吉住渉 漫画【ランダム・ウォーク】感想 ネタバレ有り

恋愛
出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【ランダム・ウォーク】

文庫版全2巻 作者:吉住渉

ジャンル:恋愛 浮気

『りぼん』で2000年7月号から2001年9月号まで連載されていました。

-ランダム・ウォークの大体-

-ランダム・ウォークの主な登場人物-

国友 優架(くにとも ゆか)

主人公。森永(もりなが)高校1年生。将来の目標は「いい女になること」

モテるけれど男運が悪い。

国友 暁充(くにとも あきみつ)

優架の父。まあまあ売れっ子の推理小説作家。

担当編集者と再婚したばっかり。

いつも娘の優架に「いい恋愛していい女になれ」と口癖のように言っている。

浮気されている優架に怒る事もなく、人生経験の糧というクレイジーな親父。

容子(ようこ)

暁充の3番目の結婚相手。優架にとって3番目の母親。

年齢は28歳。雑誌編集者で、暁充の担当編集者。

優架は「容子ママ」と呼んでいる。

根岸 塔子(ねぎし とうこ)

森永高校1年生。優架の友達。優架とは同じ中学の出身。

園芸部。中学2年の時に自身のモテを自覚する。

以後色々な男と付き合う。

千葉 広貴(ちば ひろたか)

森永高校1年生。優架の友達。優架とは同じ中学の出身。通称「ヒロ」。

優架とはお互いの彼氏彼女の相談もできるいい男友達。

優架の初めての男。

石丸 桂(いしまる かつら)

森永高校1年生。優架の友達。バスケット部に所属。

美人で背が高くてスポーツが得意でかっこいー。

少女漫画の主人公っぽい。

志木 遼一郎(しき りょういちろう)

暁充の友人。社会派ミステリー作家。

志木 望(しき のぞむ)

森永高校2年生。優架の先輩。志木遼一郎の息子。

優架を準彼女にする。

司(つかさ)

森永高校2年生。望の友達。髪の毛がだいぶ危険。

塔子の彼氏。

十和(とうわ)

高校3年生。暁充の2番目の再婚相手の連れ子。

優架にとって元・義理の兄。

暁充にお願いされて優架の家庭教師になった。

瀬田 涼子(せた りょうこ)

柳井(やない)高校の2年生。活字中毒。

道端でぶつかるというベタな出会いをきっかけに、望むと知り合う。

少女漫画の主人公っぽい。

ヒロの彼女

塔子と優架による陰口で泣かされる。

名前すら出てこない色々な意味で哀れな子。

伊東 紗央里(いとう さおり)

森永高校3年生。写真部の優架の先輩。

海斗の彼女。海斗の浮気を容認している。

古谷 海斗(ふるや かいと)

森永高校3年生。プロのモデル。紗央里と中学1年の頃から付き合っている。

優架の事を気に入り付き合い始める。優架の前には5人の女と浮気をしていた。

年に一人のペースなので意外に誠実かもしれない。

筒井 輝(つつい ひかる)

優架の中学時代の恋人。関西弁。

家庭教師の浜中に合格祝いをもらった。

その後祝ってもらえなくなった為、優架によりを戻そうと会いに来る。

寺門 弘(てらかど ひろし)

森永高校の卒業生。F大社会学部の4年生。

森永高校に教育実習生として来る。担当は世界史。

音楽をやっていてパートはドラムス。インド大好き人間。

浜中 亜希子(はまなか あきこ)

森永高校の卒業生。

森永高校に教育実習生として来る。担当は英語。

寺門の高校時代の同級生で付き合っていた。

優架の元カレの輝に合格祝いをあげた。

佐智恵(さちえ)

暁充の2番目の結婚相手。優架にとって2番目の母親。十和の母。

優架が小学6年生の時に暁充と結婚した。

恋人としては良かったが結婚相手には向かず1年で離婚した。

-ランダム・ウォークの名シーン・名言-

こいつ・・・

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

 

こいつ・・・パート2

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

モテる奴の余裕。

ひ、ひ、ひ、ひゃーっ!!

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

まともな一面

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

こいつ・・・パート3

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

ひ、ひ、ひ、ひゃーっ!!パート2

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

こいつ・・・さらっとカッコいい事を・・・

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

いつか言ってみたい・・・

大人の女性・・・ええのぉー!!

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

目が点で可愛い

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

春輝先生・・・

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

一度浮気をしたやつは再び繰り返す説

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

世の女性にはぜひ気を付けてほしい。絶対と言う人間を信じてはいけない・・・

-ランダム・ウォークの恋愛の遍歴-

・優架→広貴。輝。望。海斗。十和。

・塔子→不特定多数。司。

・桂→弘

・涼子→望。

・紗央里→海斗。

おわかりいただけただろうか。

主人公、優架。主人公の親友、塔子。共にビッチ奔放である。

吉住先生くらいのベテランになると王道の少女漫画は描かない。

あえて主人公を共感の出来ない人物に添え邪道を描く。

桂ちゃんや涼子ちゃんのサイドストーリーで少女漫画の王道を描く。

王道の少女漫画に飽きてきた人にオススメの作品。

-おじさん編集長〆の一言-

設定について

【ママレード・ボーイ】で味を占めたのか。

以降の作品では変わった家族構成を使いたがる。

二番煎じだし意外性もないので、吉住先生には別の武器を身に着けてほしい。

あだち充先生の作品の主要キャラは、絶対に死ぬ設定と同じくらいこすってくる。

キャラについて

優架の将来の目標は「いい女になること」

高校入学と同時にマンションで一人暮らし。

この時点で鼻につく設定。優架のビッチ具合がすごすぎる。

色々なタイプの男と付き合える、憧れ女子の代表をやりたかったのかもしれないけれど、中々不快。

第一印象最悪だった分、優架も塔子もトーリーが進むにつれて好感度が上がってくる。

少女漫画にありがちな、可愛いけれど地味と言われている主人公に、複数の男の子が惚れるというストーリーは全く無い。

色々な男と付き合うも、別の女の子に目移りされてふられるという少女漫画にあるまじきストーリー。

りぼんで連載しても良かったのだろうか。

純粋な少女漫画のヒロインとしては桂ちゃんが適任。

桂ちゃんが可愛すぎる。

涼子ちゃんも可愛すぎる。

輝が何のために出てきたか意味不明だった。

優架の2番目の男。関西弁。年上の家庭教師と浮気。別の女と付き合う。その後は優架を再び狙う。

優架の前に付き合ってた子と再び元サヤになる。

・・・かなりクレイジーなキャラだ。

別にストーリーを描いていたが、路線変更した大人の事情だろうか。

最初の伏線を地味に回収しているところがベテランの吉住先生らしさが出てる。

優架の5番目の男。十和が一途すぎて乙女チック。

ランダム・ウォークは登場キャラの性別が逆になっている方が、王道の少女漫画になりそうで興味深い。

君の名は

ランダム・ウォークを語る上でこの男の存在は外せない。

そう。ヒロだ。

印象ないと思うので特別に画像を用意した。

出典:吉住渉 ランダム・ウォーク

ヒロはキャラデザが地味だし、ストーリーにも終盤までほとんど絡んでこない。

しかし終盤で優架の最初の彼氏だったことが発覚。

さらに塔子もヒロの事が好きだったことが発覚。

当時リアルタイムで読んでいて一番びっくりした。

ナチュラルモテ野郎ヒロ。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました