桂正和 漫画【D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜】感想 ネタバレ有り

SF
出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜 1巻

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜】

全5巻 作者:桂正和

ジャンル:SF ラブコメ バトル タイムトラベル 尻 スーパサイヤ人ロゼ

『週刊少年ジャンプ』で1993年36・37号から1994年29号まで連載されていました。

-D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜の大体-

女の子が63年後の未来から過去へタイムスリップしてきたSFストーリー。

高校生の恋愛・ラブコメストーリー。

バトル・アクションストーリー。

サイキックパワー。スーパーサイヤ人ロゼに変身。悪魔&天使登場。

再び恋愛・ラブコメストーリー。

最後はバトル・シリアス・恋愛で終了。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

-D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜の主な登場人物-

桃生 純太(ももなり じゅんた)

主人公。女性の裸にアレルギーがあり嘔吐してしまう体質の持ち主。

63年後の未来では、100人の女性に1人づつ子供を残したメガプレイボーイ遺伝子の持ち主。

スーパサイヤ人ロゼに変身できる。

葵 かりん(あおい かりん)

未来から来たDNAオペレーター。

可愛いペット付きのスイートスイートホームと素敵なダンナ様に憧れる。

間接的に純太のメガプレイボーイ遺伝子の覚醒を早めるきっかけを作ってしまう。

周りの評価は仕事ができないダメ人間と言われているが、体術に関してはかなりの実力。

作中でもヤンキーをぶちのめした。

メガプレ純太にめっぽう弱い。

佐伯 倫子(さえき ともこ)

恋人の竜二に約束をすっぽかされたため純太を部屋に誘う。

最初はからかってバカにするつもりだったが、覚醒しつつあるメガプレ純太に惚れてしまう。

栗本 亜美(くりもと あみ)

純太の幼馴染。メガプレ純太が大嫌い。

高梨 ことみ(たかなし ことみ)

亜美の親友。極度の緊張状態で放屁してしまう体質。新体操部所属。

メガプレ純太に惚れる。

ちなみにおじさん編集長は作中で一番彼女がタイプである。

菅下 竜二(すがした りゅうじ)

倫子の恋人。イケメン。金持ち。女たらし。

かりんによる暴発がきっかけでサイキック能力に目覚める。

他人に変身したりDNAをコピーできるサイキックソルジャー。

悪魔&天使になっちゃう。

ちなみにおじさん編集長はメガプレ純太よりこっちの能力が欲しい。

染屋 垣麿(そめや かきまろ)

純太の友達。バトル路線にならなければ出番はあっただろう・・・

市川 一期(いちかわ いちご)

純太の友達。バトル路線にならなければ出番はあっただろう・・・

田中兄弟(たなかきょうだい)

修羅の国の格好をした3人組。通称血祭りブラザーズ。

本当はもう一人いるようだが刑務所に入っている為出番はなかった。

岩崎 魔子(いわさき まこ)

ことみちゃんに嫌がらせ行為をするけしからん娘。

岩崎 魔人(いわさき まこと)

魔子の兄。テレパシーや念力を使うサイキッカー。

横森(よこもり)

かりんの上司。修羅の国に居そうなヘアスタイル。いい人。モリーズの一人。

森(もり)

ラスボス。純太の子孫達を思い通りにして自分の住みやすい世界を作ろうとした。モリーズの一人。

川崎 るらら(かわさき るらら)

純太の最後の子供。

実の父の純太と子供をつくりに過去に来た。

オイオイ・・・

桃生 ジュン(ももなり ジュン)

純太の子供。メガプレ純太じゃない純太の遺志を継いだ唯一の子供。

サイキック能力はすさまじく、純太のほかの子供たちが束になっても敵わないほどらしい。

兄弟唯一の予知能力を持っている。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

-D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜の設定・用語-

・タイムマシン

かりんが63年後の未来から乗ってきた。

D・N・A²では過去を変えると未来が変わるドラえもんタイプの世界。

・DNAオペレーター

かりんの職業。DNAを操作する陰の仕事。

・D・C・M

DNAコントロール薬。薬を硬化させたタマ。かりんの場合は銃で撃ちこむ。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

・人口過密問題

63年後は子供を二人以上作ったら死刑。

・メガプレイボーイ

100人の女性に1人づつ子供を残したドスケベ男。

・声を変えるマシーン

かりんが未来から持ってきた道具。純太の声を勝手に使用した。

・「おはる」さん

かりんが持っているコンピュータの名前。会話ができる。

・DNA1

女性アレルギーの純太の方。

・DNA2

メガプレイボーイの純太の方。

・キラキラ純太

サイキックソルジャーではない方のメガプレ純太。ケンカに滅法弱い。

・メガプレ純太

サイキックソルジャーの方のメガプレ純太。スーパーサイヤ人ロゼ状態の方。

・デビル純太

るららと子作りをさせるために覚醒された純太。

・キラキラボンバー

大多数の女の子をメロメロにさせる無敵のまなざし。

・テレポーテーション

瞬間移動。メガプレ純太のサイキック能力。

・テレキネシス

衝撃波。メガプレ純太のサイキック能力。

・物質移動

他人を瞬間移動させることが出来る。メガプレ純太のサイキック能力。

・サイコキャンセル

物理攻撃以外を弾くことができる。Iフィールドの様な能力。

・スーパーソニックアタック

瞬間移動を応用した攻撃技。

・マサオ君の腕

熊を一撃で沈める腕。竜二のサイキック能力。

・山田君の体

脂肪の塊。攻撃を受け付けない。レッドリボン軍のブヨン状態。竜二のサイキック能力。

・ヨシ坊の手刀

ナイフさばきの達人の腕。ナイフのように切り裂くことが出来る。竜二のサイキック能力。

・サイコジャケット

究極のサイキックウェポン。トップクラスのサイキックソルジャーにしか使えない。竜二のサイキック能力。

-D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜の名シーン-

・銃を突きつけながらキラキラ純太に付き合ってくださいと言うかりん

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

・試着室で純太に迫る倫子のシーン。

・倫子が亜美に宣戦布告をするシーン。

・竜二が変身するシーン。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

・竜二の館でメガプレに変身したシーン。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

・ことみが純太をビンタするシーン。

・意識の境界線を越えてデビル純太を殴る純太のシーン。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

-D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜の名言集-

倫子『裸・・・見たでしょ。』

キラキラ純太『心を裸にした今のキミは・・・とても素敵だよ』

メガプレ純太『シャープに決めるゼ』

純太『勝ってみせるぜ。メガプレイボーイのDNAに!』

竜二『倫子・・・おまえはこんなにモテる男を独り占めできるんだよ。その幸福に早く気づくべきだ。』

デビル純太『オレのおかげで女にモテて人よりも強くなることを体験できたんだ。想い残すこともねぇだろ!』

-おじさん編集長〆の一言- 

おじさん編集長の大好きな漫画の一つ。

全5巻と短い巻数ながら上手くまとまっています。

途中のバトル路線も良かったが、作者が本来描いていた人間ドラマバージョンも見てみたい。

個人的に大好きなシーンがラスト。

作中でメガプレ遺伝子を覚醒させないために奮闘してきた純太。

メガプレ遺伝子を抑えこんだ純太は かりんとデートしているのだが、

最後の告白で亜美のことも好きだけど、かりんのことも好き、というメガプレ純太も真っ青なナチュラルプレイボーイっぷりを発揮する。

さらにメガプレ遺伝子も最後の最後で解放され、かりんを未来に帰さないようにするのだけど・・・

あれだけメガプレ純太に弱かったかりんが涙を流しながら銃を構えるシーン。

名シーンっすね。

何度見ても泣ける。

第一話のシーンと対になっているのも良い。

出典:桂正和 D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜

1994年にはアニメ化されています。

ぜひご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました