オカヤイヅミ【いのまま】ノスタルジィ感がよみがえる料理漫画

料理
出典:オカヤイヅミ いのまま 芳文社

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

今回の記事はオカヤイヅミ【いのまま】ノスタルジィ感がよみがえる料理漫画です。

ネタバレは嫌だ!

先に試し読みをしてみたい!

↓「そんな方へ」↓

無料の試し読みはコチラ(ebookjapan(イーブックジャパン)公式サイトへ)

【いのまま】ってどんな漫画?

一人暮らしの部屋で漫画やイラストを描いて生活している、オカヤイヅミ先生の食生活を描く日常エッセイ的な漫画。

料理がメインというよりも、それを通じたちょっとした日常や人間関係が読んでいて心地よい。

こんな人に読んで欲しい

ゆるい大人の自覚がある人
自炊が好きな人
ノスタルジィ感を味わいたい人

作品情報

作品名いのまま
作者オカヤイヅミ
巻数全1巻
ジャンル料理・日常
出版社芳文社
発売日2018年1月25日
アニメ
ドラマ
映画

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

【いのまま】共感したエピソード

オカヤイヅミ先生の想いと共感したエピソードをまとめてみた。

出典:オカヤイヅミ いのまま 芳文社

Vol.1【あんかけ焼きそば】

小学生時代の友人との出来事に共感を覚えたエピソード。

K子ちゃんは一人で袋ラーメンを作れてそれを食す。

ラーメンを通じて、子供ながらに住んでいる世界を違うことを感じ、だんだん交流が無くなってく感がリアル。

そして大人になってふと思い出す感覚。

おじさん編集長
おじさん編集長

小学生時代の友達は今何をしているんだろう。何になっているんだろう。

Vol.10【とうもろこし奴】

子供の頃 世界は広くて 狭かった

おじさん編集長
おじさん編集長

めちゃくちゃよくわかる。

小学生の頃は行動範囲が狭く、知らないところに行くと帰れなくなる恐怖があり、遊ぶ場所はいつも決まっていた。

このエピソードでは、オカヤ先生がバイオリンのレッスン場にバスで向かうのだが、降りるバス停を乗り過ごしてしまい泣いてしまう。

そしてその日の食事のとうもろこし奴に文句をいう。

冷や奴にはねぎとおかかとしょうゆ。知っている味がいいという。

「わからないもの」を楽しむには 身体は小さすぎて できることは少なすぎた

それから30年。

無軌道な散歩も楽しくなった 欲しいものは自分で買えるし 乗ったことのないバスにも乗れる

かつての自分のような、楽器を背負った少女見てこう思う

少女よ 大人はいいぞ でも 大人には自分にできないことも よくわかる

自宅でビールととうもろこし奴を楽しむオカヤ先生。

おじさん編集長
おじさん編集長

ノスタルジィ感が非常に良く出来てるエピソード。

子供と大人の対比が短いページでよく描かれている。

Vol.12【高菜チーズトースト】

「米の飯」は きちんと座って あい対さねばならない 「食事」であるというルールが どこかに染み付いているが パンは「おやつ」としても「食事」としても有効な 気軽さと腹持ちを兼ね備えた 一緒にさぼってくれる いいやつだ

出典:オカヤイヅミ いのまま 芳文社

おじさん編集長
おじさん編集長

個人的にパンは朝食・昼食・おやつのカテゴリーで夕食にするにはパンチが弱い気がする。

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

各エピソードが8ページと読みやいけれど、8ページの中にノスタルジィが詰まっていて心地よい読後感がある。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

漫画【いのまま】を読むなら!

\無料の本やキャンペーンでお得な本もある/

ebookjapan(イーブックジャパン)で【いのまま】を読む

漫画を読むなら 【ebookjapan(イーブックジャパン)】オススメな理由7選

無料で漫画を読むには!

漫画好きに是非オススメしたい!無料漫画サイトとアプリです。

【無料で漫画が読める!】おすすめサイトとアプリまとめ

コメント