山田胡瓜 漫画【AIの遺電子(あいのいでんし)】感想 ネタバレ有り

SF
出典:山田胡瓜 AIの遺電子 8巻表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【AIの遺電子(あいのいでんし)】

全8巻 作者:山田胡瓜

ジャンル:SF 医療 近未来 クマ

『週刊少年チャンピオン』で 2015年49号から2017年39号まで連載されていました。

-AIの遺電子(あいのいでんし)の大体-

須堂 光(すどう ひかる)はヒューマノイド専門の医者。

須藤医院ではヒューマノイドで看護師の樋口 リサ(ひぐち リサ)、医療用AIのジェイと共に診察、診療をしている。

ヒューマノイドとは、人間と同じ知性、感情を持った存在。国民の1割がヒューマノイドとの事。

ヒューマノイドは人間と同じように様々な悩みを抱えている。

人間の様に一流の落語家になりたい。

人間の様に記憶を忘れたい。

人間の様に練習を積んで短距離走のタイムを伸ばしたい。

この他にも諸々様々な患者がいるのだけれど、人としての倫理観を持ちつつ治療を施していく。

また正規の治療とは別に秘密裏の治療も行っている。

秘密裏の治療時の須藤の名前はモッガディート。

第1話では脳のバックアップをとったヒューマノイドとのお話。

ヒューマノイドは脳のバックアップを取ることを禁じられている。

自分の脳であってもだ。

中東ではあるヒューマノイドの人格が、何度もコピーされ、売買され、何度も消され、何度も犯罪に加担している。

須藤は人格のコピーに強い嫌悪感を抱いている。

なぜならば須藤の母親はヒューマノイドであり、自分の人格をコピーして売ってしまったため。

秘密裏の治療を受けるのも、母親のコピーの情報を得ることが目的だからだ。

果たして須藤は母親の人格に出会うことが出来るのだろうか。

出典:山田胡瓜 AIの遺電子 1巻

-おじさん編集長〆の一言-

近未来の世界が舞台。

人間とヒューマノイドの様々なヒューマンドラマが描かれている。

個人的に大好きなストーリーが、産業AIといわれるペット用ロボットの話。

現代社会でもペットを飼っている人はいるのだけれど、AIの遺電子の世界では会話のできるペットロボットが出てくる。

第3話のペットロボットのクマのポッポのお話。

調子の悪かったポッポは、母親と子供に連れられ須藤医院で診察を受ける。

記憶メモリが壊れていたため、データを救出し復旧してもらう。

息子はポッポが元通りに治りとても喜んでいる。

母親はポッポは直らなくてもよかったという。

そんな母親の気持ちを聞き、息子は母親と口論してしまう。

母親はロボットに感情はないという。息子はポッポには感情があるという。

元々ポッポは、片親の寂しさを少しでも紛らわせようと、母親が息子に買い与えたロボット。

母親が仕事でいない中、ポッポと息子はかけがえのない時間を過ごしていく。

そんな二人に嫉妬してしまう母親の気持ちも分かるけれど・・・

ポッポと息子が母親について会話をしている最中、ポッポに別の記憶がよみがえる。

ポッポ『ユキちゃんは・・・どこ・・・?』

ポッポの様子がおかしいと不安になり須藤の元へ。

ポッポの記憶を再び調べた結果、前回の治療時に古い記憶も一緒に復活させてしまったとの事。

古いデータを消せばポッポは元通りになるという。

息子はどんな選択をしたのか?

結果をぜひ見て頂きたいです。

おじさん編集長が一つ言えることは、とにかくポッポが可愛すぎる。優しすぎる。そして切なすぎる。歩く姿がめっちゃ可愛い。食卓に座る姿がめっちゃ可愛い。

ポッポ欲しい・・・

出典:山田胡瓜 AIの遺電子 1巻

このお話以外にも近い将来、現実社会でも起こりえる問題点がテーマになっています。

また必ずしもハッピーエンドで終わりません。そこにまた切ない余韻が残ります。

感動系ヒューマンドラマが好きな方は非常に楽しめる作品です。

ぜひご一読ください。

コメント

  1. […] 【AIの遺電子】っぽい。 […]

タイトルとURLをコピーしました