岸大武郎 漫画【恐竜大紀行】感想

歴史
出典:岸大武郎 恐竜大紀行 12話表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【恐竜大紀行】カラー版

全1巻 作者:岸大武郎

ジャンル:歴史 恐竜 オムニバス 家族 弱肉強食

『週刊少年ジャンプ』で1988年51号から1989年12号まで連載されていました。

-恐竜大紀行の大体-

1話につき1種類の恐竜にスポットライトを当てる。

観察者が恐竜に名前を付け生涯を見届ける。

ストーリー性を持たせるために恐竜自体が喋る。

親子や家族をテーマに、自然の厳しさ、弱肉強食が根底にあるストーリー。

以下の恐竜をメインにストーリーが展開する。

ティラノサウルス。プテラノドン。アバトサウルス。

イクチオサウルス。ステゴサウルス。パキケファロサウルス。

ディメトロドン。アンキロサウルス。アルケロン。

アンモナイト。トリケラトプス。

出典:岸大武郎 恐竜大紀行 1話

-おじさん編集長〆の一言-

丁寧に描かれた背景や恐竜の行動。

ストーリー主体の為、キャラ付けされる恐竜たち。

一見ミスマッチだが、当時の恐竜たちの暮らしが分かりやすくなっています。

連載当時の学説を基に恐竜の外見や生態がデザインされている為、現代の学説と比較すると違和感があるかもしれないです。

個人的には恐竜の学説に正解はないと思っているので、当時熱心に読んだこの時代の恐竜が自分にとってはリアルです。

恐竜が好きな方にオススメです。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました