導教官が来る。

貌丹邑(ばくにゅー)ヤークト・パンテル大佐。

貌丹邑大佐はジョディーの元上官だった。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

ムチを振るい両さんよりも力が強い。

さすがの両さんも最強の軍人には敵わない。

だがボルボから貌丹邑大佐の弱点を聞いた両さんは…

おじさん編集長
おじさん編集長

あまり人気はなかったのか。

その後もあまり登場がなかった大佐。

評価【★★★】

124巻8話【由緒正しき江戸野球!の巻】

部室を賭けてまたも勝負をする両さんと纏。

まともに試合をしてもオリンピック選手を含む纏チームには敵わない。

そこで両さんは江戸野球と称して新ルールで再戦を挑む。

・失点するごとに身につけているものを脱いでいく。

野球券は今では料亭のお座敷遊びだが江戸時代の頃は正式なルールだったと説明する。

気合が入る両さんチーム。

だが攻めるときだけ気合が入り失点も多い。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 124巻 集英社

2点取られた両さんはズボンとパンツを脱いでプレーする。

両さんチームは勝利できるのか…

おじさん編集長
おじさん編集長

久々に炸裂した両さんのセクハラ。

評価【★★★】

124巻9話【貴方の値打ち鑑定します!の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

おもちゃエピソード。

出会い系エピソード。

スポーツエピソード。

恋愛エピソード。

幅広く収録された124巻。

プラスがレモンに惚れたのは意外性があって今後も気になる展開。

それではまた明日。

漫画【こち亀】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【こち亀】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

その他の【こち亀】の記事

【まとめ記事】こち亀全巻全話レビュー

【両津100%】もしも【こち亀】がラブコメだったら

【こち亀】の名言に学ぶ人生で役立つ思考法358選

コメント