漫画【美味しんぼ】を島耕作的漫画として楽しむ 57巻「チョコレートそうめん」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 57巻 小学館

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

【美味しんぼ】実は島耕作的エピソードの方が好きという方。

そんな人たちに向けて!【美味しんぼを島耕作的漫画として楽しむ】第57巻。

記事の最後には「お気に入りの漫画が無料で読める」無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 - 
アニメ1988年10月17日 - 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

【美味しんぼ】を読むなら!見るなら!

【美味しんぼ】を読みたい!見たい!

そんなあなたにオススメする「電子書籍サービス」「動画配信サービス」です。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【美味しんぼ】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!【U-NEXT(ユーネクスト)】

【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

そんな【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料トライアル実施中!

アニメ・ドラマ等の動画だけではなく電子書籍も楽しめるオススメの動画配信サービスです。

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 57巻 小学館

57巻1話【30年目のおせち料理】

1月1日。

栗田は今年は赤ちゃんがほしいという。

そして山岡を父親として教育をして、海原雄山の偉大さをわかってもらい仲直りするという目標を立てる。

そんな中、大原社主の妻から電話があり大原社主が寝込んだという。

慌てて大原邸に向かう山岡夫妻。

台所を見せてもらうと、台風が来たかのように料理がグッチャグチャになっている。

大原社主の孫たちが飼っているペットを連れてきたのだが、そのペットが暴れまわっておせち料理をダメにしてしまったという。

大原社主の旧友が30年ぶりにブラジルからやってくるのに、何ももてなす料理がないことに絶望して寝込んでしまった。

そこで山岡はあらゆるツテを使って、料理を再び揃えるが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

珍しく小泉局長が役に立ったエピソード。

エピソード料理:キンメダイの鍋

57巻2話【対決再開!】

山岡夫妻の結婚式依頼、休止になっていた「究極のメニュー」と「至高のメニュー」の対決。

今日は対決再開のための会議を開き、関係者一同が集まっていた。

今までは「週刊タイム」の雑誌上だけの対決だったのが、第三者のテレビ局「大東テレビ」で放映することが決まる。

だが海原雄山は、「究極のメニュー」の担当者の二人が金上との争いで馬脚を現し始めたことを理由に、対決再開を取りやめたいという。

対決再開の条件として海原雄山は、「究極のメニュー」の担当者の能力をもう一度皆に見せることを上げるが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

結婚式以降「究極のメニュー」と「至高のメニュー」の対決がなかった。

10巻に渡り対決がなかったのも、第二期【美味しんぼ】の異色部分か。

エピソード料理:みかん

57巻3話【イカスミの愛情】

冬休み、スキー旅行を楽しんだ山岡夫妻・三谷夫人・荒川夫人。

帰りの車内で席がひとり離れる山岡。

隣りに座っていた女性・たき子と賭けをしてトランプゲームをする山岡。

東京につくまでの間、負けに負けて賭けの肩代わりとして、山岡家の居候を認めることになる。

たき子は今年の3月に高校を卒業予定だが、奇術師である母の弟子になろうと東京まで一人上京してきた。

だが母とは手紙や電話で連絡を取ろうとするも全く相手にされない。

それならばと直接会って説得しようとするたき子。

乗りかかった船なので、山岡夫妻も八笑師匠とのコネを使って何とか連絡が取れるように協力するが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

初期の【美味しんぼ】っぽいエピソード。

エピソード料理:サギグスイ

57巻4話【コンニャク文化】

山岡の同期入社の木沢がニューヨーク勤務から日本に帰ってきた。

だが木沢はすっかりニューヨークかぶれになっていて、再びニューヨークで勤務できるように上層部に働きかけるという。

ニューヨークで勤務を希望する理由の一つに、結婚したい女性がニューヨーク在住だからだ。

その女性はさち子という名前で、父が日本人、母がアメリカ人のアメリカ育ち。

さち子の父は亡くなっているが、生前父から聞いた日本の文化に憧れを持っている。

そして父がいつも言っていた「コンニャクの刺身」が食べたいと言って木沢は困っている。

木沢はコンニャクの刺身が不味くて、実際に食べたら父との思い出が壊れてしまうのではないかと嘆いている。

そこで木沢は「究極のメニュー」担当者の山岡夫妻に協力してもらうが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

初期の【美味しんぼ】っぽいエピソード。

エピソード料理:コンニャクの刺身

57巻5話【新聞戦争〈1〉】

「帝都新聞社」の秀沢編集局長が話したいことがあると言って、小泉局長・谷村編集局次長・富井副部長・山岡夫妻が集まる。

「帝都新聞社」は販売店の人間を招待してゴルフ大会を開いたが、そのゴルフ場で金上に会う。

そこで帝都新聞の嶺山社長は「東西新聞社」の大原社主が嶺山社長を日本新聞会から追放するつもりと、大原社主の悪口を吹き込む。

その場は金上の話を真に受けなかったが、別日に事件が起きる。

日本新聞連盟の会合で、最後に嶺山社長の挨拶で締める予定だったのだが、挨拶の最中に「シャンパン・フロート」が運ばれてくる。

食い意地の張った大原社主は、早速手を付けようとするが、挨拶が終わった後に乾杯をするために、手を付けないでほしいと司会に釘を差される。

嶺山社長の長話の間にどんどん溶けるシャーベット。

大騒ぎする大原社主に、遂に嶺山社長が我慢の限界を迎える。

偶然にもその口喧嘩で、大原社主が嶺山社長を連盟から追放してやると発言してしまい、嶺山社長は金上の言ってたことは本当のことだと思いこんでしまう。

それを聞いた小泉局長と秀沢局長は、食べ物で二人を説得してみせろと業務命令を発動するが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

久々の金上。

エピソード料理:シャンパン・フロート

57巻5話【新聞戦争〈2〉】

前回からの連続エピソード。

小泉局長の業務命令に頭を悩ます山岡夫妻。

栗田は困った時の海原雄山と「美食倶楽部」に相談に行く。

栗田は「東西新聞社」と「帝都新聞社」が仲違いをすれば、「究極のメニュー」と「至高のメニュー」対決が無くなる。

それは海原雄山も困るだろうと話す。

だが海原雄山は「究極のメニュー」と「至高のメニュー」の対決はあくまでも余興で、「帝都新聞社」が「至高のメニュー」作りを中止したとしても自力で続けるという。

それに対して栗田は、山岡のことはどう考えているのか尋ねる。

「至高のメニュー」との対決時の山岡は、海原雄山との真剣勝負で一番生き生きとしている。

「至高のメニュー」との対決は、海原雄山が山岡に与えた一番素晴らしい贈り物と話す。

海原雄山は『やつとは親子の縁を切っている。やつのことなど知ったことか。』と吐き捨てる。

それを聞いた栗田は怒り海原雄山に暴言を吐く。

・今年は赤ちゃんを作ろうと思っていたが、私はもう赤ちゃんは作らない

・冷酷で思いやりがなくて身勝手でわがままで愛情のひとかけらもない

・そんな海原雄山の性格が隔世遺伝で自分達の子供に現れては大変だから

後日、海原雄山が大原社主に怒りの電話をして「美食倶楽部」に行くことになる。

「帝都新聞社」の連中もいて、山岡夫妻も同行することになるが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

栗田の悪いところが濃縮されたエピソード。

57巻5話【新聞戦争〈3〉】

前回からの連続エピソード。

嶺山社長と大原社主の子供じみた争いに、怒り呆れる海原雄山。

ゴミのような人間にはゴミのような食事しかないといって、決別の午餐会を終了する。

今さら嶺山社長と大原社主を仲直りさせても手遅れ。

山岡達は「岡星」で口直しをしに行く。

「岡星」で食事を楽しむ一同だが、嶺山社長と大原社主も合流する。

そして二人で話し合って、今回の件は解決の方向へ向かう。

残る問題は海原雄山の件。

責任を感じた栗田は、私に任せてほしいと海原雄山の件を引き受けるが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

栗田の悪女っぷりが明るみになってきたエピソード。

エピソード料理:金柑の煮付け

57巻5話【新聞戦争〈4〉】

前回からの連続エピソード。

栗田はある人物の書いた本に書いてあった「チョコレートそうめん」を食べてもらえば、海原雄山の怒りは解けるかもしれないと考える。

試行錯誤して「チョコレートそうめん」を完成させる山岡夫妻。

そして嶺山社長にお願いをして、海原雄山に「チョコレートそうめん」を食べて貰う機会を作ってもらうが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

やっぱり小物で終わった今回の金上。

エピソード料理:チョコレートそうめん

57巻6話【餃子人生】

社会部の中田の娘が難病で手術のために外国に行くことになる。

手術費用がとてもかかるので、社員たちがカンパをすることに。

山岡夫妻・三谷夫人・荒川夫人は一万円。

谷村局次長は五万円をカンパする中、富井副部長は千円。

額の多寡じゃないとフォローする荒川夫人だが、自分で自分が情けないと落ち込む富井副部長。

5分後、富井副部長が10万円をカンパしに来る。

様子が180度変わった富井に何があったのか確認する山岡達。

どうやら富井は宝くじの一等が当選したようで・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

久々の富井劇場。

今回は被害者もなく一人相撲。

エピソード料理:餃子

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

単発エピソードと連続エピソードがうまく構成された57巻。

山岡家の赤ちゃんのくだりがあり、少しづつ時が進んでいる印象。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

【美味しんぼ】その他の記事はコチラ

漫画【美味しんぼ】山岡士郎に学ぶ煽り文句

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

漫画好きのあなたへ。無料漫画アプリをインストールしよう。

おじさん編集長が選ぶ電子書籍を購入するオススメの書店&アプリです。

お気に入りの漫画が無料で読める。詳細はコチラ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました