アフロ田中も登場 のりつけ雅春 漫画【オケラのつばさ】感想

ギャグ・コメディ
出典:のりつけ雅春 オケラのつばさ おまけイラスト

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【オケラのつばさ】

全5巻 作者:のりつけ雅春

ジャンル:ギャグ・コメディ 日常 裸 金 友達 貧乏

『ビッグコミックスピリッツ 』で2014年8号 から 2015年31号まで連載されていました。

-オケラのつばさの大体-

イケメンで金持ちの桶川 翼(おけがわ つばさ)。

翼は亡くなった父親からマンション一棟をもらい家賃収入で酒池肉林の生活を過ごしていた。

しかしそんな生活も長くは続かない。

翼はキャバクラの帰りにバイク事故で死の淵へ。

意識が遠のく中、翼に声をかける人物が!

???『・・・生きたいかい?』

翼『当たり前だろ!!』

目が覚めると翼は自宅マンションに戻っていた。

昨日のことは夢だと思っていた翼だったが、体の傷跡、大破したバイクを目にする。

気分を落ち着かせるために翼は○リ○ルを呼ぶのであった。

行為の最中に翼の目の前に現れたのは貧乏神。

貧乏神によると命を助ける代わりに、一生金が使えない契約を交わしたというのだ。

飯が食えない。光熱費が払えない。ケータイやガソリン代が払えない。その他諸々日用品が買えない。

果たして翼は金を使うことなく生きていけるのだろうか?

出典:のりつけ雅春 オケラのつばさ 4巻

-おじさん編集長〆の一言-

序盤は翼と貧乏神を中心にストーリーが進んでいく。

貧乏神の悪気のない案に振り回される翼に笑いが止まらない。

固定メンバーが増えてきたところで日常パートが始まるのだけれど、【アフロ田中】感の笑いのバランス感覚はさすがの一言。

また回を追うごとに翼の人間性が良くなるのも好印象。

お金の便利さと怖さ。友達の大切さ。

オケラのつばさを読むと心に沁みます。

また最終巻では田中も登場しアフロ田中と同じ世界観である事が発覚。

【さすらいアフロ田中】のその後のチョイ話もあり田中ファンにもオススメです。

最後は駆け足気味だったけどテンポよく読める良作です。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました