漫画【All You Need Is Kill(オール ユー ニード イズ キル)】感想

SF
出典:桜坂洋 竹内良輔 安倍吉俊 小畑健 All You Need Is Kill 2巻

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【All You Need Is Kill(オール ユー ニード イズ キル)】

全2巻 原作:桜坂洋 構成:竹内良輔 キャラクター原案:安倍吉俊 漫画:小畑健

ジャンル:SF バトル・アクション ループ系

2014年6・7合併号 から 26号までヤングジャンプで連載されていました。

-All You Need Is Kill(オール ユー ニード イズ キル)の大体-

人類は今かつてない戦争をしている。

敵は同じ人類ではない。「ギタイ」と呼ばれる化物だ。

キリヤケイジは統合防衛軍の初年兵。

初陣の戦場の中、戦死する。

しかし戦死したケイジが目覚めたのは前日の朝だった・・・

あれ?ゴールドエクスペリエンスレクイエムくらったディアボロやん。

ゴールドエクスペリエンスレクイエム状態のケイジはそれを逆手に、

生き残るための最適解を求め続ける。

ディアボロとは違ってまだ希望がありそうなのが救い。

果たしてケイジはループから逃れられるのか。

ギタイとの戦争で生き残れるのか。

出典:桜坂洋 竹内良輔 安倍吉俊 小畑健 All You Need Is Kill 1巻

-All You Need Is Kill(オール ユー ニード イズ キル)の主な登場人物-

キリヤ・ケイジ

主人公。最初の戦闘でとあることをきっかけにループすることになる。

ループの回数を左手の甲に記入。

繰り返しループすることで古強者の戦士へ成長していく。

『ジャパンのレストランのグリーン・ティーはたしかに無料だ』

リタ・ヴラタスキ

戦場の牝犬(せんじょうのビッチ)。

ゲッタートマホーク。バトルアクスを愛用。

シャア的な赤い機動ジャケットを装着。

ケイジより前にループしておりループの法則を知っている。

『おまえ今・・・何週目なんだ・・・?』

シャスタ・レイル

リタの専属整備兵。メガネっ子。小柄。三つ編み。

ケイジにバスタートマホーク。バトルアクスを作ってあげた。

バルトロメ・フェレウ

軍曹。筋肉おじさん。ケイジに戦闘技術や心構えを教える。

ヨナバル・ジン

ケイジの先輩。ループの始まりに話しかけてくる人。

レイチェル・キサラギ

食堂で働いている色気のあるお姉さん。

『今夜なら空いてるわ』

うぉぉぉぉぉぉぉ!!!こんなセリフ言われてー。

アーサー・ヘンドリクス

リタの上官。

リタのループの際、一度も死亡しなかったがループを抜け出す最後の戦場で死亡。

リタのループのマイルールをつくったきっかけとなった人。

-おじさん編集長〆の一言-

地球人対化物。ループもの。戦時中のロミオとジュリエット。

設定自体はとてもベタだが、組み合わせ方が上手く、小畑健先生の丁寧な作画とあいまってグイグイ引き込まれていきます。

全2巻という短めの展開ながら面白さが凝縮しており、読んだ後は何とも言えない、悲しみのような感情になります。

特に最終話付近の展開は必見です。

2014年にはハリウッド映画化されています。

ぜひご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました