鳥山明 漫画【カジカ】感想

バトル・アクション
出典:鳥山明 カジカ 1巻中表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【カジカ】

全1巻 作者:鳥山明

ジャンル:バトル・アクション 冒険 竜

『 週刊少年ジャンプ』で 1998年32号から44号まで連載されていました。

-カジカの大体-

村の悪ガキだったカジカ。

カジカは意味もなくキツネを殺し、その代償に呪われてしまった。

キツネ人間にされたカジカは村を追い出されてしまう。

カジカの呪いを解くには、どんな生き物でもいいから1000の命を救うこと。

それから5年・・・990の命を救ってきたカジカ。

呪いが解けるまであと10の命。

果たしてカジカの呪いは解けるのか。

-カジカの主な登場人物-

カジカ

主人公。呪いでキツネ人間にされる。悟空的キャラ。

ギギ

カジカに殺されたキツネの魂。カジカをしつけて正しい道を教えた。オタマジャクシの様な外見。

ハヤ

竜のタマゴを盗んだプロのドロボー。ブルマ的キャラ。

イサザ

世界一の仕事屋で殺し屋。飛行機を所有している。

ドンコ

小デブ。足がめっちゃ速い。飛行機が大好きで修理も出来る。

ギバチ

ギャングのボス。若干オネエ。

-カジカの設定-

キツネの尻尾に鷲風に竜に命の丸薬。

猿の尻尾に気光波にシェンロンに仙豆。

ドラゴンボールの焼き直しです。

-カジカのストーリー-

悪ガキが無闇に生物の命を奪い呪われる。呪いを解くには生き物を救うこと。

ベタな設定で物語冒頭から目標まで残り10の命。

生き物を救う旅の途中で、絶滅したと思われる竜のタマゴの護衛と配送を頼まれる。

-カジカのキャラクター-

カジカとハヤのキャラが悟空とブルマの下位互換のように思います。

特にハヤは序盤と終盤以降ストーリーに絡まず、プロのドロボーの設定が生かせてないように思いました。

-カジカの絵-

絵がドラゴンボール時と比べて、線が丸くなりややデフォルメ感があります。

ドラゴンボールやクロノトリガーの時の様な絵柄ではありません。

出典:鳥山明 カジカ 1巻

-おじさん編集長〆の一言-

短期連載という事もあり、仕方がない部分もあるのはわかりますが、カワ族の絶滅理由があっさりしていたり、飛行機や鉄砲が貴重な理由が特に語られず、イマイチ世界観に入り込めませんでした。

またキャラクターに技にアイテムにドラゴンボールの焼き直しなのもマイナスポイント。

鳥山先生最大の魅力ともいえる画力も、線の丸さやデフォルメ部分が気になりこれもマイナスポイント。

ただコマ割りや構図は非常に優れておりプラスポイントです。

鳥山先生は緩いコメディを描きたいのだけれど、世間はドラゴンボールの様なバトル作品を望んでいてそのギャップがもろに出たような印象の作品です。

近年はドラゴンボール映画の脚本やドラゴンボール超の原作をされていますが、この頃すでにストーリー作りのまずさの片鱗が出ていたのかもと思う出来です。

ドラゴンボール超が好きな方は大丈夫です。

ぜひご一読ください。

鳥山明先生の他の作品の感想はコチラ。

【まとめ記事】鳥山明の漫画

コメント

タイトルとURLをコピーしました