漫画【美味しんぼ】を恋愛漫画として楽しむ 25巻「世界一かっこいい角刈り」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

【美味しんぼ】実は恋愛エピソードの方が好きという方。

そんな人たちに向けて!【美味しんぼを恋愛漫画として楽しむ】第25巻。

記事の最後には「お気に入りの漫画が無料で読める」無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 - 
アニメ1988年10月17日 - 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

25巻1話【対決!!スパゲッティ〈前編〉】

二木家の別荘の管理人だった中掘。

中掘の息子・一夫は料理人でスパゲッティ専門店を開くというので、二木の祖父にスパゲッティのアイデアを借りようとする。

それを聞いた二木は、山岡にアドバイスを頼んで一夫のレストランに連れて行く。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

だがレストランには海原雄山が現れてまたしても不穏な空気が流れる。

二木の祖父はスパゲッティのアイデアを海原雄山に頼んでいた。

海原雄山は私の教えを受けるにはそれなりの資格が必要といって、一夫をテストする。

テスト内容はカルボナーラを作ること。

作ったカルボナーラを海原雄山に出すが、海原雄山はひと目見ただけで激高する。

海原雄山『このたわけが』

海原雄山はこんなものは食べるまでもないといって帰ってしまう。

そして山岡も・・・

山岡『雄山の言うとおりだ。これは食べるまでもない。』

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

エピソード料理:カルボナーラ

25巻1話【対決!!スパゲッティ〈中編〉】

前回からの連続エピソード。

一夫のスパゲッティにダメ出しをした海原雄山と山岡。

山岡は一夫のカルボナーラがなぜダメだったかを一緒に作って指摘する。

一夫のカルボナーラは、卵の白身まで使用してさらに火を加えすぎたことによって、麺にザラザラとした炒り卵になったため美味しくなかった。

そして一夫は本腰を入れてスパゲッティの勉強をすると宣言する。

海原雄山より山岡のほうが頼りになるとベタつき始める二木。

それを見た栗田は、海原雄山より山岡のほうが良いメニューを考えられるとは思えないと険悪なムードになる。

後日、二木は次の究極のメニューと至高のメニューの対決を「日本人好みのスパゲッティ」にしたらどうかと提案する。

二木『栗田さんにあんなひどいこと言われたんですもん。山岡さんの実力を発揮して見せなきゃ。』チラッ

そして険悪なムードのまま次回の対決メニューが決定するが・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

25巻1話【対決!!スパゲッティ〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

究極のメニューと至高のメニューの第11弾の対決は「日本人好みのスパゲッティ」

三谷夫人とスケバン田畑に恋の相談をして、究極のメニューの打ち合わせに遅刻する栗田。

山岡・二木・一夫は「日本人好みのスパゲッティ」のアイデアをある程度出していて、あとは試作品を作る段階となっているが、山岡達の考えたメニューに異を唱える栗田。

山岡の考えるメニューは、タラコスパゲッティや納豆スパゲッティと大差ないと言うが、二木は味も内容も違うと猛反論。

どうやら山岡も同じ考えのようで、栗田は今回の対決から手を引く。

栗田を欠いた山岡。

至高のメニューとの対決が来て・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡の相方は栗田だとはっきりとわかったエピソード。

ただあくまでも仕事上のパートナー。

プライベートのパートナーはどちらがふさわしいのか。

エピソード料理

至高のメニュー:ペペロンチーノ・トマトソーススパゲッティ

究極のメニュー:生ウニといくらのスパゲッティ・アワビのスパゲッティ

25巻2話【初もの好き】

鴨猟に来た、山岡・栗田・二木・二木父・前山。

なぜ山岡達が鴨猟に来たかと言うと、ここにいる前山と揉めたのが原因。

前山は美味しいものを食べるのが好きで、二木父のコネで美食倶楽部の会員になろうとするが、海原雄山を怒らせて会員を断られてしまう。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

前山は海原雄山に、鴨猟の解禁日とボジョレー・ヌーボーの解禁日がほとんど同じ日なので、解禁日にボジョレー・ヌーボーを飲みながら鴨鍋を楽しもうと提案する。

それを聞いた山岡も海原雄山がツムジを曲げるのも当然と言い放つ。

自分の発言のどこが悪いとイライラする前山に止めの一言。

山岡『ボジョレー・ヌーボーみたいなものを本気で美味いと思ってる人なら説明するのも難しいと思って。』

そしてボジョレー・ヌーボー解禁日に鴨猟に連れていき、鴨鍋でボジョレー・ヌーボーを飲ませて頂ければわかるといい・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

前回のカルボナーラといい今回のボジョレー・ヌーボーといい、本物を語る時は海原雄山への反抗心を抑える山岡。

エピソード料理:鴨肉・ボジョレー・ヌーボー

25巻3話【スイトン騒動〈前編〉】

究極のメニューの異を唱える老人・大町将吉が東西新聞文化部を訪ねてきた。

大町の主張は以下・

・究極のメニューは贅沢の極み

・大新聞社が先頭に立ってこんなことをしていたら日本は滅びる

・贅沢は日本精神に反する

そんな大町を説得しようと山岡は谷村から軍資金をもらって夜の街に出かける。

究極のメニュー担当として栗田も山岡についていく。

夜も更けてきてお腹の空いた山岡達。

大町の家に招待されてスイトンをご馳走になる。

大町にとってスイトンは、敗戦後の食糧難のときに食べた思い出の料理。

そして妻が病気で若くして亡くなったことを語る。

そんな話を聞いた栗田は、戦後の日本人の暮らしと現代日本の暮らしを記事にするが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

次回へ続く。

エピソード料理:スイトン

25巻3話【スイトン騒動〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

大町の戦後のスイトンの記事を見た南田が東西新聞文化部に乗り込んでくる。

事情を聞くと、南田は岩手の郷土料理屋を営んでおり、戦後の貧しいスイトンの記事のせいでうちのスイトンも貧しい代用食だと思われるから迷惑だという。

そこで山岡達は、南田の店のスイトンを食べに行くことに。

南田のスイトンはダシも具材も豪勢に使用した立派なスイトン。

南田は自分のスイトンを添加無二の味と自慢気に語る。

谷村達はこのスイトンを記事にして、戦後のスイトンと現代のスイトンの比較記事を書こうと提案するが、山岡がまたも余計な一言を放つ。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

山岡『そうは思わないね。天下無二とは言えないよ。』

山岡『他に類がないというほど珍しい物じゃないよ。よく似た物があるもの。』

そして翌日、山岡は山西省の料理を食べに南田を連れて行くが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

個人的にスイトンが好きで冬によく食べる。

おでんの具にするのもオススメ。

エピソード料理:スイトン・刀削麺

25巻4話【画伯とブリ】

板山社長がある新聞記事を見て山岡を訪ねてきた。

ある記事とは相模湾で久しぶりにブリが獲れたこと。

板山社長は小学生のころから大人に混じって働いていたが、大人になっても貧しさから抜け出せなかった。

そんなある日、板山社長は一枚の絵を見る。

それは老若男女、全ての人間が海で働いている絵。

その絵を書いたのは青野茂。

仕事が軌道に乗るにつれて青野の絵を集めた板山社長。

青野とも個人的に仲良くなったが、近年、青野は夫人を亡くし自身も体調を崩して絵を書くことをやめていた。

青野は自身で漁師としても働いたことがあるので、ブリ漁の記事を見た板山社長は、美味しいブリを食べて元気になってもらいたいという。

そこで山岡に美味しいブリ料理を作ってもらうよう依頼するが・・・

おじさん編集長
おじさん編集長

大根の美味さは異常。

エピソード料理:ブリ大根

25巻5話【いわしの心】

山岡のことを気に入っている二木会長。

二木会長は大原社主の元を訪れて、東西新聞社にある仕事をしてもらいたいと言う。

二都グループは赤坂と虎ノ門の間に、50回建ての二都ツインタワーを建設しており、最上階をレストランにする予定だという。

そしてそのレストランのメニューに究極のメニューを出したいと言うので、大原社主は山岡を責任者にして請け負う。

最初は嫌々だった山岡だが、実際の建設現場を見てやる気が湧いてくる。

そして二木会長に会食に誘われる山岡。

会食の場で、東西新聞社を辞めて二都グループに入ってもらいたいと言われて驚く山岡。

一人バーで悩む山岡のもとに、食事を終えた近城と栗田が偶然バーに来店する。

山岡に相談を受けた栗田と近城。

栗田は二都グループに入ることに賛成するが・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

ここにきて山岡をめぐる恋愛エピソードが加速してきた。

エピソード料理:イワシ料理

25巻6話【年越しうどん】

「岡星」で食事をする山岡・栗田・京極。

こんな寒い夜にはピッタリの料理ということで、鍋焼きうどんを頂く。

だがただの鍋焼きうどんではなく、鴨の肉・海老の天ぷら・焼き穴子・松葉ガニの足・スッポンのスープで作られた超豪華な鍋焼きうどん。

そんな中、「岡星」にあわてて良三が入ってくる。

良三はスキー場の旅館で冬美と会ったという。

冬美は岡星の妻で岡星が修行していた料亭で出会った女性。

そして豪華な鍋焼きうどんを考案した女性でもある。

岡星は独立した当初は、中々店は繁盛せず辛い時期が続いていた。

だが以前の店から贔屓にしてくれたお客が来るというので、岡星は張り切って高級な材料を仕入れて最高の料理でもてなそうとした。

だがお客は急病で来られずに予約が急遽キャンセルになる。

落ち込む二人だったが、仕入れた豪華な材料で冬美のリクエストで料理を作ることにする。

冬美は鍋焼きうどんを食べたいといって、岡星は超豪華な鍋焼きうどんを作る。

しかし店にフラリと現れた老人が、超豪華な鍋焼きうどんを食べてしまう。

その老人は企業の社長で食通でも有名な宝木という男性だった。

宝木は岡星の料理の腕を気に入って、色々な人を連れて頻繁に「岡星」に来るようになる。

宝木のおかげで店は繁盛するが、宝木は亡くなってしまう。

宝木のお通夜を手伝いに行った間「岡星」は隣の火事が原因で全焼してしまう。

その翌日、冬見も姿を消して・・・

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 25 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

岡星が既婚者だったことが発覚したエピソード。

岡星は世界一かっこいい角刈り。

エピソード料理:鍋焼きうどん

【美味しんぼ】を読むなら!見るなら!

【美味しんぼ】を読みたい!見たい!

そんなあなたにオススメする「電子書籍サービス」「動画配信サービス」です。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【美味しんぼ】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!【U-NEXT(ユーネクスト)】

【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

そんな【美味しんぼ】をすぐに見る場合は【見放題作品数No.1の動画配信サービス】U-NEXT(ユーネクスト)

31日間無料トライアル実施中!

アニメ・ドラマ等の動画だけではなく電子書籍も楽しめるオススメの動画配信サービスです。

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡・栗田・二木の恋愛エピソードに始まって岡星の恋愛エピソードで締めくくる25巻。

それではまた明日。

【美味しんぼ】その他の記事はコチラ

漫画【美味しんぼ】山岡士郎に学ぶ煽り文句

漫画好きのあなたへ。無料漫画アプリをインストールしよう。

おじさん編集長が選ぶ電子書籍を購入するオススメの書店&アプリです。

お気に入りの漫画が無料で読める。詳細はコチラ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました