雨がっぱ少女群【麻衣の虫ぐらし】4つの魅力を語る

日常
出典:雨がっぱ少女群 麻衣の虫ぐらし 1巻 竹書房

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

今回の記事は【麻衣の虫ぐらし】4つの魅力です。

記事の最後には「お気に入りの漫画が無料で読める」無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

【麻衣の虫ぐらし】ってどんな漫画?

麻衣と菜々のほんわか農場ライフ。

からの菜々のおじいちゃんを交えたヒューマンストーリー。

からの菜々と麻衣の百合ストーリー。

そして番外編では急なファンタジー展開。

こんな人に読んでほしい

・虫が好きな人

・農業に興味のある人

・百合(GLの方)が好きな人

作品情報

作品名麻衣の虫ぐらし
作者雨がっぱ少女群
巻数全2巻・特別編1巻・未収録作品1巻
ジャンル日常・ラブコメ・恋愛・ファンタジー
出版社竹書房
1巻発売日2017年10月27日
アニメ
ドラマ
映画

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

【麻衣の虫ぐらし】の4つの魅力

麻衣と菜々のほんわか農場ライフ

入社1年目でリストラされた麻衣。

菜々の農場で手伝いをして野菜をもらいながら生きながらえている。

そんな菜々のことを天使と表現する麻衣。

感謝された菜々は麻衣に対して異常にてれる。

序盤は虫の解説がありコメディ要素強し。

来夏や小倉が登場してからは三角関係になるのかと思いきや、そんなことはなかった。

出典:雨がっぱ少女群 麻衣の虫ぐらし 1巻 竹書房

菜々のおじいちゃんを交えたヒューマンストーリー

菜々の農場はおじいちゃんから継いだものだった。

おじいちゃんは余命1~2ヶ月。

自宅で最期を迎えるために戻ってくる。

このおじいちゃんのキャラが非常に魅力的。

菜々や麻衣への気づかいと亡き妻との思い出。

そして徐々に体調が悪くなるおじいちゃん。

最期の最期まで菜々のことを気にして亡くなっていく。

出典:雨がっぱ少女群 麻衣の虫ぐらし 1巻 竹書房

菜々と麻衣の百合ストーリー

おじいちゃんが亡くなって気落ちする菜々。

一人で気持ちを整理する期間が必要だと思って距離をおく麻衣。

2週間後。

農場に様子を見に行く麻衣。

菜々の姿はなく農場が荒れていた。

おじいちゃんの部屋も葬式の日のまま。

嫌な予感がした麻衣は菜々を探しに行く。

菜々はかつておじいちゃんと登った山に来ていた。

おじいちゃんが入院した日のこと、畑を一人で任されてミスをしたこと、麻衣に初めて会った日のこと。

菜々が心から大好きなものは麻衣だった。

番外編の急なファンタジー展開

番外編は来夏と美津羽の話。

本編でもそこそこ謎のキャラだった美津羽に焦点を当てる。

明かされる美津羽の過去と来夏の関係。

本編で前フリはあったけどまさかのファンタジー展開にはびっくりした。

来夏も美津羽もずっと一緒。

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

絵が綺麗でサービスシーンもあり。だけどギャグセンスもあり笑える。

そしてシリアスなストーリーも描けるハイレベルな漫画。

雨がっぱ少女群先生の作品は【ひとりかごめ】を先に読んだので、ジャンルの違いにえらいビックリした。

それではまた明日。

【麻衣の虫ぐらし】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【麻衣の虫ぐらし】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました