漫画【美味しんぼ】を恋愛漫画として楽しむ 33巻「近城と二木の恋愛同盟」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

【美味しんぼ】実は恋愛エピソードの方が好きという方。

そんな人たちに向けて!【美味しんぼを恋愛漫画として楽しむ】第33巻。

記事の最後には「お気に入りの漫画が無料で読める」無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 - 
アニメ1988年10月17日 - 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

33巻1話【春の息吹】

料理研究家の生田しょう子と唐山陶人の弟子の吉野耕一。

二人はそれぞれの道で成功する前に、一緒に暮らしていた。

当時はお互いの仕事にこだわりがあってしなくても良い衝突を繰り返した結果、別々の道を歩むことになる。

そんな二人の仲を決定づけたのはグリーンアスパラガスを使った料理だった。

山岡は近城に二人の仲をもとに戻してあげたいと相談をする。

だが相談を受けた近城は、他人のことより自分のことはどうなんだ?という。

山岡は海原雄山と母親の関係を見ている内に絶対に結婚しないと思うようになったという。

そんな山岡に近城は、栗田が山岡に惚れていることを伝える。

それを聞いた山岡は、近城の勘違いだという。

近城は、だったら自分と栗田が結婚できるよう力を貸してくれという。

驚く山岡に念を押す近城。

山岡は近城と栗田が結婚できるように協力すると言うが、いまいち歯切れが悪く・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

稀代の鈍感男・山岡。

ついに近城が栗田が山岡に惚れていることを口にする。

エピソード料理:グリーンアスパラガスの料理

33巻2話【塩梅〈前編〉】

前回のエピソードで、近城と栗田が結婚するように協力すると約束した山岡。

さっそく近城と山岡は打ち合わせをする。

・近城・栗田・山岡で近城の知り合いの寿司屋に行く。

・三人で出かける直前に、山岡は友人が交通事故にあったことにして席を外す。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

めちゃくちゃベタな設定だが、翌日打ち合わせどおりにことをすすめる。

だが山岡の嘘を信じた栗田は、友人のお見舞いにと手伝いに病院についていこうとする。

どこの病院かまでは打ち合わせをしていなかったので慌てる山岡。

その山岡の様子を見て近城も慌てふためく。

半ば強引に栗田と近城を寿司屋に行かせた山岡。

一人寂しくバーで酒を飲むが、自分が栗田に惚れていることを自身でも感じ取り動揺する。

近城と栗田が寿司屋でデートを楽しむが、寿司屋に海原雄山が来店してコハダを注文する。

コハダを食べた海原雄山は一言。

海原雄山『失格だな』

近城と栗田の状況が気になる山岡は二人がいる寿司屋に向かい・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

加速する恋愛エピソード。

山岡が自分の気持ちに気付き始めてから面白さが格段にアップする。

33巻2話【塩梅〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

海原雄山にダメ出しを食らった、寿司屋の主人で近城の友達の三橋。

山岡のアドバイスで高知に塩の取材に行くことに。

山岡・栗田・近城・三橋の四人の予定だったが、どこからか嗅ぎつけた二木も一緒に行く。

山岡達は日本で販売されている塩の裏事情を三橋に教える。

真の塩の味を味わった三橋は、取材先から塩を購入して寿司を作り直す。

だがまたもや海原雄山が現れて・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡と近城の行動を怪しむ栗田。

加速する恋愛エピソード。

33巻3話【魅惑の大陸〈前編〉】

「世界味めぐり」オーストラリア編をやることになった、山岡・栗田・近城・二木。

二週間の取材旅行と聞いた三谷夫人と荒川夫人は、日本を遠く離れた外国で男女が何も起こらないはずがないと断言する。

この機会に団社長だけではなく、近城も栗田の相手にいいかもしれないと勝手に話をすすめる三谷夫人達。

そして絶対に山岡士郎だけはダメだと念を押す三谷夫人達。

そこにタイミングよく団社長から電話が来た栗田。

食事の約束をして、オーストラリアへの取材の話を団社長にする。

団社長は海原雄山がオーストラリアで展覧会を開くことを話して、自分の恋路のために海原雄山を利用することを思いつく。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

団社長『なんとかしなくては・・・』

オーストラリアで究極のメニューと至高のメニューの対決を開いたらどうかと、海原雄山に提案するが海原雄山はオーストラリアには至高のメニューに使えるような食材は無いのではないかという。

そこで団社長は、山岡を利用してオーストラリアのカンガルーを使った美味しい料理を作ってもらう。

そのレストランには団社長が海原雄山を呼んでいて・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

栗田『まあ!』

栗田のモテ具合も加速している。

エピソード料理:カンガルーのカントリースタイル

33巻3話【魅惑の大陸〈中編〉】

前回からの連続エピソード。

究極のメニューと至高のメニューの第18弾の対決は「オーストラリア編・ヴィクトリア州」に決定する。

オーストラリアのビクトリア州に到着した「世界味めぐり」メンバー。

各地で取材をはじめて美味しいものを食べてあっという間に夜を迎える。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

ホテルには団社長もいて、近城とバチバチになる。

海原雄山は至高のメニュー作りに早くも動いていると団社長に聞いた山岡。

まだ何も思いつかない山岡だったが、翌日ウサギよけのフェンスを見て何かを思いつくが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

団社長VS近城。

加速する恋愛エピソード。

33巻3話【魅惑の大陸〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

団社長に夕食に招待された「世界味めぐり」メンバー。

そのレストランには海原雄山と帝都新聞の編集局長達も訪れる。

団社長は、海原雄山がこのレストランで食事をしたときに感銘を受けたと言ったのを覚えていて、あえて山岡達をこの店に連れてきた。

山岡達と海原雄山の力量の差は明らかで、海原雄山の手の内を知らせないと究極のメニューと至高のメニューの対決は面白くならないという。

海原雄山は至高のメニューの手の内を知られても全く構わない、むしろこれだけのハンデをもらって負けたらみっともないだけではすまないといいレストランを去る。

二週間の取材旅行を終えた「世界味めぐり」メンバー。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

近城・二木「ニヤリ」

栗田との中が進展しなかった近城は、二木と同盟を組む。

近城は二木と山岡が上手くいくように協力する。

二木は栗田と近城が上手くいくように協力する。

そして対決当日・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

もはや究極のメニューと至高のメニューの対決より、山岡・栗田をめぐる恋愛エピソードのほうが気になる。

エピソード料理

至高のメニュー:サメの切り身

究極のメニュー:ウサギ肉と野菜

33巻4話【包丁のない家庭】

山岡の書いた記事「包丁のない家庭」が悪い意味で大変な反響を呼んでいる。

山岡の記事の要約。

・最近の若い夫婦の家庭では包丁がない家庭が増えている。

・妻が主婦業を嫌がる結果、食事は外食か調理済のものを買って食べるかのどちらかになる。

・家で調理をすることが無くなるので包丁が姿を消す。

・日本の食文化の大いなる危機。

山岡の記事は、女性を家庭に縛り付け、女性に一方的に奉仕させることを意図した、女性軽視の思想が露骨に現れていると大不評。

後日、新聞の読者と討論する座談会を開くことに。

レストランではこの問題について、山岡・栗田・近城・二木が意見を交わす。

食後には近城から山岡へ、栗田と結婚するのに協力する約束はまだ有効だよなと確認される。

あまり気乗りしない返事をする山岡だが、近城は団社長をはねのけなければいけないから、しっかりしてほしいと諭される。

そこで初めて団社長も栗田を狙っていることを知る山岡。

栗田のモテ具合に驚くが、近城は山岡がその気になっても勝ち目はないと挑発する。

二次会に行こうとする一同だが、栗田は両親が留守で祖母が寂しがるという理由で帰宅する。

そして近城は栗田を送り、二木は山岡をジャズに誘う。

翌日、昨夜の行動を探り合う山岡と栗田。

お互い昨夜のその後が気になって探り合うが、言い合いになってしまう。

気を取り直して座談会が始まるが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡が記事を書いていることが発覚したエピソード。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

スケバンにならなかったパラレルワールドの田畑の登場。

33巻5話【驚きの味〈前編〉】

「東西新聞社」の退社時間。

山岡を誘いに二木が文化部にやってくる。

だが山岡は不在で二木はすぐに文化部を去っていく。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 33 巻 小学館

珍しく髪の毛をセットして現れる山岡。

二木まり子とのデート出来合いが入っていると三谷夫人と荒川夫人の怒りを買う。

だが山岡は二木とは約束をしておらず、栗田を晩飯に誘う。

「岡星」に向かった二人だが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡が仕事以外に栗田を誘い始める。

加速する恋愛エピソード。

33巻5話【驚きの味〈後編〉】

京極の食接待を考えている全東自動車の平山社長。

予算制限のない豪華な食事を考えていると言うが、山岡はその考えに待ったをかける。

平山社長は農家の生まれで、今でも土を耕して野菜作りをしているという。

そして平山社長と接待の料理を作る間宮夫妻に「ある本」を渡す。

後日、「岡星」で京極と食事をする山岡と栗田。

京極が平山社長と食事をするのを知っていると話して、食事をする理由も京極の土地目当てだとばらしてしまう。

不順な動機に腹を立てる京極。

平山社長の菜園付きの別荘で京極の接待が始まるが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

京極は土地目当てで食接待をすることに腹を立てていたが、接待とはそういうものではだいであろうか。

【美味しんぼ】を読むなら!見るなら!

【美味しんぼ】を読みたい!見たい!

そんなあなたにオススメする「電子書籍サービス」「動画配信サービス」です。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【美味しんぼ】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!【U-NEXT(ユーネクスト)】

【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

そんな【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料トライアル実施中!

アニメ・ドラマ等の動画だけではなく電子書籍も楽しめるオススメの動画配信サービスです。

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡が栗田を意識し始めた33巻。

もはや恋愛エピソードが気になりすぎて、至高のメニューとの対決は二の次になっている感すらある。

それではまた明日。

【美味しんぼ】その他の記事はコチラ

漫画【美味しんぼ】山岡士郎に学ぶ煽り文句

漫画好きのあなたへ。無料漫画アプリをインストールしよう。

おじさん編集長が選ぶ電子書籍を購入するオススメの書店&アプリです。

お気に入りの漫画が無料で読める。詳細はコチラ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました