【美味しんぼ】11巻 全話レビュー「トンカツ」

料理
出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館
この記事は約11分で読めます。

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

【美味しんぼ】を読んだことあるけど一つ一つのエピソードは忘れちまったという方。

【美味しんぼ】の存在は知ってるけど読んだことがないという方。

そんな人たちに向けて!

今回の記事は【美味しんぼ】11巻 全話レビュー「トンカツ」です。

 

ネタバレは嫌だ!無料で試し読みをしたい!

そんなあなたには!

ebookjapan(イーブックジャパン)がおすすめ!

\半額クーポンがお得/

初回ログインの方限定!

最大6回使える【半額クーポン】配布中!

【美味しんぼ】ってどんな漫画?

作品情報

作品名美味しんぼ
作者原作:雁屋哲 作画:花咲アキラ
巻数既刊111巻
ジャンル料理
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載期間1983年20号 – 
アニメ1988年10月17日 – 1992年3月17日
ドラマ1994年-1999年
映画1996年4月13日

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

【美味しんぼ】11巻 各話レビュー

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

11巻1話【真夏の氷】

海でかき氷10杯を注文して腹を壊す富井。

3日間の休養で回復した富井を景気祝に飲みに誘う、山岡・栗田・花村・スケバン田畑。

水の美味いバーで酒を楽しむ山岡達だが、マスターは店を閉めるという。

事情を聞くと「美味い水が手に入らなくるから」

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

そしてとっておきの南極の氷を利用したロックのウイスキーを楽しむ一同だった。

おじさん編集長
おじさん編集長

話の前半と後半で展開が異なる。

そして珍しく解決しなかったエピソード。

エピソード料理「水」

11巻2話【魚の醍醐味〈前編〉】

京極にフグをご馳走になる、山岡・栗田・谷村。

京極は海原雄山の雑誌の記事を見て招待した。

その店には偶然海原雄山も来て、またもピリついた空気となる。

店には他に海原雄山の記事を見た正木夫妻も来る。

「特にフグの白子が絶品なのでぜひ食べてみたい」と店に来るが、あいにくフグが不漁で白子がない。

正木夫妻は4日後には仕事の都合で中東に行ってしまうので、この機会を逃すと白子を食べるのは10年先になる。

事情を聞いた京極は

「正木夫妻は海原雄山の記事を見てこの店に来たのだから、フグの白子に代わる美味いものを食わせるべきだ」という。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

そして山岡と海原雄山は、共に正木夫妻に美味しいものをご馳走することになるが…

おじさん編集長
おじさん編集長

山岡が「美食倶楽部」の人間に慕われていることがわかるシーンが見所。

エピソード料理「鱈の白子」

11巻2話【魚の醍醐味〈後編〉】

山岡の用意した鱈の白子に異論を唱える海原雄山。

フグの白子が用意できなければ次善のものとして、鱈の白子を用意するという安易な発想にダメ出しをする。

海原雄山は予定を変更して本物のフグの白子を用意して食べてもらう。

本物のフグの白子の味に感動する正木夫妻。

鱈の白子も美味しかったが、フグの白子と比べると差は歴然だという。

海原雄山『本物を語るには本物をもってするしかない。』

海原雄山『私は代用品ではない本物を用意した。』

海原雄山『フグの白子の旨さをこれでもって代わりに語ることのできる本物をな。』

料理を運ばせようとする海原雄山。

だが山岡は「もう一度チャンスが欲しい」と正木夫妻に頼み込む。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

「中東でも手に入るフグの白子の代わりになるものを用意する」という。

そして翌日山岡は正木夫妻に再び料理を披露するが…

おじさん編集長
おじさん編集長

してやられた山岡だが、最後に一矢報いる。

エピソード料理「仔羊の脳みその揚げ物」「仔牛の脳みその揚げ物」

11巻3話【香港味勝負〈前編〉】

香港の映画スター・ドラゴン・リーの取材に香港に来た、山岡・栗田・富井。

取材には「全亜新聞」の冬本もいて何かと「東西新聞社」に突っかかってくる。

そして会食の料理にも一つ一つケチを付けて主催者の顔に泥を塗る。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

特に中華料理はデザートのみすぼらしさが最大の欠点と語る。

そんな冬元に山岡が「デザートを作る」と言い出して…

おじさん編集長
おじさん編集長

初登場ながら料理にケチをつける冬本。

美味しんぼ界は、ケチをつけるテンプレキャラクターがいないと話が進まないのでしょうがない。

11巻3話【香港味勝負〈中編〉】

前回からの連続エピソード。

「中華料理はデザートの寂しさが欠点」と語る冬本。

そんな冬元に山岡はスウコウと呼ばれるデザートを披露する。

スウコウはココナツミルクの中に、カジカカエルの脂肪を入れたもの。

そして「スウコウは身体に良いデザート」と山岡は語る。

フランス料理は美味を追求した豪華絢爛な料理が魅力だが、中華料理は医食同源を大事にしており、食事で美味しいものと健康を同時に摂ることを考える。

冬本は会食先の袁社長に謝罪をして場をあとにする。

そして袁社長からは

ヨットクラブの会長をかけて、香港で五指に入る大金持ちの楊と料理対決することになっている」と山岡に相談する。

袁社長は「ヨットクラブの会長になれば東南アジアからの難民を雇うことが出来る」と言い、山岡は袁社長に協力を約束する。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

そして海鮮市場に下見をしに行くが…

おじさん編集長
おじさん編集長

勝負の後にまた勝負。

エピソード料理「スウコウ」

11巻3話【香港味勝負〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

市場で下見をする山岡達。

市場には東南アジアからの難民の子供もいる。

山岡は移民の子供にある頼み事をする。

そして袁社長と楊の対決が始まり…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

冬本が何かを仕掛けてくると思ったが何もなかった。

エピソード料理「ネズミバタの唇と目玉」

11巻4話【お菓子と夢】

ケーキ職人・阪村俊夫の痴話喧嘩に巻き込まれた山岡。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

阪村は銀座の「天使の夢」という超高級洋菓子店で働いており、痴話喧嘩の相手の澄子はその店の社長の娘。

阪村は妹がいるが夫が事故死してしまい、今は妹が一人で娘を育てている。

阪村も姪の保育園に行くことがあり、そこで子供達が食品添加物が多量に入ったお菓子を食べているのを見て愕然とする。

阪村は安全で美味しくて安いケーキを子供達のために作りたくて、超高級の洋菓子が売りの「天使の夢」を辞めたいのだった。

そんな事情を聞いた澄子は…

おじさん編集長
おじさん編集長

商売はセグメンテーションとターゲットが大事。

どちらがスゴイとかエライとかではなく差別化してるだけ。

エピソード料理「ケーキ」

11巻5話【トンカツ慕情】

アメリカ在住の里井新一。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

若い頃に中橋夫妻が作ってくれたトンカツの味が忘れられなくて「東西新聞社」に相談をする。

社会部に働きかけた山岡は、中橋夫妻の居所をすぐに発見する。

そして中橋夫妻と再開した里井。

さっそく昔のトンカツを作ってもらうが…

おじさん編集長
おじさん編集長

美味しんぼ屈指の名エピソード。

エピソード料理「トンカツ」

11巻6話【フォン・ド・ヴォー〈前編〉】

結婚が決まった花村と三谷。

前祝いで会食をする、山岡・栗田・花村・三谷・スケバン田畑。

この店のオーナーシェフの中里と花村は家族ぐるみの付き合いで、披露宴もこの店でやるという。

だがオーナーシェフの息子の靖夫は、ひどく酔っ払って三谷に絡んでくる。

事情を聞くと靖雄は花村に惚れていたが、三谷と結婚すると聞いてひどく心が傷ついたという。

そうとは知らない花村だが、別のトラブルが発生する。

五日後に披露宴を控えているが、シェフの中里が交通事故で一ヶ月入院してしまう。

代わりのシェフを探さないといけなくなり、山岡は靖夫の腕を確かめに行くが…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

靖夫が花村に好意を寄せて結婚したいと作中で説明がある。

だが二人は過去に付き合っていたとはとても思えない描かれ方。

付き合ってもいない女性と結婚を考える靖夫のヤバさが際立つ。

エピソード料理「牛ヒレのステーキ」

11巻6話【フォン・ド・ヴォー〈後編〉】

前回からの連続エピソード。

靖夫の作るフォン・ド・ヴォーがイマイチだと指摘する山岡。

一からフォン・ド・ヴォー作りを始める。

そして披露宴当日…

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

おじさん編集長
おじさん編集長

文化部の女性メンバーからついに結婚第一号。

エピソード料理「牛ヒレのステーキ」

オマケ:富井副部長のKY行動

その5:海とかき氷と富井

海に遊びに来た、山岡・栗田・花村・スケバン田畑・谷村・富井。

かき氷が大好きで学生時代に20杯食べたことがあると豪語する富井。

花村達は『今はお年だから20杯も食べられないでしょう』と挑発する。

これに怒った富井は、かき氷10杯を注文して倒れる。

その影響で3日間の休暇を余儀なくされる。

出典:雁屋哲 花咲アキラ 美味しんぼ 11巻 小学館

11巻1話【真夏の氷】より

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

全体的に恋愛要素が濃い目の11巻。

花村が結婚。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【美味しんぼ】以下の電子書籍サイトならお得に読めますよ。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

漫画【美味しんぼ】を読むなら!

電子書籍がおすすめ!

「いつでも」買える!「すぐ」読める!

「クーポン」「セール」で「お得」にゲット!

「スマホ」で「便利」に持ち運び!

\半額クーポンがお得/
\600円分のポイントゲット/
\ポイント最大50%還元/
\100冊まで40%OFF/

 

 

アニメ【美味しんぼ】を見るなら!

U-NEXTがおすすめ!

31日間の無料体験!

600円分のポイントゲット!

動画見放題!雑誌読み放題!

U-NEXT<ユーネクスト>※商品リンクあり

\31日間無料・かんたん登録/

※31日間の無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

「紹介している作品は、2022年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。」

 

【美味しんぼ】その他の記事

 

コメント