甲斐谷忍 漫画【翠山ポリスギャング】感想 ネタバレ有り

日常
出典:甲斐谷忍 翠山ポリスギャング

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【翠山ポリスギャング】

全2巻 作者:甲斐谷忍

ジャンル:日常 ラブコメ 双子 警察 ヤクザ

『週刊少年ジャンプ』で1994年8号から28号まで連載されていました。

-翠山ポリスギャングの大体-

東京翠山。犯罪のるつぼと呼ばれていて悪人が野放しになっている街。

そんな街の警察署・翠山警察署に配属された気弱でドジな遠山銀之介。

銀之介は、幼いころに死別した兄の金之介がいた。

兄の金之介が亡くなった理由が溺れた銀之介を助けたことによる事故死。

しかし金之介は亡くなっておらずヤクザに育てられた。

金之介は同業のヤクザからも恐れられる「死神の辰」として有名になっていた。

偶然にも銀之介と金之助は翠山で再開。

この二人を中心とした翠山警察署内の事件を描いた刑事物語。

-翠山ポリスギャングの主な登場人物-

遠山 銀之介(とおやま ぎんのすけ)

翠山警察署捜査課に配属された新人刑事。

気弱でドジ。

遠山 金之介(とおやま きんのすけ)/ 凰厦 辰之介(おうか たつのすけ)

6歳の頃に死別したと思われていた銀之介の兄。

別れた後はヤクザに育てられた。

源三

銀之介の配属初日に顔面を殴った恐ろしい男。

別日には3階の窓から地面に落としている。

麻桐 陽子(あさぎり ようこ)

翠山警察署交通課配属。署長の一人娘。

麻桐(あさぎり)

翠山警察署の署長。

凰厦 伝八(おうか でんぱち)

凰厦組の組長。金之介の育ての親。

榊 一葉(さかき かずは)

ギャンブル少女。

狭間(はざま)

翠山警察署捜査課の課長。黒崎に弱みを握られている。

前田 純浩(まえだ すみひろ)

警視庁の監察官。出世に目がない強欲な男。

黒崎 零(くろさき れい)

黒羈会会頭。凰厦組の組長を殺した。

シド

黒崎のペット。薬中で痛覚が鈍い。

胸のドクロマークとズボンのSHIDOのマーク。

中々のファッションセンスの持ち主。

-翠山ポリスギャングの設定・用語-

・死神の辰

伝説のヤクザ。背中に鳳凰の刺青が彫られている。

・白泉組(はくせんぐみ)

死神の辰に潰された組。

・凰厦組(おうかぐみ)

死神の辰の居た組。辰の留守の間に白線組に潰された。

・黒羈会(こっきかい)

黒崎の組。翠山警察署に内通者がいて悪事をもみ消している。

・鳳凰の爪

金之介の右手の異常握力。人間の骨を砕くことが出来る。

・MAGICPIL(まじっくぴる)

新種の麻薬。運動神経を過敏にして感覚神経をマヒさせる。

-翠山ポリスギャングの名シーン・名言-

兄を守るための一言

出典:甲斐谷忍 翠山ポリスギャング

兄を守るための一言パート2

出典:甲斐谷忍 翠山ポリスギャング

急なパワーアップ

出典:甲斐谷忍 翠山ポリスギャング

-おじさん編集長〆の一言-

【ソムリエ】【ONE OUTS(ワンナウツ)】【LIAR GAME(ライアーゲーム)】で有名な甲斐谷先生のデビュー作。

絵に関しては【翠山ポリスギャング】の方が完成度高い気がする。

ストーリーに関しては【翠山ポリスギャング】は設定が少年漫画っぽくない。

それに尽きると思う。

生き別れの双子。警察官の弟とヤクザの兄のドタバタ劇。

と思いきや弟、兄、婦警の三角関係のラブコメ。

ヤクザに弱みを握られている親子の人情物語。

テコ入れか狙ってのストーリーかはわからないけれど、話が色々な方向に散らばっている印象。

おそらく打ち切りが決まってから、銀之介に鳳凰の爪が発動するなど急展開。

甲斐先生の真骨頂は、人間同士のだまし合い・化かし合いの心理戦。

人気至上主義の少年ジャンプでなければ、もう少し違ったストーリーになったかなという印象。

翠山ポリスギャング】が連載された1994年の連載作品は以下。

(1994年 新年 1 号 時点)
ジョジョの奇妙な冒険
S L A M D U N K
D R A G O N B A L L
NINKU -忍空-
B O Y ボーイ
幽☆遊☆白書
ろくでなし B L U E S
新ジャングルの王者ターちゃん
超弩級戦士ジャスティス
こちら葛飾区亀有公園前派出所
D N A 2
ダイの大冒険
地獄先生ぬ~べ~
ミリンダファイト
ボンボン坂高校演劇部
とっても ! ラッキーマン
ペナントレースやまだたいち の 奇蹟
こもれ陽の下で…
アウターゾーン

レジェンドすぎるでぇ・・・

オールスターやん・・・

いや代表クラスやん・・・

数作品を除いて今でも語れる作品だらけやでぇ。

少年ジャンプ。超黄金期に連載された【翠山ポリスギャング

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました