漫画【美味しんぼ】16巻 全話レビュー「飯の友」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館
この記事は約10分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

白米大好きという方。

そんな人たちに向けて!

今回の記事は漫画【美味しんぼ】16巻 全話レビュー「飯の友」です。

ちょっと待った!

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしたい!

▼「そんなあなたへ」▼

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 – 
アニメ1988年10月17日 – 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

おじさん編集長の各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

16巻1話【五十年目の味覚〈前編〉】

またしても仕事でやらかして小泉局長に激高される富井副部長。

落ち込んだ富井を励まそうとビアホールに向かう、山岡・栗田・三谷夫人・スケバン田畑・富井。

だがビアホールは混んでいたので、相席をする山岡達。

相席先には金婚式を迎えた坂村夫婦がおり、50年ぶりにビールとウインナーを楽しむという。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

しかし50年ぶりに飲んだビールと食べたウインナーが美味しくなくがっかりする坂村夫。

そこで山岡は夫婦を誘って「ニューギンザデパート」に向かうが…

おじさん編集長
おじさん編集長

50年間も大好きな飲食を絶つスゴさ。

おじさん編集長にとってのコーラとピザみたいなものだろうか。

昨日食べちゃったぜ。

後編に続く。

エピソード料理:ビール・ソーセージ

16巻1話【五十年目の味覚〈後編〉】

「ニューギンザデパート」でビールとソーセージの原材料を確認する山岡達。

現代では当時と違い様々な添加物が加えられているので味が変わっていた。

そこで板山社長は懇意にしている会社に向かい、当時の製法でソーセージを作ってもらうよう頼みに行く。

だが断られてしまったので、山岡の知人のいる仙台に向かう山岡達。

そして最高級の豚肉と当時の製法でソーセージを作る山岡達だが…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

富井のその後と板山社長の知り合いの工場のフォローが無いところが見所。

エピソード料理:ビール・ソーセージ

16巻2話【洋食屋の苦悩】

昼食に「銀洋亭」のカキフライを食べに来た、山岡・栗田・三谷夫人・スケバン田畑・富井副部長。

だがマスターの中里の元気がない。

事情を聞くと天才シェフと評判の室野の記事を読んで落ち込んでいる。

記事には「洋食なんかとくらべないでもらいたい」と書いてあり、一洋食屋の自分と日本料理会のスーパースターを比べてしまっていた。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

そこで山岡達は室野シェフの店に料理を食べに行くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

料理に上下はないと思う。

高級料理も庶民の料理も役割が違うだけの問題。

エピソード料理:カキフライ・生牡蠣

16巻3話【鯛勝負!!】

京極は尊敬する美術史学者の大辻をもてなそうと、山岡と栗田に知恵を借りるために食事に行く。

おでんを楽しむ山岡達だが、偶然にもその店に海原雄山と大辻が訪れる。

丁度いい機会なので大辻に食べたい料理を確認する京極。

大辻は鯛料理が食べたいと言って、山岡と海原雄山が鯛料理を披露することになるが…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

またしても真心を忘れて敗北する山岡。

その後の京極の忠告が見所。

エピソード料理:鯛の広東風姿蒸し・鯛のすり身の揚げ団子おでん

16巻4話【生きている米】

いよいよ結婚することになった荒川とスケバン田畑。

荒川の母は岩手出身で、美味しい米を食べ慣れているので精米機で作ったご飯でもてなそうと考えたスケバン田畑。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

平常心が保てずに緊張しているので山岡・栗田・三谷夫人に同席をお願いする。

だが念入りに炊いたご飯がベッチョリしていて愕然とするスケバン田畑。

しかしスケバン田畑の心遣いが嬉しいと気にせずにご飯を食べる荒川母。

山岡は美味しいご飯をスケバン田畑に炊かせてみせるので、荒川母をもう一度夕飯に招待する。

翌日、ご飯がベチョベチョになった原因を科学的に調べるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

スケバン田畑がいよいよゴールイン。

エピソード料理:ご飯

16巻5話【対決!!野菜編〈前編〉】

至高のメニューとの対決第2弾。

今回は野菜をテーマにキャベツとカブを使用した対決。

前回のように素材で差が出るのを防ぐために、海原雄山が指定した野菜を使うことに。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

究極のメニュー「白子のロールキャベツ

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

至高のメニューキャベツの芯のトマトソースがけ

白子のパワーが大きい究極のメニューと野菜の旨みを最大限引き出した至高のメニュー。

軍配は至高のメニューに上がる。

おじさん編集長
おじさん編集長

毎回同じ内容で敗北する山岡。

同じミスを繰り返すのは三流。

エピソード料理

究極のメニュー:白子のロールキャベツ

至高のメニュー:キャベツの芯のトマトソースがけ

16巻5話【対決!!野菜編〈中編〉】

前回からの連続エピソード。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

至高のメニューのカブ料理はカブのマッシュルームのペースト詰め

その料理を見て食べて山岡は愕然とした表情をみせる。

カブは相性の良い食材と合わせるとより旨味を発揮する。

海原雄山は山岡の表情を見て、至高のメニューに不覚があったとして勝負を後日改めると提案する。

海原雄山は席を立ちその場を離れる。

山岡は究極のメニューとして用意していた「焼鮎の出し汁で煮たカブ」を皆に食べてもらう。

この料理は海原雄山が否定した料理法そのものだった。

敗北感を味わった山岡は「美食倶楽部」に向かい海原雄山に宣戦布告をするが…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

5ページに渡る山岡と海原雄山の言い合いが見所。

エピソード料理

至高のメニュー:カブのマッシュルームのペースト詰め

16巻5話【対決!!野菜編〈後編〉】

「岡星」で食事をする山岡と栗田。

カブ料理について悩んでいるがコレという料理が思いつかない。

岡星の帰り道、荒川とスケバン田畑に会い、荒川の母との食事会に誘われる。

そこで荒川の母の郷土料理を食べて、カブの料理を思いつく山岡。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

「カブの山ぶどう漬けに鬼グルミの剃ったものがけ」

至高のメニューとの対決の結果は…

おじさん編集長
おじさん編集長

荒川に栗田にプロポーズして失敗したのかとからかわれる山岡。

まんざらでもない栗田が見所。

エピソード料理

究極のメニュー:カブの山ぶどう漬けに鬼グルミの剃ったものがけ

16巻6話【飯の友】

カリフォルニア米を食べる会に招待された、山岡・栗田・三谷夫人・スケバン田畑・富井副部長。

その会には角丸副総理も来ていて、角丸副総理のブレーンの経済評論家の大崎が米の輸入自由化について言及する。

米の輸入は経済効率を考えて輸入するべきという大崎に反論する山岡。

後日、ランチタイムで米について語り合う文化部内。

そこで文化部名物食べ物コンテストを開くことに。

今回は「飯の友」自慢会。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 16 巻 小学館

そこで山岡は米の輸入自由化について考えてもらおうと角丸副総理を招待するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

日本の米は美味い。

卵がけご飯と納豆で2合イケる。

エピソード料理:白米のおかず

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

13巻に引き続き葬式ルック以外の山岡が表紙の16巻。

それではまた明日。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!

電子書籍がオススメ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

▼半額クーポンがお得▼

ebookjapanで読む

▼無料で600円分のポイントゲット▼

U-NEXTで読む

▼ポイント最大50%還元▼

まんが王国で読む

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!

動画配信サービスがオススメ!

「定額」「見放題」で楽しめる!

「いつでも」「どこでも」視聴できる!

「無料」の「お試し期間」で解約可能!

▼31日間無料・かんたん登録▼

U-NEXTで視聴する

「紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

【美味しんぼ】その他の記事

【まとめ記事】美味しんぼ全巻全話レビュー

コメント