漫画【美味しんぼ】70巻 全話レビュー「富井のスコッチウイスキー」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 70巻 小学館
この記事は約10分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

【美味しんぼ】やはり初期のエピソードの方が好きという方。

そんな人たちに向けて!

今回の記事は漫画【美味しんぼ】70巻 全話レビュー「富井のスコッチウイスキー」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

▼「そんなあなたへ」▼

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 – 
アニメ1988年10月17日 – 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 70巻 小学館

70巻1話【ごほうびの香り】

海原雄山の個展が三年ぶりに開かれる。

現場の監督はおチヨが任されて張り切るも、個展一週間前におチヨは足を骨折してしまう。

そこで栗田がおチヨの代打を務めることになる。

個展を成功させようと連日大忙しの栗田。

個展当日、遂に栗田は過労で倒れてしまい…

おじさん編集長
おじさん編集長

海原雄山の個展の準備も、栗田が過労で倒れた後も、今回は蚊帳の外だった山岡。

エピソード料理:ウサギ汁

70巻2話【新聞記者とトウモロコシ】

「日本全県味めぐり」の件について、小泉局長に詰め寄られる山岡達。

どの県から始めるかすら決まっていない。

そんな中、社会部の浜岡に面会に来た木沢に、大事な娘を奪われたと馬乗りになってボコボコにされる山岡。

だが木沢は、浜岡と山岡を聞き間違えていたのであった。

山岡夫妻は事情を聞くために、浜岡を呼び出す。

浜岡は木沢の娘・よう子と結婚をしたいが、木沢の父に許してもらえず、しびれを切らして同棲を始める。

そのことが木沢の父の逆鱗に触れて、今回のことに繋がってしまう。

夜、山岡家に木沢の父が謝罪に来る。

山岡はどうして浜岡との結婚を認めないのか質問すると、木沢はトウモロコシと新聞記者が大嫌いだからだと答える。

木沢の父は、州戦後の食糧難の時代に育っており、食べるものがなく毎晩のように不味いトウモロコシを食べてすっかり嫌いになったという。

そして戦後に旅館を営んでいたが、そこに新聞記者が押しかけて、木沢の旅館のことを良く書いてやったからといいタダ飯を要求してきた。

以上の理由でトウモロコシと新聞記者が大嫌いになった。

それを聞いた山岡は、美味いトウモロコシを食べさせると言って、木沢の父を大分県まで連れて行くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

トウモロコシは全て不味い。

新聞記者は全員ロクな人間ではない。

自身のエピソードから生まれた完全なる偏見。

物事はエピソードではなくエビデンスで判断しよう。

エピソード料理:トウモロコシ

70巻3話【謎の幽霊屋台!?】

女性だけで飲み会をする、栗田、荒川夫人、三谷夫人。

テレビで幽霊屋台の特集をしている。

ラーメンを食べた後、店主がお代わりはどうかと聞いてきて、お腹がいっぱいだからお代わりは要らないと答える。

だが店主は、ラーメンが不味いからお代わりをしてくれないと落胆をして、代金を受け取らずに店じまいをする。

客は屋台と反対方向に歩き始めてほんの数秒、ふと振り返ってみると屋台が綺麗サッパリいなくなっている。

次の曲がり角までは100メートル以上あるので消えるわけがない。

そんな状況から幽霊屋台と呼ばれている。

それを見ていた栗田達は、バカらしいと話しながら店をあとにする。

だがお腹いっぱいになっていない栗田は、二人を締めの食事に誘う。

ラーメンの屋台を発見した栗田達は、そこでラーメンを注文するも、テレビでやっていた幽霊屋台が現れた通りだと気づく。

恐る恐るラーメンを完食したら、テレビと同じようにお代わりはどうかと聞いてくる店主。

お腹いっぱいだからと断ると、店主は代金を受け取らずに店じまいをする。

栗田達はテレビと同じように数秒歩いてから振り向くと、屋台は綺麗サッパリ消えていた。

その話を聞いた、各亭主達はビビりながらも幽霊屋台を確かめに行くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

コメディ色の強いエピソード。

たまにはこういうエピソードも良い。

エピソード料理:ラーメン

70巻4話【スコッチウイスキーの真価〈1〉】

機嫌の悪い富井副部長。

山岡と婦人達を飲みに誘う。

不機嫌な理由を山岡が尋ねると、富井副部長が大学の後輩の新入社員達と飲みに行ったある出来事がキッカケだという。

一次会が終わった後、後輩達は富井副部長にご馳走しようと洒落たバーに向かう。

そこで後輩達はキープしていたボトルを注文するが、後輩達は金が無いだろうと気を使った富井副部長が国産のウイスキーを奢る。

だが後輩達のキープしていたボトルは、スコッチウイスキー。

スコッチウイスキーは今や国産と値段が変わらず楽しめるが、富井副部長世代にとってスコッチウイスキーは高嶺の花。

それを知らずに国産のウイスキーをおごったこと、スコッチウイスキーの最近の事情を知らなかったこと、それが富井副部長の不機嫌の原因だった。

それを聞いた山岡は、自宅でスコッチウイスキーについて調べだす。

後日、「日本全県味めぐり」の打ち合わせで「東西新聞社」「帝都新聞社」「週刊タイム」が会食をする。

そこで富井副部長が、フランス料理の食前酒にスコッチウイスキーを注文する。

それを「帝都新聞社」の人間にバカにされるが、それをかばったのは海原雄山。

海原雄山は『こんな時に上司に助け舟を出せないのは、ウイスキーのことを何も知らないからだ。』と山岡を責める。

そしてウイスキーのことを知っているというなら、食前酒に向いているウイスキーは何か答えてみろといい…

おじさん編集長
おじさん編集長

富井副部長で始まり富井副部長で終わるエピソード。

エピソード料理:ウイスキー

70巻4話【スコッチウイスキーの真価〈2〉】

前回からの連続エピソード。

食前酒に向いているウイスキーを答えられない山岡。

そんな山岡に畳み掛ける海原雄山。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 70巻 小学館

そしてそんないい加減な山岡に、日本の各地の食文化を正しく伝え残せるとは思えない、むしろ食文化の伝統を台無しにしてしまう、と「日本全県味めぐり」の企画そのものが立ち消えそうになってしまう。

そこで団社長が、山岡を含めてスコッチウイスキーの勉強をするので、もう一度チャンスを与えてほしいという。

海原雄山は全員の顔を立てて了承する。

そして山岡は、スコッチを徹底的に勉強するにはスコットランドに行くしかないといい…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

70巻4話【スコッチウイスキーの真価〈3〉】

前回からの連続エピソード。

スコットランドにウイスキーの勉強に来た、山岡夫妻・荒川夫妻・三谷夫妻・団夫妻・富井副部長・中口・滝川。

スコットランドの案内人は、団社長の知り合いでスコッチウイスキー詳しいヒュー・スコット。

アイラ島でウイスキーを味わって製造過程を勉強する一同。

そして日本人に是非見てほしいと、スコットはある醸造所へ山岡達を連れてきて…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

70巻4話【スコッチウイスキーの真価〈4〉】

前回からの連続エピソード。

スコットはアイラ島一番の老舗が、日本のウイスキー会社に買われてしまったという。

スコッチウイスキーはスコットランドの大事な文化だから、日本の会社にはスコットランドの文化を大事にしてもらいたいと話す。

そして一同は、ウイスキーを熟成させる樽修繕場に向かう。

モルト作り、蒸留、そして樽での貯蔵。

スコットランドのウイスキー作りの手のかかりように驚く一同。

そしていよいよ、ブレンデッドウイスキー作りの名人と会うことになり…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

エピソード料理:

70巻4話【スコッチウイスキーの真価〈5〉】

前回からの連続エピソード。

レンデッドウイスキー作りの名人・リチャード・バタソンのラボラトリーに来た一同。

様々なウイスキーをブレンドしてもらい試飲する。

そしてウイスキーの正しい飲み方は、常温の水でウイスキーと水を一対一で割り、口に含んだらウイスキーを噛むことと教わる。

その後、山岡はグラスゴー大学に向かい、日本のウイスキー産業の父とも呼べる竹鶴政孝について語り…

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

70巻4話【スコッチウイスキーの真価〈6〉】

前回からの連続エピソード。

日本に帰国した一同。

食前酒にふさわしいウイスキーを発表する。

8本用意したウイスキー。

果たして食前酒にふさわしいウイスキーとは…

おじさん編集長
おじさん編集長

全6回に渡る長編エピソード。

ウイスキー好きには良い回だったんじゃないだろうか。

エピソード料理:ウイスキー

70巻5話【恋のお好み焼き】

縁談が上手くいかなかったという栗田の友人・佐村すわ子。

女性に縁がない山岡の友人・畑山。

そんな畑山を励まそうと、自宅で美味いものをご馳走する約束をする山岡。

一方、栗田も佐村を自宅に招いており、4人で過ごすことに。

そんな中、山岡は夫妻は政治部の松川と約束をしており、松川の住んでいる団地へ向かう。

団地では、年に一度親睦を深めるために秋祭りを開催するが、人気の催し物は屋台だという。

去年はお好み焼きの屋台をやって売上が一番良かったが、今年は他の棟もお好み焼きをやるから、売上で負けないお好み焼きを山岡夫妻に考えてほしいという。

土曜日、山岡家に佐村と畑山が遊びに来る。

二人は気があって良い雰囲気になるが、今までの失恋経験から一歩が踏み出せない。

そこで山岡は、お好み焼きの件と畑山達の件を同時に解決しようと、ベナン風のお好み焼きを考案するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

初期の【美味しんぼ】っぽいエピソード。

恋愛編。

エピソード料理:ベナン風のお好み焼き

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

単発エピソード3話は、家族編と恋愛編。

長編エピソードは6話もあり、バランスの良い70巻。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

【美味しんぼ】その他の記事

【まとめ記事】美味しんぼ全巻全話レビュー

コメント