漫画【アルキメデスの大戦】感想

歴史
出典:三田紀房 アルキメデスの大戦 16巻表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【アルキメデスの大戦】

既刊17巻 作者:三田紀房

ジャンル:歴史 数学 大和 戦艦 航空機 戦争

『週刊ヤングマガジン』で2015年52号から連載中です。

-アルキメデスの大戦の大体-

戦艦を不要とし空母と航空兵力の充実を訴える山本五十六。

帝国海軍を象徴する純国産最新型大型戦艦の建造を目指す平山忠道。

お互いの主張は平行線を辿るが建造費をめぐって議論が一変する。

山本の戦艦に比べ平山の戦艦は建造費が半分。

平山の虚偽不正行為を暴くために、数学の天才・櫂 直(かい ただし)を海軍に招聘する。

果たして櫂 直は平山の不正を暴くことができるのか?

出典:三田紀房 アルキメデスの大戦 1巻

-おじさん編集長〆の一言-

戦艦の不正建造費を暴く数学者という発想が独創的で面白い。

戦艦だけではなく航空機も図面から作成したり、軍内の人間関係の立ち回りもうまい。

海軍内の島耕作である。

歴史書としての一面もあり、第二次世界大戦前の各国の様子が描かれる。

徐々に開戦に向かっているがどのような決着を迎えるのか?

目が離せない作品です。

2019年7月26日。菅田将暉さん主演で映画も公開されます。

ぜひご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました