漫画【美味しんぼ】山岡士郎に学ぶ煽り文句 37巻『なんだか興奮してきたよ』

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 37巻 小学館

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

そんな人たちに向けて、おじさん編集長が選ぶ【山岡士郎に学ぶ煽り文句】と【美味しんぼ各話レビュー】第37巻。

山岡士郎や海原雄山のような人間に煽られてもスルーできる煽り耐性を身につけよう。

記事の最後には「お気に入りの漫画が無料で読める」無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 - 
アニメ1988年10月17日 - 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 37巻 小学館

37巻1話【努力の和三盆】

自宅に帰る山岡。

ボロビルのエレベーターが壊れており、階段で屋上まで向かうが道中、行き倒れの女性を発見する。

自宅に運び医者を呼んだ山岡。

女性は風邪と疲労の診断が出たが、特に精神的な疲労が大きいとのこと。

ニンニクとワカメのスープを作って食べさせた山岡。

女性はスープを頂いたら失礼すると言うが、出ていくのは元気が出てからにしなよという山岡。

翌日、元気になった女性から事情を聞く山岡。

女性の名前は三枝道子。

東都学園のヴァイオリン科に通っていて、教授の推薦で権威のあるコンクールに出演予定だがそのことについて悩んでいる。

悩みは二つあり、一つは曲の終盤で息切れする体力の無さ。

もう一つは自分の演奏が洗練されておらずアクがあること。

教授は猛練習すればアクは抜けるというが、猛練習する体力が続かない。

三枝は悩み疲れて死のうと思っていたが、死ねずに街をフラフラして山岡の住んでいるビルで座り込んでしまった。

そんな中、荒川夫妻と栗田が山岡の家にアポ無しで遊びに来る。

パジャマ姿の山岡と涙を浮かべた若い女性。

ただ事じゃないと判断した荒川夫人による制裁が始まるが・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 37巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡のギフト「天然女たらし」が発動したエピソード。

エピソード料理:和三盆

37巻2話【激突 アボリジニー料理!!〈前編〉】

副部長から「岡星」が店を閉めていることを聞いた山岡。

そこに「東西新聞社」に岡星の妻の冬美が訪ねてくる。

岡星は料理に対する情熱がなくなったと言っており、仕事をやめて田舎に行こうとしている。

詳しい話を本人から聞こうと岡星家に向かう山岡。

岡星が仕事をやめようとしている理由は二つ。

・グルメブームにより料理を楽しむことが目的ではなくて、テレビや雑誌に乗っている店で料理を食べることが目的のブランド志向の客が増えたこと

・会社の接待で高級食材の料理を目的に来る客が増えたこと

岡星は「食べ物をオシャレなオモチャみたいに思っている人」や「接待のための道具としか思っていない人」のためにせっせと働くのが馬鹿らしくなったという。

後日、究極のメニューと至高のメニューの対決・オーストラリア編の次の舞台の打ち合わせをする。

海原雄山の提案で「ノーザンテリトリー」に決定する。

ノーザンテリトリーには200以上の部族のアボリジニーがいて、そこにこそオーストラリアの「真実の味」があるという。

ノーザンテリトリーでの取材に、岡星に同行してもらうことにした山岡。

純和風料理の岡星と全く違う、アボリジニーの食文化をぶつけてやる気を取り戻させようとする山岡だが・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 37巻 小学館

岡星『う、うむ・・・なんだか興奮してきたよ!』

おじさん編集長
おじさん編集長

角刈り界イチのイケメン・岡星のメインエピソード。

エピソード料理:ガチョウの丸焼き

37巻2話【激突 アボリジニー料理!!〈中編〉】

前回からの連続エピソード。

アボリジニーに付いて取材を重ねる山岡達。

亀・ブッシュアップル・水蛇・魚・山芋。

アボリジニーの料理を食べて、根本的な部分は自分の料理と同じだという岡星。

同意しかねる山岡に

・日本に帰ったらすぐに自分の料理を食べてほしい

・アボリジニーの料理を見て気づきが多くあった

・今までと違った料理を楽しんで頂ける

という岡星。

山岡『ほう・・・岡星さん、店をたたんだんじゃなかったの。』

岡星の根っからの料理人根性を上手く突く山岡。

ホテルに戻ると海原雄山が至高のメニューの打ち合わせをしており・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

37巻2話【激突 アボリジニー料理!!〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

対決前日まで取材をする山岡達。

当日。究極のメニューと至高のメニューの第21弾の対決「ノーザンテリトリー」

まずは至高のメニューの発表。

・ワニ肉のパイ包み

・バラマンディーの蒸し焼き

・蟻のデザート

それぞれテーマが有り、

ワニ肉のパイ包みは、アボリジニーの食材が国際的に受け入れられる価値があるもの

バラマンディーの蒸し焼きは、日本料理とアボリジニーの料理の接点

蟻のデザートは、オーストラリアの大地の恵みとアボリジニーが自然と融和して生きる叡智

続いて究極のメニューの発表。

・大トカゲの串焼き

・エイのレタス巻き

・蜜蟻のデザート

至高のメニューと究極のメニューのデザートが共に蟻。

だが蟻の種類は違い、蜜蟻は岡星が子供の頃に読んだ、手塚治虫作の漫画「タイガー博士の珍旅行」がキッカケ。

漫画の中の主人公は、蟻の国に入り込み大きな蜜蟻に出会い蜜を舐めさせてもらう。

アボリジニーのところに行けば手に入ると知るが、中々発見できない。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 37巻 小学館

諦めかけてたところ、何とか発見する。

「至高のメニュー」「究極のメニュー」共にオーストラリアのアボリジニーの魅力を引き出す。

今回の対決は引き分けではなく「両方勝ち」

そしてアボリジニーを見て、再び料理への情熱を燃やした岡星であった。

おじさん編集長
おじさん編集長

岡星のメインエピソードの最終回。

エピソード料理

至高のメニュー:ワニ肉のパイ包み・バラマンディーの蒸し焼き・蟻のデザート

究極のメニュー:大トカゲの串焼き・エイのレタス巻き・蜜蟻のデザート

37巻3話【猫ふぐ争議】

小泉局長が決闘をするという。

相手は「日西テレビ」の取締役編成局長の岩川。

岩川は小泉の高校時代からの同級生。

何かに付けて張り合ってくるライバル同士。

決闘のキッカケは「全日本美猫コンテスト」で起きた。

岩川の飼い猫が「キング」に選ばれて小泉の飼い猫が「クイーン」に選ばれる。

お互いバチバチの二人は壇上でも挑発を繰り返す。

子供じみた口喧嘩だが、決闘で決着をつけることに。

小泉の行き過ぎた私闘に迷惑を被った山岡は、大原社主に相談をしに行く。

「日西テレビ」の社長を含めた食事会を開いて、二人をたしなめる両社長。

だがそこでもひと悶着が起きて・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

小泉のクズエピソード。

エピソード料理:焼きふぐ

37巻4話【本物志向子供編】

「東西新聞社」の図書室長の奥沢が定年退職をする。

特に文化部は奥沢に世話になったので、山岡と栗田が幹事になって送別会を開く。

奥沢は顧問として社に残る予定だったが、ある出来事がキッカケで社を離れることにしたという。

ある出来事とは、小学生が夜九時を過ぎても歩いていたこと。

学校が終わった夕方から学習塾のはしごをしてその時間になる。

そして塾が終わった後はコンビニで一息つく。

子供達はカップ麺やスナック菓子などのジャンクフードを買って食べる。

そんな小学生の姿を見た奥沢は、子供達を救う夜食を作ってコンビニに卸す仕事を始めるという。

後日、ニューギンザデパートの板山社長に呼ばれた山岡と栗田。

板山社長はデパートだけではなく、スーパーやコンビニも経営しており、コンビニのテコ入れを考えているという。

コンビニで置いてある食材は、どこのコンビニも似たような商品が並び特色がない。

そこで板山社長は、山岡達に何か特色のある商品を考えてほしいと相談する。

山岡達は奥沢を紹介するが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

身体に良いものと良くないもの。

身体に良いもののほうが良いに決まっているが、食べ物の基本は「おいしいこと」

美味くて身体によくないものと不味くて身体に良いものだったら美味い方を選んでしまう。

37巻5話【すすけた宝物】

三谷夫妻の友人・中山夫妻の持ち物を売るために、フリーマーケットの店番を頼まれた山岡と栗田。

だがいつものように揉め事を起こす山岡のせいで、殆どのものが売れ残ってしまう。

そもそも中山夫妻は何故フリーマーケットで物を売るのか。

中山夫妻は百年以上前の古民家をタダ同然で譲ってもらうが、古民家は維持費がものすごくかかる。

夫婦の職業は陶芸家だが、作品は売れず生活が苦しい。

そのため金策に走るが、不況のため万策尽きる。

後日、三谷夫人が中山夫妻から店番のお礼として「いぶりがっこ」をもらう。

「いぶりがっこ」は中山夫妻の手作りで、それを見た山岡は中山夫妻はすごい宝物を持っているかもしれないという。

数日後、中山夫妻の古民家に唐山陶人・京極・茶道の宗匠の古部を連れていく山岡達だが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

大根の幅広さと美味さは異常。

エピソード料理:いぶりがっこ

37巻6話【生きた宝石】

「東西新聞社」の三谷夫人の友人で舞踏家の港かおりが訪ねてくる。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 37巻 小学館

ビルより大きい港かおり。

港はバブルが弾けた影響で、アジアやヨーロッパで開く予定だった公演が中止になったという。

落ち込む港を元気づけるために「岡星」で食事をする一同。

だが「岡星」の料理を食べても気落ちしたままの港。

そこで山岡はホタルイカ漁に港を誘い・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

美味いものを食うと元気が出る。

シンプルすぎて自分でも笑ってしまうが、食べることは生きることの基本的欲求。

落ち込んだときや気分が晴れない時は美味いものを食ってみよう。

エピソード料理:ホタルイカの踊り食い

37巻7話【アルカリ性食品の真実】

疲れが溜まって元気のない富井副部長。

そんな中、富井の同期の富田が文化部にやってくる。

富田は広告部の部長になることを富井に自慢しにやってきた。

疲労が溜まってる中、富田の自慢話で精神的疲労も溜まった富井は倒れてしまう。

そして富井は自分の疲労が溜まっている原因を血液が酸性になっているからだと言い出して、食生活をアルカリ性食品をメインに変更する。

『酸性食品とかアルカリ性食品は迷信』と忠告する山岡だが、それを無視して野菜生活を続ける富井。

だが再び富井は倒れてしまい・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

富井のメインエピソード。

何度もクビになりかけながら出世欲のある富井。

本来なら社にいられないはずの人間なのだから分をわきまえてほしい。

【美味しんぼ】を読むなら!見るなら!

【美味しんぼ】を読みたい!見たい!

そんなあなたにオススメする「電子書籍サービス」「動画配信サービス」です。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【美味しんぼ】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!【U-NEXT(ユーネクスト)】

【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

そんな【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料トライアル実施中!

アニメ・ドラマ等の動画だけではなく電子書籍も楽しめるオススメの動画配信サービスです。

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

岡星ファン必見の37巻。

それではまた明日。

【美味しんぼ】その他の記事はコチラ

漫画【美味しんぼ】山岡士郎に学ぶ煽り文句

漫画好きのあなたへ。無料漫画アプリをインストールしよう。

おじさん編集長が選ぶ電子書籍を購入するオススメの書店&アプリです。

お気に入りの漫画が無料で読める。詳細はコチラ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました