漫画【あらかると】感想 ネタバレ有り

料理
出典:武村勇治 大石けんいち あらかると 5巻表紙

こんばんは。おじさん編集長です。

今日ご紹介する漫画は【あらかると】 

全5巻 作画:武村勇治 原作:大石けんいち

ジャンル:料理 親子 ハンバーグ オムレツ

『少年サンデー超』で1997年6月号から1999年1月号まで連載されていました。

-あらかるとの大体-

料理人になるという夢をもった少年、友光新太呂。

日本初の洋食レストランえびす亭。

えびす亭の隣に住む新太呂は、物心ついた時から伝統あるレストランの料理を見つけてきた。

えびす亭の百年目にして襲う崩壊の危機を救うことになる。

何やら壮大なあらすじだが、端的に言うと人間関係の様々なトラブルをうまい飯を食わせて解決するという美味しんぼスタイル。

-あらかるとの主な登場人物-

友光 新太呂(ともみつ しんたろ)

主人公。料理人になるのが夢。背が小さい。

えびす亭の先代料理長、治郎吉じいさんの料理メニューのメモ『あらかると』で伝統の味を再現できる。

治郎吉(じろきち)

えびす亭の先代料理長。作品内ではすでにお亡くなりになっており、新太呂等の回想シーンで登場。

優しそうなおじいちゃん。

ペコ(ぺこ)

犬。特に活躍せず。

友光 英雄(ともみつ ひでお)

新太呂の父。弁護士。新太呂を弁護士にさせたい。

友光母(ともみつはは)

少年サンデーの名作【俺たちのフィールド】のキャラ、和也の母にそっくりな外見。

新太呂と父のパイプ役。

近史(ちかし)

新太呂の友達。えびす亭の跡取り・・・本人の夢はF1レーサー。

公次(こうじ)

えびす亭の料理人。見せ場があまりない。

新太呂の料理を食べて『ぐ・・・』『ぐぅ・・・』『う・・・うまい!!』って言う人。

マスター(ますたー)

近史の父。えびす亭の現料理長。

あまり料理が得意ではないらしい。!?

水穂(みずほ)

新太呂の友達。ヒロイン。サッカー部。

新太呂 が料理人を目指すきっかけの一人。

小倉さん(おぐらさん)

レジ係。多分2コマくらいしか出てない。

新庄さん(しんじょうさん)

ウェイター。多分1コマくらいしか出てない。

千枝(ちえ)

ウエイトレス。

鷹(たか)

意地悪な先輩。

口や態度は悪いが料理の実力はあり陰で主人公を支える・・・といったことはなく、あまり見せ場が無いのでマジで嫌な奴っぽく描かれる。

広(ひろし)

少年ジャンプのサッカー漫画、ホイッスルに出てくる野呂に似てる。

キャベツの千切りの人。包丁くれた。

森井さん(もりいさん)

チーフ。パープルヘイズのフーゴ並みに退場した人。

フーゴと違い見せ場すら・・・

利子(としこ)

えびす亭のおかみさん。マスターの妻。近史の母。んめちゃめちゃ陰険。

良いところが描かれず。

小早川 條(こばやかわ じょう)

ライバル。イケメン。新太呂にデレる。水穂に惚れる。

出典:武村勇治 大石けんいち あらかると 3巻

-おじさん編集長〆の一言-

以上の登場キャラクターをメインにストーリーが展開される。

ストーリー内の料理は再現性が高く美味そう。

全5巻という読みやすい巻数ながら、抑えるべきポイントは抑えている本作。

特に父との関係性はぐっとくるものがあります。

最終回からおそらく五年後?

家族のショットは感動のシーンでした。

隠れた名作。【あらかると】

機会がありましたら是非ご一読ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました