【こち亀】107巻 全話レビューとおすすめ回「部長のポケモン」

ギャグ・コメディ
出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社
この記事は約12分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【こち亀】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【こち亀】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

ポケモンは151匹で止まっている方。

そんな人たちに向けて!

おじさん編集長による【全話レビュー】と【ベストセレクション】をお届け。

今回の記事は【こち亀】107巻 全話レビューとおすすめ回「部長のポケモン」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

【こちら葛飾区亀有公園前派出所】ってどんな漫画?

作品情報

作品名こちら葛飾区亀有公園前派出所
作者秋本治
巻数全200巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 歴史
掲載誌週刊少年ジャンプ
連載期間1976年42号 – 2016年42号
アニメ1996年 – 2004年
ドラマ2009年
映画2011年8月6日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長が選ぶベストセレクション

107巻7話【生き様さまざま!?の巻】

両さん・中川・麗子の人生観を描いた回。

両さんの欲深さが中川と麗子により分析される。

『欲』は誰にでも存在するが、普通の人は『理性』『自制心』で抑える事ができる。

だが両さん場合は『欲』が人一倍強いので歯止めが効かない。

両さんにとってのストッパーは『部長』。

中川による両さんの性格分析。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

・普通の人は苦悩して自分の人生の壁を乗り越える

・両さんは『わかっちゃいるけどやめられない』で悩まないで即決する

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

・全て『わかっちゃいるけどやめられない』でスイスイ素通りしてしまう

・『まあいいや』とか『後は野となれ山となれ』とかの言葉の援護射撃が大量にあるから大人になれない

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

中川『今が楽しければそれで良いという刹那的生き方は改めるべきですよ』

中川の分析に怒る両さん。

そこに大原部長が出勤する。

部長の考える人生プラン。

・普通は人生の目標に向かってレールを引いていく

・両さんはぶつかると曲がるおもちゃの車と同じ。方向が全く定まらない

・両さんは楽な方楽な方へと進んでいるだけ

中川が興味深いデータとして、コギャルのアンケートを部長に見せる。

両さんの思考回路とコギャルの思考回路がほぼ同じという結果が出る。

そしていつものように競馬場へ向かう両さんだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

人生の教科書として何度でも読み直したい良回。

評価【★★★★★】

107巻9話【部長のポケモン奮戦記の巻】

部長が孫の大介からポケモン緑のゲームを預かる。

電源の切り方がわからず、電源スイッチをパチパチとイジっていたらセーブデータを全て消失させてしまう。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

大介が140匹集めたポケモンがパアになる。

両さんに大介がグレて不良になるかもしれないと脅されて焦る部長。

部長は両さんに代わりにポケモンを集めてもらおうとするも断られる。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

1万円。2万円。3万円。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

5万円を払うと説得して多少心を動かすも断られる。

両さんが断った理由。

『普段ゲームを舐めているから実体験するいい機会だ』

『5万円もらうより部長がゲームやるほうが面白い』

自力で集めなくてはいけない部長。

早速本屋に向かい攻略本を購入する。

さらに公園や小学校で聞き込みをして92匹まで集める。

その努力に両さんも驚く。

そんな部長に151匹揃った完成版ソフトを見せびらかす嫌味な両さん。

両さんを頼らないと決めた部長は必死にポケモンを集める。

しかし大介にソフトを返却するタイムリミットが来てしまう。

~翌日・派出所~

両さん『完成版のソフトを売っちゃった』

通販で完成版のソフトを売った両さん。手元にソフトはもう無い。

部長が出勤してくる。

廃人のようになった部長は、プライドを捨てて両さんの完成版ソフトを売ってもらう。

部長の心意気に打たれたといい、完成版ソフトを本来は10万円の所を9万9千8百円で売る。

ドヤ顔で残りのポケモンは代わりに捕まえておいたと大介にソフトを渡す部長。

喜ぶ大介がスイッチを入れると…

おじさん編集長
おじさん編集長

部長オチ回。

評価【★★★★★】

以上。107巻の【こち亀】ベストセレクションでした。

【こち亀】ベストセレクションが読みたい!

できたら無料で…

▼「そんなあなたへ」▼

おじさん編集長の各話レビュー

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

107巻1話【G-SHOCK(ジーショック)パニック!!の巻】

派出所でもG-SHOCKが流行っており、本田が限定品をゲットするも婦警に奪われる。

そんな本田を哀れに思い、デザインや色が可愛い商品と交換して無事取り返す両さん。

珍しく良い人の一面を見せる。

寺井からの情報で葛飾署にレアなG-SHOCKがあると聞き、定価の10%アップの値段で買い取る。

買い取ったG-SHOCKは定価の8倍の値段で売りさばく。

それを元手に新しいオリジナルウォッチ・G(ジジイ)-ショックを作成する。

・ベルトに空気を入れる事で血圧の測定

・その他に健康データを入力すると余命がカウントダウンされる

・余命のラスト1年でELライトのガイコツが赤に変わり浮かび上がる

だが全く売れなかった。

そして在庫をG-SHOCKのコピー品・G-SHOOK(ジーショーク)として作り直し海外で売ろうと目論む両さん。

両さん『これを大量にさばかねば在庫をかかえてつぶれてしまうからな』

中川『つぶれた方がいいと思いますよ』

おじさん編集長
おじさん編集長

G-SHOCKの回。

ちなみにG-SHOCKマニアの事をジーショッカーと呼んでいた。

ググっても出てこないので【こち亀】オリジナルの呼び名だろうか。

評価【★★★】

107巻2話【CDモンスター!!の巻】

【モンスターファーム】で遊ぶ、両さん・中川・本田。

電極プラスから、モンスターファームの様な試作品のゲームが送られてきてモニターを頼まれる。

モンスターファームと違ってCDモンスターの合成機能がある。

両さんは洋楽とアニソンをかけ合わせたモンスターを生み出す。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

フュージョンに失敗したようなガリガリの外見で、対戦前からふらついており不戦敗してしまう。

色々なジャンルのCDを試す内に法則が分かってくる。

演歌と軍歌の組み合わせが最も強い。

だが中川と本田も負けじと強いモンスターを生み出してくる。

後日、色々なCDを組み合わせた結果、演歌32%・軍歌68%のバランスが最強モンスターを生み出す法則と発見した両さん。

さらにDVDからも映像を取り込む両さんだが…

おじさん編集長
おじさん編集長

バーコードバトラーにモンスターファーム。

昔はゲーム以外の付属品を利用するゲームがあった。

最近もマップを利用したりとゲームは進化している。

未来のゲームが楽しみだ。

評価【★★★★】

107巻3話【郷愁の螢小夜曲(ノスタルジックホタルセレナーデ)の巻】

早乙女リカの故郷に遊びに行く、両さん・中川・麗子。

ケータイ、PHS、ポケベル。

全ての電子機器の電波が届かないくらいの田舎。

馬券を買いたい両さんだが、さすがの田舎っぷりに諦める。

夜、皆でホタルを鑑賞しに行くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

名無しのキャラだった早乙女が主役。

早乙女のルーツがわかるファン必見の回。

ちなみに麗子の髪型が変わっておりツインテールが可愛い。

評価【★★★★】

107巻4話【螢里鉄道の夜の巻】

前回からの連続エピソード。

早乙女の故郷で過ごす、両さん、中川、麗子。

忍者合宿でボルボの祖父とボルボもこの地を訪れていた。

廃線になったトンネル内で肝試しを楽しむ一行。

早乙女の祖母の汽車が走っていた思い出を聞いて、両さんは何かを思いつくが…

おじさん編集長
おじさん編集長

小金丸やボルボが出演する必要性を感じなかった…

評価【★★★】

107巻5話【中川くんと2ショットの巻】

夏休みに田舎に帰省した時の写真を現像した早乙女。

他の婦警に中川と写っている写真を見られ関係を疑われる。

本当は両さん・中川・麗子と行ったのだが、両さんが写った写真を隠している内に、早乙女と中川の二人きりで行った事になってしまう。

そこで両さんが現れて、旅行に行った事を口止めをする早乙女。

弱みを握った両さんは、金を借りたり仕事で無理を言ったりとハラスメント行為をする。

困った早乙女は、この件を中川に相談する。

中川は両さんとの付き合いも長く性格も把握している。

早乙女からネガと写真を預かり、両さんが写っている部分だけを消去する。

弱みが無くなった早乙女はいつもの調子に戻り、両さんを袋叩きにする。

出典:秋本治 こちら葛飾区亀有公園前派出所 107巻 集英社

催涙スプレー・スタンガン・ブラシ・消化器。

恐ろしい4弾コンボ。

おじさん編集長
おじさん編集長

早乙女メイン回の3連チャン。

評価【★★★★】

107巻6話【大混戦「こち亀」ゲームの巻】

中川がPUFFYの亜美ちゃんとデート後に派出所に出勤する。

23時間で世界一周のデートを楽しんできた。

羨ましがる両さん。

そこにバンダイの太田が、本当に発売された【こち亀】のゲームを持って両さんを訪ねてくる。

両さんフィギュアや麗子フィギュアの厳しい要望を出しつつ、太田は話を一旦持ち替える。

せっかくなのでセガサターンの「中川ランド大レース!の巻」を両さん・麗子・中川・本田・麻里愛・ボルボでプレーする。

ボードゲームタイプのいわゆる人生ゲーム。

中川の父や星逃田もキャラクターとして出演していている。

それぞれのキャラクターの特徴を捉えており中々楽しそうなゲーム。

そこで両さんは、PUFFYと中川と自分がダブルデートをするゲームを作ろうと持ちかける。

嫌がる中川をよそに強引にゲームを発売するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

小室哲哉さんに続いてPUFFYの亜美ちゃんが出てくる。

この頃の【こち亀】はバブリーだ。

評価【★★★】

107巻7話【生き様さまざま!?の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

107巻8話【氷上の熱血バトル!!の巻】

ジョディーの兄貴はアイスホッケーのプロ選手。

ジョディーに招待されて、試合を見に行く派出所メンバーと早乙女含む婦警達。

両さんは試合を見てチームに穴があるといい、急遽ジョディーの兄貴のチームと対戦する。

プロを相手に一歩も引かない両さん。監督にプレーを気に入られてプロにスカウトされるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

珍しく成功者として終わる両さんのエピソード。

評価【★★】

107巻9話【部長のポケモン奮戦記の巻】

おじさん編集長
おじさん編集長

ベストセレクション。

評価【★★★★★】

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

早乙女のメイン回が3話も収録されている107巻。

早乙女ファン必見。

部長が若者文化に触れてポケモンをやる回も必見。

完全にゲーム素人の部長が孫への責任と両さんへの反骨心で努力するのが見所。

それではまた明日。

漫画【こち亀】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【こち亀】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

その他の【こち亀】の記事

【まとめ記事】こち亀全巻全話レビュー

【両津100%】もしも【こち亀】がラブコメだったら

【こち亀】の名言に学ぶ人生で役立つ思考法358選

【こち亀】ベスト・オブ・ベスト!神回をまとめてみた!

コメント