panpanya【動物たち】評価と感想

ギャグ・コメディ
出典:panpanya 動物たち 白泉社

楽しい漫画ライフを過ごしていますか?

こんばんは。

紙媒体・電子書籍の漫画を5300冊以上購入してきた♡おじさん編集長(@igmonostone)です。

今回の記事は【動物たち】評価と感想です。

記事の最後には「お気に入りの漫画が無料で読める」無料漫画アプリの紹介もあるので最後までお楽しみください。(目次から一気にジャンプも可能)

【動物たち】ってどんな漫画?

『動物』をテーマに『日常』『非日常』を描いた作品。

そこ気にするか?っていう疑問の目の付け所が独特。

キャラデザも世界観も絵も全部が個性的。

紹介記事でこういう書き方は失格だと思うけれど、読まないと中々世界観が堪能できない作品。

とりあえず読んでみて。

こんな人に読んでほしい

・日常のちょっとした疑問が気になる人

・とにかく独特の雰囲気を楽しみたい人

・目が点のキャラデザが好きな人

作品情報

作品名動物たち
作者panpanya
巻数全1巻
ジャンルギャグ・コメディ 日常 動物 不思議系
出版社白泉社
発売日2018年2月1日
アニメ
ドラマ
映画

※以下ネタバレが有るのでご注意下さい。

出典:panpanya 動物たち 白泉社

【動物たち】の不思議な3つの魅力

魅力その1・・・独特な疑問点

独特な疑問点1・・・ろくなことがないって何?

出典:panpanya 動物たち 白泉社

「ろくなこと」。良いこと。ためになること。有益なこと。

これらが起きないということ。

分かる。

「ついてない日の過ごし方」より

独特な疑問点2・・・フリスビーってどこに売ってるんだろうか

出典:panpanya 動物たち 白泉社

確かに。人生で何回かフリスビーで遊んだことがあるが、フリスビーを買った記憶がない。

「ついてない日の過ごし方」より

独特な疑問点3・・・訳あり、訳なし

出典:panpanya 動物たち 白泉社

訳あり商品というものが一時流行っていた。

食品でいうとパッケージにミスプリントがあったり、形が崩れたりと。

味は変わらないのにこれだけで安く買える。

じゃあ訳なし商品とは?

何も劣るところのない完璧な商品ということになる。

作中だと「あるはずの訳がない」。

つまり「訳がわからない」ということ。

???

この考え方こそ「訳がわからない」

こんな考え方があるのかとハッとした。

「引っ越し先さがし」より

魅力その2・・・絵だけで笑える

絵だけで笑える1

出典:panpanya 動物たち 白泉社

アッ、アーッって言ってるけど表情からはピンチさが伝わってこない。

このシーンだけ見ると何のシーンかが全くわからないのも魅力。

「猯」より

絵だけで笑える2

出典:panpanya 動物たち 白泉社

【機動戦士ガンダム 第08MS小隊】のオープニングを思い出した。

「猯」より

絵だけで笑える3

出典:panpanya 動物たち 白泉社

怪我して倒れている所を助けられた狢。

恩返しは食べ物を持ってくるものと教えらてた狢が持ってきた鯉。

出典:panpanya 動物たち 白泉社

家の前に置かれて困る女性と喜んでくれるか様子を伺う狢。

狢が可愛すぎる。

「狢」より

絵だけで笑える4

出典:panpanya 動物たち 白泉社

コンビニでからあげ棒を買って散歩するのが密かな楽しみな女性。

知人のおじさん?がニジマスを釣っていて、分けてもらうも袋がなく、からあげ棒の棒に刺されるニジマス。

「手段」より

魅力その3・・・何気ないほっこりする日常の描き方

近所のごはん屋にて

出典:panpanya 動物たち 白泉社

出典:panpanya 動物たち 白泉社

自宅の周辺の食べ物屋。

風景の一部になっていて、入ったことがなかった。

引っ越しの準備の合間に立ち寄った店主との会話。

もう貯まることのないポイントカード。

ポイントカードとしてではなく、町の思い出の記念品っていう扱いがいい。

「引っ越しの日」より

喜ばしくないもの=嬉しくないものではない。

出典:panpanya 動物たち 白泉社

読んでハッとした。

頂き物とかがそうだろうか?物自体は欲しい物ではなかったけど、気持ちが嬉しいというか。

「狢」より

おじさん編集長〆の一言

おじさん編集長
おじさん編集長

『日常』『非日常』の描き方がとても良い。

絵も基本的に主役のキャラクターは同デザイン。

動物は目が点。

モブキャラはガスマスク顔。

キャラより背景の書き込みのほうがスゴイ。

コマの線も微妙に歪んでてそれも独特の雰囲気作りになってる。

話と話の合間に作者の日記がある。

テーマの選び方や文章がうまく引き込まれる。

ページの最後に作中内に出てきた物や動物の辞書もあり、全ページで楽しませようとする作者の創作愛を感じる。

それではまた明日。

【動物たち】を読むなら!【ebookjapan(イーブックジャパン)】

【動物たち】をすぐに読む場合は【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

無料の本キャンペーンでお得な本もありオススメの電子書店です。

アマゾン・楽天・ヤフーショッピングでの購入はコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました