漫画【マズ飯エルフと遊牧暮らし】感想

料理
出典:大間九郎 ワタナベタカシ マズ飯エルフと遊牧暮らし 4巻表紙

こんにちは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【マズ飯エルフと遊牧暮らし】

既刊5巻 原作:大間九郎 漫画:ワタナベタカシ

ジャンル:料理 異世界 ファンタジー

『少年マンガエッジ』で2017年8月号から連載中です。

-マズ飯エルフと遊牧暮らしの大体-

スズキサブローはある日突然異世界に飛ばされる。

その世界はエルフ等がいるファンタジー世界。

そこで彼はエルフの手料理を頂くが想像を超えて不味い料理だった。

これ以上この料理を食べ続けたら死んでしまう・・・

そこでサブローは自分が料理を作ると志願したのであった。

料理がまずかったら裁きとして首がちょんと飛ぶ・・・

異世界でサブローの料理が通じるのか?

出典:大間九郎 ワタナベタカシ マズ飯エルフと遊牧暮らし 1巻

-おじさん編集長〆の一言-

異世界物という今や定番ともいえる設定。

一味違うのがマズ飯世界に料理上手の人間が迷い込むという設定。

料理だけに一味違う・・・

ププッ。

数々の問題を上手い飯で解決する美味しんぼ系。

おいしいものを食べているときの表情は全世界共通。

自分の手で時間をかけてつくるおいしさは格別だと思う。

サブローは元の世界に帰れるのか?この世界で料理を作り続けていくのか?

これからが楽しみな漫画です。

ぜひご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました