新海誠監督デビュー作 漫画版【ほしのこえ】感想

恋愛
出典:新海誠 佐原ミズ ほしのこえ 表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【ほしのこえ】

全1巻 原作:新海誠 漫画:佐原ミズ

ジャンル:恋愛 SF 遠距離 メール

『月刊アフタヌーン』で2004年4月号から2005年2月号まで連載されていました。

【君の名は。】【天気の子】の新海誠監督の初の劇場公開作品の漫画版です。

-ほしのこえの大体-

宇宙に飛び立った少女と地球で生活している少年の太陽系遠距離恋愛のお話。

少年少女のピュアな恋愛感情と少しづつ大人になっていく少年の姿が描かれる。

-ほしのこえの主な登場人物-

長峰 美加子(ながみね みかこ)

主人公。中学3年生。国連宇宙軍のタルシアン調査隊の選抜メンバーに選ばれる。

トレーサーのパイロットとしてタルシアンと戦うことに。

寺尾 昇(てらお のぼる)

中学3年生。宇宙に旅立ったミカコとメールのやり取りをしている。

ミカコの帰還をずっと待っているつもりだったけれど・・・

-ほしのこえの設定&用語-

タルシアン・・・地球外知的生命体。火星に遺跡を残した。冥王星付近で人類に攻撃を仕掛けてきた。

トレーサー・・・巨大ロボット兵器。いわゆるガンダム的存在。

リテシア・・・巨大宇宙戦艦。いわゆるマクロス的存在。

出典:新海誠 佐原ミズ ほしのこえ

-おじさん編集長〆の一言-

ガンダム的な要素を含みながらも、物語の中心はあくまでも少年少女の恋愛。

お互いの近況をメールでやり取りをしているが、地球からの距離から離れれば離れるほどメールの送信時間が長くなる。

距離と時間は人の心を変化させるのには充分だということを実感させられる。

宇宙に飛び立ったミカコは、忘れられてしまう恐怖を抱えながらも、ノボルに対してずっとずっと同じ気持ちのまま。

地球で暮らしているノボルは、どんどん返信が遅くなるメールに対して、少しづつミカコへの気持ちを抑えこんでいく。

最期にミカコからノボルへ送ったメールは涙なしでは読めない。

そしてノボルが下した決断にさらに涙があふれてくる。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました